iPodに入れて楽しんでいたビルボードNo.1ソングでしたが、2008年にiPhoneを購入し、今までのiPodよりも容量が大きいので新しく入れ直しました。せっかくだからと自分用のリストを作ろうと思い立ったのがこのページです。

 私がチャートをリアルタイムで聞いていたのは1983年暮れ。イエスの“ロンリー・ハート”が上位にねらいを付けている頃でした。その頃聴いていたのは湯川れい子さんがDJを務める「アメリカントップ40」でしたが、まだその番組を知らず、FM東京でオンエアされていたキャッシュボックス誌のチャートでした。確かDJは声優の野沢那智さんでした。

 そして本格的にチャートを聴くようになったのは“ロンリー・ハート”になった頃。その後、私が洋楽にのめり込むきっかけを作った出来事が英国で始まったのです。ボブ・ゲルドフが提唱した「バンド・エイド」このイベントのおかげで、芋蔓式に(そして今もそのスタイルであれやこれやと手を出してしまう癖が付いてしまった)アーティストからアーティストへと繋がっていったのです。 

 たかがヒットチャートですが、その時その時に流行っていた曲を聴けば時代が見えてくる。個人的には当時の自分も見えてきます。こう書くとオーバーなと笑われるかもしれませんが、特定のアーティストのアルバムを丸々聴いているときと違って、前後のヒット曲が絡んできこえ、ヒットチャートのドラマが生まれてくるのです。これが、何の脈絡もない順番で並んだ「ビルボードナンバーワンソングリレー」の醍醐味でもあるのです。そして、この並び順に大きな意味が見えてくるのです。たとえばナンバーワンばかりを集めた曲集でも、トップに立った順番ではなく、バラバラに並べられていると、その楽しみが半減してしまいます。リレーだからこそ意味があるのです。。

この曲の次に1位になったのがこの曲で、それを抜いたのがこの曲、というようにリレーで聴くからこそ意味があるのです。

 たとえば1973年にはポール・マッカートニーの「マイ・ラヴ」の後を次いだのは、同じビートルのジョージ・ハリスンが放った「ギヴ・ミー・ラヴ」だったり、1986年のジェネシスの「インビジブル・タッチ」を抜いたのがピーター・ガブリエルの「スレッジ・ハンマー」だったり。これって意図的に組まれた順番ではなく、時代が創り上げたドラマです。たまたまそういうヒットが重なっただけなのに、あまりにも皮肉な順番ではないでしょうか。 他にもまだドラマは隠されて入るんでしょうけど、コレからも何度も何度も繰り返しながらおもしろい発見をするのだろうなぁと、ワクワクしながら現在、過去、そして未来のビルボードを楽しみにしているのです。


 さて、このページは2000年の全米ナンバーワンソング18曲を紹介します。

 なお、ビルボードのネット上でのランキング発表は、1週間前の木曜日に発表されます。たとえば2018年2月3日付のチャートであれば1月30日に発表されることになります。(最新のチャートはこちら

Billboard.com|2018/02/03更新|

Peak ナンバーワンの期間 ♪ひとつが1週間、5週目毎にです。
Song 曲目 / アーティスト
Writter 作詞・作曲 etc.
Action Top10圏内の動き(Top10圏内初登場の日付)
Weeks Hot100内の総週(初登場と最週位のランクと日付)
Top100 年間チャートの順位



Peak 1999/10/23-2000/01/08 ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
Song Smooth / Santana featuring Rob Thomas
Writter Rob Thomas
Action 8(1999/09/04)、6、7、7、3、2、3、1、1、1、1、1、1、1、1、1、1、1、1、
2、3、3、3、5、5、9(2000/02/26)、
10(2000/03/11)、10、10、8(2000/04/01)
Weeks 58(No.78; 1999/07/31-No.48; 2000/09/02)
Top100 No.19 1999 / No.2 2000
 2000年を前に、ことごとくチャートの記録を塗り替えてしまったサンタナ。この人、チャートとは無縁な人だと思っていたから、こんな華々しい舞台は似つかわしくないと思ってます(笑)。 まさかこのナンバーワンシリーズに出てくるなんてっ!Top100に58週間もランクインです。
  ビルボード誌が2008年に発表した50周年記念に特別に集計された「BILLBOARD ALL TIME HOT100」では、歴代2位。2000年の年間チャートでも堂々の1位です。グラミーでは、主要4部門の内、新人賞こそ逃しましたが(笑)、史上初の9部門獲得という偉業まで達成。1999年、ラテンアーティストの殿(しんがり)登場です。

 泣きのギターは健在ですが、ここで楽曲を提供しているのはMatchbox Twentyのヴォーカルのロブ・トーマス。

 私のサンタナと言えば、彼のトレードマークともなっている「Black Magic Woman」、作者はピーター・グリーン


☆SUPERNATURAL(1位、1999/10/30-11/13、
           2000/01/22-02/05、02/26-04/01♪♪♪♪
♪♪♪♪♪♪)
♪Smooth / Santana featuring Rob Thomas(1位)
♪Maria Maria(1位)

1999年度第42回グラミー賞
♪Record Of The Year ; Smooth / Santana featuring Rob Thomas
♪Album Of The Year
♪Song Of The Year ; Smooth/Santana featuring Rob Thomas
♪Best Pop Performance By A Duo Or Group With Vocal ; Maria Maria
♪Best Pop Collaboration With Vocals ; Smooth/ Santana featuring Rob Thomas
♪Best Pop Instrumental Performance ; El Farol
♪Best Rock Performance By A Duo Or Group With Vocal ; Put Your Lights On / Santana featuring Everlast
♪Best Rock Instrumental Performance ; The Calling / Santana featuring Eric Clapton
♪Best Rock Album



Peak 2000/01/15-01/22 ♪♪
Song What A Girl Wants / Christina Aguilera
Writter Shelly Peiken, Guy Roche
Action 1(2000/01/15)、1、2、2、3、3、4(2000/02/26)
Weeks 24(No.78; 1999/11/27-No.44; 2000/05/06)
Top100 No.19 2000
 最近までブリトニー・スピアーズとクリスティーナ・アギレラが区別がつきませんでした。(よく見れば付くのですが、全然顔違うし)

 世紀末デビューのクリスティーナの活躍振りは、アルバムも全米1位、シングルも3曲ナンバーワンという結果を残し、1999年のグラミー新人賞を受賞しました。初登場ナンバーワンのようなアクションですが、実際は11位からのジャンプアップです。この動きはまさに新星のごとく。


☆CHRISTINA AGUILERA(1位、1999/09/11♪
♪Genie In A Bottle(1位)
♪What A Girl Wants(1位)
♪I Turn To You(3位)
♪Come On Over Baby (All I Want Is You)(1位)

1999年度第42回グラミー賞
♪Best New Artist

★クリスティーナ・アギレラ・ナンバーワン・リスト(1999-2000)
♪Genie In A Bottle(1999)
♪What A Girl Wants(2000)


Peak 2000/01/29-02/12、02/26 ♪♪♪♪
Song I Knew I Loved You / Savage Garden
Writter Daniel Jones, Darren Hayes
Action 7(1999/12/04)、6、4、4、5、6、4、2、1、1、1、2、
                     1、2、4、8、8(2000/03/25)
Weeks 33(No.71; 1999/10/23-No.47; 2000/06/03)
Top100 No.7 2000
 3週連続でナンバーワンとなり、いったんは首位の座をマライヤに明け渡したものの、ふたたび1位に返り咲き、都合4週1位となりました。

 2001年にこのデュオは解散し、ダレンはソロへ転向し、ダニエルは裏方(プロデュース業)に回り、若手アーティストの育成をしています。


☆AFFIRMATION(6位)
♪The Animal Song(19位)
♪I Knew I Loved You(1位)
♪Affirmation
♪Crash and Burn(24位)
♪Chained To You
♪Hold Me
♪The Best Thing


Peak 2000/02/19 ♪
Song Thank God I Found You / Mariah Carey featuring Joe & 98 Degrees
Writter Mariah Carey, Jimmy Jam, Terry Lewis
Action 2(2000/02/12)、1、2、4(2000/03/04)
Weeks 20(No.82; 1999/12/11-No.89; 2000/04/22)
Top100 No.45 2000
 圏外22位からジャンプアップでTop10へ2位で初登場。彼女にとって15曲目のナンバーワン。ジャネットとの共同作業で知られるジミー・ジャムとテリー・ルイスが曲を提供しています。しっとりとしたバラード調の楽曲で、タイトルとなっているメロディがとても印象的。共演しているコーラスグループ98Degreesの影響も大きかったかな?


☆RAINBOW(2位
♪Heartbreaker / Mariah Carey featuring Jay-Z(1位)
♪Thank God I Found You / Mariah Carey featuring Joe & 98 Degrees(1位)
♪Crybaby / Mariah Carey featuring Snoop Dogg)(28位)
♪Can't Take That Away (Mariah's Theme)(28位)
♪Against All Odds
★マライヤ・キャリー・ナンバーワン・リスト(1990-2000)
♪Vision Of Love (1990)
♪Love Takes Time (1990)
♪Someday (1991)
♪I Don't Wanna Cry (1991)
♪Emotions (1991)
♪I'll Be There (1992)
♪Dreamlover (1993)
♪Hero (1993/1994)
♪Fantasy (1995)
♪One Sweet Day / Mariah Carey & Boyz II Men(1995/1996)
♪Always Be My Baby (1996)
♪Honey (1997)
♪My All (1998)
♪Heartbreake / Mariah Carey featuring Jay-Z (1999)
♪Thank God I Found You / Mariah Carey featuring Joe & 98 Degrees(2000)
★ジミー・ジャム・ナンバーワン・リスト(1990-2000)
♭When I Think Of You / Janet Jackson(1986)
♭Human / Human League(1986)
♭Miss You Much / Janet Jackson(1989)
♭Love Will Never Do(Without You) / Janet Jackson(1991)
♭Romantic / Karyn White(1991)
♭Again / Janet Jackson(1993)
♭On Bended Knee / Boyz II Men (1994/1995)
4 Seasons Of Loneliness / Boyz II Men (1997)
♭Together Again / Janet Jackson(1998)
♭Thank God I Found You / Mariah Carey featuring Joe & 98 Degrees (2000)
★テリー・ルイス・ナンバーワン・リスト(1986-2000)
♭When I Think Of You / Janet Jackson(1986)
♭Human / Human League(1986)
♭Miss You Much / Janet Jackson(1989)
♭Escapade / Janet Jackson(1990)
♭Love Will Never Do(Without You) / Janet Jackson(1991)
♭Romantic / Karyn White(1991)
♭That's The Way Love Goes / Janet Jackson(1993)
♭Again / Janet Jackson(1993)
♭On Bended Knee / Boyz II Men (1994/1995)
4 Seasons Of Loneliness / Boyz II Men (1997)
♭Together Again / Janet Jackson(1998)
♭Thank God I Found You / Mariah Carey featuring Joe & 98 Degrees (2000)


Peak 2000/03/04-03/11 ♪♪
Song Amazed / Lonestar
Writter Marv Green, Chris Lindsey, Aimee Mayo
Action 3(2000/02/26)、1、1、2、3、4、4、5、6、8、9、10(2000/05/06)
Weeks 55(No.81; 1999/06/05-No.50; 2000/08/19)
Top100 No.8 2000

 55週間Hot100にランクインしていましたが、いったんは10/23付けのチャートからは姿を消してしまいました(1999/08/21の最高位24位)。カントリーチャートでは楽々ナンバーワンになった曲でしたが、ポピュラーがひしめく、いわゆるHot100ではトップを取ることができませんでした。
  しかし再リリース(?)で、再びHot100にランクインで45位(1999/12/25)し、年明け10週目にして全国制覇となりました。カントリー・アーティスト(私にはそうは思えないが…)としては1983年のケニー・ロジャース&ドリー・パートン以来ということになるのでしょうか?


☆LONELY GRILL(3位)
♪Saturday Night
♪Amazed(1位)
♪Smile(39位)
♪What About Now(30位)
♪Tell Her(39位)


Peak 2000/03/18-04/01 ♪♪♪
Song Say My Name / Destiny's Child
Writter Rodney Jerkins, Fred Jerkins III, LaShawn Daniels, Beyonce Knowles, LeToya Luckett,
Kelendria Rowland, LaTavia Roberson
Action 1(2000/03/18)、1、1、2、2、3、5、5、5、7、10(2000/05/27)
Weeks 32(No.83; 1999/12/25-No.47; 2000/07/29)
Top100 No.6 2000
 Top10圏外14位からのジャンプアップです。この曲のナンバー1以降、チャートの常連となるデスチャですが、アルバムに写っているメンバーのうち2名は解雇され、この曲のPVには新メンバーが登場したりと、成功の影には色々な人間模様が繰り広げられていた模様…

 TLCとはまた違った雰囲気のグループに、シュープリームスのような面影を重ねる人は沢山いるのではないでしょうか?


☆THE WRITTING'S ON THE WALL(5位
♪Bills, Bills, Bills(1位)
♪Bug A Boo(33位)
♪Say My Name(1位)
♪Jumpin', Jumpin(3位)

2000年度第43回グラミー賞
♪Best R&B Performance By A Duo Or Group With Vocal : Say My Name
♪Best R&B Song : Say My Name

★デスティニーズ・チャイルド・ナンバーワン・リスト(1998-2000)
♪Bills, Bills, Bills / Destiny's Child (1998)
♪Say My Name / Destiny's Child (2000)


Peak 2000/04/08-2000/06/10 ♪♪♪♪♪♪♪♪
Song Maria Maria / Santana featuring The Product G&B
Writter Carlos Santana
Action 8(2000/02/19)、6、5、2、3、2、2、1、
              1、1、1、1、1、1、1、1、1、8(2000/06/17)
Weeks 26(No.15; 2000/02/12-No.47; 2000/08/05)
Top100 No.3 2000
 前作のシングルがチャートの記録を、ことごとく記録を塗り替えてしまったサンタナでしたが、再び前人未到となる連続10週以上のナンバーワンソングを獲得してしまいました。とは言っても、実際には彼が歌っているわけではなく、ヴォーカルはゲストだったりすることが多いのですが、この曲ではR&BのデュオMarvin “Money Harm” MooreとDavid “Sincere” McRaeの二人。

 私のサンタナと言えば、彼のトレードマークともなっている「Black Magic Woman」、作者はピーター・グリーン


☆SUPERNATURAL(1位、1999/10/30-11/13、2000/01/22-02/05、02/26-04/01♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪)
♪Smooth / Santana featuring Rob Thomas(1位)
♪Maria Maria(1位)

1999年度第42回グラミー賞
♪Record Of The Year ; Smooth / Santana featuring Rob Thomas
♪Album Of The Year
♪Song Of The Year ; Smooth/Santana featuring Rob Thomas
♪Best Pop Performance By A Duo Or Group With Vocal ; Maria Maria
♪Best Pop Collaboration With Vocals ; Smooth/ Santana featuring Rob Thomas
♪Best Pop Instrumental Performance ; El Farol
♪Best Rock Performance By A Duo Or Group With Vocal ; Put Your Lights On / Santana featuring Everlast
♪Best Rock Instrumental Performance ; The Calling / Santana featuring Eric Clapton
♪Best Rock Album



Peak 2000/06/17 ♪
Song Try Again / Aaliyah
Writter Steve Garrett, Timothy Mosley
Action 10(2000/05/20)、9、8、6、1、2、2、2、2、3、4、5、5、6、9(2000/08/26)
Weeks 32(No.59; 2000/03/18-No.43; 2000/10/21)
Top100 No.12 2000

 映画『ロミオ・マスト・ダイ』に主演し、主題歌も歌ったこの曲の主人公アリーヤ・ダナ・ホーントン。この変拍子を伴う歌は、妙に頭にこびりついて離れません。
 このナンバーワンを放った翌年、飛行機事故という悲劇で帰らぬ人となり、多くのアーティストやファンが早すぎる死をお死んでいることでしょう。
Hot100 へのランクインは全14曲。Top10は5曲。


☆ROMEO MUST DIE
♪Try Again / Aaliyaha(1位)


Peak 2000/06/24-07/08 ♪♪♪
Song Be With You / Enrique Iglesias
Writter Enrique Iglesias, Paul Barry, Mark Taylor
Action 9(2000/05/13)、8、8、6、5、4、1、1、1、3(07/15)
Weeks 20(No.63; 2000/04/01-No.28; 2000/08/12)
Top100 No.37 2000
 ギターの音色が、いかにもスパニッシュ系を思わせるメランコリックな曲調。昨年はサントラ『WILD WILD WEST』の挿入曲として収録された1998年の曲が大ヒットとなったのは記憶に新しいところ。

☆ENRIQUE(10位
♪Bailamos (1位)
♪Rhythm Divine/Ritmo Tota (32位)
♪Be With You (1位)
♪Sad Eyes/Mas Es Amar
♪Could I Have This Kiss Forever / Enrique Iglesias with Whitney Houston (52位)


Peak 2000/07/15
Song Everything You Want / Vertical Horizon
Writter Matt Scannell
Action 9(2000/04/22)、9、8、8、6、7、7、8、3、3、6、6、1、
                    2、3、4、7、9、10(2000/08/26)
Weeks 41(No.70; 2000/01/22-No.50; 2000/10/28)
Top100 No.5 2000
 Top10の動きはゆっくりで、あと5位に付いていればサヴェージガーデン以来のTop10圏内全て制覇という珍記録達成でした。こうしたロック系のアーティストが登場するのは嬉しいのですが、得てしてバラードばかりが多いのが気になるところ(笑)。

Vertical Horizon.com


☆EVERYTHING YOU WANT(40位
♪We Are
♪Everything You Want(1位)
♪You're A God(23位)
♪Best I Ever Had (Grey Sky Morning)(58位)

1999年度第42回グラミー賞
♪Best New Artist



Peak 2000/07/22
Song Bent / Matchbox Twenty
Writter Rob Thomas
Action 8(2000/07/08)、6、1、2、3、2、2、3、4、5、4、4、6、9(2000/10/07)
Weeks 39(No.60; 2000/04/29-No.48; 2001/01/20)
Top100 No.9 2000
 サンタナの「Smooth」で一躍脚光を浴びたロブ・トーマス率いるマッチボックス・トゥエンティ。ここでのギターが、どことなくサンタナの泣きのように聞こえなくもないが、久しぶりのロック勢の活躍に心躍る。

 マッチボックスといえば、私が小学生だった頃、日本のトミカ、アメリカのマッチボックスという関係にあったミニカーが有名じゃなかろうか?今でも歌を覚えているし、歌えるぞ。

♪「マッチボックス知ってるかい? マァーマゴン、パパァゴンー なんとーかよ(ここだけ歌詞分からず) ちっちゃな車のことなんだ!」


☆MAD SEASON(3位)
♪Bent (1位)
♪If You're Gone(5位)
♪Crutch
♪Mad Season(48位)
♪Angry
♪Last Beautiful Girl


Peak 2000/07/29-08/05 ♪♪
Song It's Gonna Be Me / 'N Sync
Writter Max Martin, Andreas Carlsson, Rami Yacoub
Action 9(2000/06/24)、7、7、5、4、1、1、3、4、6、10(2000/09/02)
Weeks 25(No.82; 2000/05/06-No.48; 2000/10/21)
Top100 No.27 2000
 グループ名をインシンクと読むのだそうです。この頃は(日本も含めて世界中で、というか日本が発信?)複数のメンバーによるアイドルグループのピークだったのでしょうか? 彼らはバックストリート・ボーイズのライバルとしてデビューだったかな。
  この曲のヒットの前に、グロリア・エステファンとのコラボがありましたね。が、解散後めきめきと頭角を現してきたのはジャスティン・ティンバーブレイクでしょう。

☆NO STRINGS ATTACHED(1位、2000/04/08-05/27♪♪♪♪♪♪♪)
♪Bye Bye Bye(4位)
♪It's Gonna Be Me(1位)
♪I'll Never Stop
♪This I Promise You(5位)


Peak 2000/08/12-08/19 ♪♪
Song Incomplete / Sisqo
Writter Montell Jordan, Anthony "Shep" Crawford
Action 2(2000/08/05)、1、1、2、2、4、5、5、7、8、10、10、9(2000/10/28)
Weeks 26(No.77; 2000/06/24-No.46; 2000/12/16)
Top100 No.25 2000
 55位から一気にTop10入り(しかも2位)。ソングライターに門テル/ジョーダンがクレジットされています。彼にとっては2曲目のナンバーワンとなりますが、この歌を歌っているSisqp(シスコ)にとっては初の全米制覇となりました。しっとりとしたバラードはR.ケリーを思わせます。

Sisqo.com

☆UNLEASH THE DRAGON
♪Got To Get It / Sisqo featuring Make It Hot (39位)
♪Thong Song(3位)
♪Unleash the Dragon / Sisqo featuring Beanie Sigel
♪Incomplete(1位)
★モンテル・ジョーダン・ナンバーワン・リスト(1995-2000)
♪This Is How We Do It(1995)
♭Incomplete / Sisqo (2000)


Peak 2000/08/26-09/09 ♪♪♪
Song Doesn't Really Matter / Janet Jackson
Writter Janet Jackson, James Harris III, Terry Lewis
Action 10(2000/08/05)、10、5、1、1、1、2、2、3、3、7、8(2000/10/21)
Weeks 24(No.59; 2000/06/17-No.41; 2000/11/25)
Top100 No.18 2000
 1980年代、1990年代、そして2000年代という30年に渡り(サード・ディケイドという)1位の座につくという記録を、女性アーティストとしては初めて達成、快挙となりました。ソングライターもジャネットの楽曲ではおなじみのJames Harris III, Terry Lewis二人が名を連ねています。
  この曲はエディ・マーフィ主演(ジャケットの中心)『ナッティ・プロフェッサー2 クランプ家の面々』の挿入曲で、ジャネットも出演しています。


☆NUTTY PROFESSOR II : THE KLUMPS
♪Doesn't Really Matter(1位)
★ジャネット・ジャクソン・ナンバーワン・リスト(1986-2000)
♪When I Think Of You (1986)
♪Miss You Much (1989)
♪Escapade (1990)
♪Black Cat (1990)
♪Love Will Never Do (Without You) (1991)
♪That's The Way Love Goes (1993)
♪Again (1993)
♪Together Again (1998)
♪Doesn't Really Matter (2000)
★ジェームズ・ハリス・ナンバーワン・リスト(1990-2000)
♭Escapade / Janet Jackson(1990)
♭That's The Way Love Goes / Janet Jackson(1993)
♭Doesn't Really Matter / Janet Jackson(2000)
★テリー・ルイス・ナンバーワン・リスト(1986-2000)
♭When I Think Of You / Janet Jackson(1986)
♭Human / Human League(1986)
♭Miss You Much / Janet Jackson(1989)
♭Escapade / Janet Jackson(1990)
♭Love Will Never Do(Without You) / Janet Jackson(1991)
♭Romantic / Karyn White(1991)
♭That's The Way Love Goes / Janet Jackson(1993)
♭Again / Janet Jackson(1993)
♭On Bended Knee / Boyz II Men (1994/1995)
4 Seasons Of Loneliness / Boyz II Men (1997)
♭Together Again / Janet Jackson(1998)
♭Thank God I Found You / Mariah Carey featuring Joe & 98 Degrees (2000)
♭Doesn't Really Matter / Janet Jackson(2000)


Peak 2000/09/16-10/07 ♪♪♪♪
Song Music / Madonna
Writter Madonna, Mirwais Ahmadzai
Action 2(2000/09/09)、1、1、1、1、2、2、2、2、2、4、8(2000/11/25)
Weeks 24(No.41; 2000/08/12-No.41; 2001/01/20)
Top100 No.17 2000

 マドンナにとって実に5年ぶり、久々のナンバーワンとなったこの曲は、1980年代、1990年代、そして2000年代という30年間(サード・ディケイド)に渡る1位という記録を、先のジャネット・ジャクソンと共に達成しました。

  Top10圏外14位からのジャンプアップで2位にランクイン、その後のアクションは上位に居座り続けました(女王の貫禄ってヤツですか?)

Madonna.com


☆MUSIC(1位、2000/10/07♪)
♪Music(1位)
♪Don't Tell Me(4位)
♪What It Feels Like For A Girl(23位)

2000年度第43回グラミー賞
♪Best Recording Package ; Kevin Reagan

★マドンナ・ナンバーワン・リスト(1985-2000)
♪Like A Virgin(1985)
♪Crazy For You(1985)
♪Live To Tell (1986)
♪Papa Don't Preach (1986)
♪Who's That Girl (1987)
♪Like A Prayer (1989)
♪Vogue (1990)
♪This Used To Be My Playground (1992)
♪Take A Bow (1995)
♪Music (2000)


Peak 2000/10/14-11/04 ♪♪♪♪
Song Come On Over Baby (All I Want Is You) / Christina Aguilera
Writter Johan Aberg, Paul Rein, Christina Aguilera, Ron Fair, C. Blackmon, R. Cham,
E. Dawkins, Shelly Peiken, Guy Roche
Action 9(2000/09/23)、9(2000/09/30)、
1(2000/10/14)、1、1、1、4、8(2000/11/18)
Weeks 21(No.57; 2000/08/05-No.44; 2000/12/23)
Top100 No.38 2000
 デビューアルバムから3曲目のナンバーワンソング。いったんはTop10圏外に出て(10/07)一気にジャンプアップ。何か集計上の間違いでもあったんでしょうか(笑)。


☆CHRISTINA AGUILERA(1位、1999/09/11♪
♪Genie In A Bottle(1位)
♪What A Girl Wants(1位)
♪I Turn To You(3位)
♪Come On Over Baby (All I Want Is You)(1位)

1999年度第42回グラミー賞
♪Best New Artist

★クリスティーナ・アギレラ・ナンバーワン・リスト(1999-2000)
♪Genie In A Bottle(1999)
♪What A Girl Wants(2000)
♪Come On Over Baby (All I Want Is You)(2000)


Peak 2000/11/11 ♪
Song With Arms Wide Open / Creed
Writter Scott Stapp, Mark Tremonti
Action 10(2000/09/30)、7、5、3、3、3、1、2、2、3、3、3、
                      4、5、5、5、5、9(2001/01/27)
Weeks 47(No.84; 2000/05/13-No.41; 2001/03/31)
Top100 No.36 2000/No.39 2001
  ロッカバラード。声質がエディ・ヴェダーに似てるかなぁl。良い曲だ。

Creed.com


☆HUMAN CLAY(1位
♪Higher(7位)
♪What If(102位)
♪With Arms Wide Open(1位)
♪Are You Ready?(125位)

2000年度第43回グラミー賞
♪Best Rock Song : With Arms Wide Open



Peak 2000/11/18-2001/01/27 ♪♪♪♪♪♪♪♪
Song Independent Women Part I / Destiny's Child
Writter Beyonce Knowles, Sam Barnes, Jean-Claude Olivier, Cory Rooney
Action 7(2000/11/04)、5、1、1、1、1、1、1、1、1、1、1、1、
                         2、3、7、10(2001/02/24)
Weeks 28(No.84; 2000/09/25-No.41; 2001/03/31)
Top100 No.97 2000 / No.10 2001
 キャメロン・ディアズ主演の映画「チャーリーズ・エンジェル」の主題歌。

 1970年代、日本テレビ系列、毎週日曜日の夜10時30分から、アメリカのテレビドラマがシリーズでずっと続いていた時代がありました。私が見た記憶は「地上最強の美女たち! チャーリーズ・エンジェル」、「白バイ野郎ジョン&パンチ」、「トラック野郎BJ」、「アメリカン・ヒーロー」・・・ その時、ファラフォー・セットというゴージャスな女優が出演していたのが「チャーリーズ・エンジェル」でした。最終回で「えーっ」という仕掛けがしてあったのを懐かしく思います。


☆CHARLIE'S ANGELS
♪Independent Women Part I(1位)

2000年度第43回グラミー賞
♪Best R&B Performance By A Duo Or Group With Vocal : Say My Name
♪Best R&B Song : Say My Name

★デスティニーズ・チャイルド・ナンバーワン・リスト(1998-2000)
♪Bills, Bills, Bills / Destiny's Child (1998)
♪Say My Name / Destiny's Child (2000)
♪Independent Women Part I / Destiny's Child (2000)


 ビルボードでナンバーワンソングになったかならなかったかは、「金メダルと銀メダル」の違いほどの差があるようです。たかがチャート上の話ですが、聴き手も「1位」と「2位」を意識させられてしまいます(私か? メディアに踊らされてるなぁ)。 

さて、コチラ(2000)ページでは全米ナンバーワンになれなかった曲を紹介します。


もどるhome|2000年レビュー|アルバムチャート

2000年度第43回グラミー主要四部門受賞アーティストおよび作品
♪Record Of The Year ; Beautiful Day/U2
♪Album Of The Year ; Two Against Nature/Steely Dan
♪Song Of The Year ; Beautiful Day/U2
♪Best New Artist ; Shelby Lynne