iPodに入れて楽しんでいたビルボードNo.1ソングでしたが、2008年にiPhoneを購入し、今までのiPodよりも容量が大きいので新しく入れ直しました。せっかくだからと自分用のリストを作ろうと思い立ったのがこのページです(でも初代iPhoneだから容量が小さくて、もう1000曲を超えるナンバーワンソングに、1位になれなかった2位の曲まで入っているから、もうパンパン状態です。現在はiPod Classicに入れて流していますが、ジャケット表示が小さくて、なんだか物足りなさも感じてます…)。

 私がチャートをリアルタイムで聞いていたのは昭和時代の1983年暮れ。イエスの“ロンリー・ハート”が上位にねらいを付けている頃でした。
  その頃聴いていたのは湯川れい子さんがDJを務めるラジオ日本(AM1422kHz)「アメリカントップ40」でしたが、まだその番組を知らず、FM東京(FM80.0MHz)でオンエアされていたキャッシュボックス誌のチャートでした。DJは声優の野沢那智さんでした。湯川さんの番組はFEN(AM810kHz)でもオン・エアしてましたね。

 そして本格的にチャートを聴くようになったのは“ロンリー・ハート”がナンバーワンにになった頃。その後、私が洋楽にのめり込むきっかけを作った出来事が英国で始まりました。ボブ・ゲルドフが提唱した「バンド・エイド」このイベントのおかげで、芋蔓式に(そして今もそのスタイルであれやこれやと手を出してしまう癖が付いてしまった)アーティストからアーティストへと繋がっていったのです。

 ブルース・スプリングスティーンがかつて語ったように「3分間のレコードから世の中を知った」ということを身をもって感じました。これからも私はロックと共に転がり続けてゆくのだと思います。

 たかがポップス、たかがヒットチャートですが、その時その時代に流行っていた曲を耳にするだけで、時代が見えてくる。そして個人的にも当時の自分も見えてきます。
  こう書くと「そんなオーバーな!」と笑われるかもしれませんが、特定のアーティストのアルバムを丸々聴いているときと違って、前後のヒット曲との絡みまでもが聞こえ、ヒットチャートのドラマが生まれてくるのです。

  これが、曲同士、アーティスト同士が何の脈絡もない曲の並んだ「ビルボード・ナンバー・ワン・ソング・リレー」の醍醐味でもあるのです。そうすることで、この並び順に大きな意味が見えきます。これがナンバーワンばかりを集めた曲集でも、トップに立った順番ではなく、バラバラに並べられていると(たとえばアーティスト順とか)、その楽しみが半減してしまいます。

この曲の次に1位になったのがこの曲で、それを抜いたのがこの曲、というようにリレーで聴くからこそ意味があるのです。

 たとえば1973年にはポール・マッカートニーの「マイ・ラヴ」の後を次いだのは、同じファブ・フォーのジョージ・ハリスンが放った「ギヴ・ミー・ラヴ」だったり。1986年のジェネシスの「インビジブル・タッチ」を抜いたのが、ジェネシスを脱退したピーター・ガブリエルの「スレッジ・ハンマー」だったり。これって意図的に組まれた順番ではなく、時代が創り上げたドラマです。たまたまそういうヒットが重なっただけなのに、あまりにも皮肉な順番ではないでしょうか。

  他にもまだチャート上のドラマは隠されて入るんでしょうけど、コレからも何度も何度も繰り返しながらおもしろい発見をするのだろうなぁと、ワクワクしながら現在、過去、そして未来のビルボードを楽しみにしているのです。

 このページでは1996年の全米ナンバーワンソングを紹介します。

  2018年から、ストリーミングデータ(音楽配信)の集計方法を変更しました。また、これまではチャートの日付の1週間前の火曜日(つまり11日前)に発表されていましたが、データ集計から発表までの期間が短くなり、日付の4日前に発表され、よりリアルタイムに近い発表になりました。 たとえば最新チャートなら2021年5月8日、発表は5月4日となります(最新の1位はコチラ)。

Billboard.com|2021/05/04更新|

 20年ぶり(←このように書いてから10年以上経っていますねぇ、しみじみ)にリアルタイムでチャートを追いかけられるようになりました。それにしても音楽性が大きく変わったことに驚いています。最初はとまどいもありましたが「ナンバーワンソングだから」という偏った思考でありながら、聴き続けていると耳に馴染むようになってきました。さすがはビルボード・ナンバー・ワン・ソング!
 何年もの間、図書館も含めたレンタルCDなどで曲の収集をしていましたが、今やネット時代の昨今。日本国内のサイトでは実現はまだまだ先の事でしょうが、海外のサイトではチャートのナンバーワンを始めとする、ほとんどの曲がネット上からダウンロードして聴く事が出来るようになりました。私もその恩恵を受けた一人です。本当ならちゃんとした音質で手元に置いておきたいところですが、まぁ、iPodで聴く分にはmp3で充分かなということで(笑)

 

Peak ナンバーワンの期間 ♪ひとつが1週間、5週目毎にです
Song 曲目 / アーティスト
Writter 作詞・作曲 etc.
Action Top10圏内の動き(Top10圏内初登場の日付)
Weeks Hot100内の総週(初登場と最終位のランクと日付)
Top100 年間チャートの順位


Peak 1995/12/02 - 1996/03/16 ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
Song One Sweet Day/ Mariah Carey & Boyz II Men
Writter Mariah Carey, Walter Afanasieff, Wanya Morris, Nathan Morris, Shawn Stockman, Michael McCary
Action 1(1995/12/02)、1、1、1、1、1、1、1、1、1、1、1、1、1、1、1、
                            5、 7、9(1996/04/06)
Weeks 27(No.1 ; 1995/12/02 - No.45 ; 1996/06/01)
Top100 No.2 1996

Taken from Album DAYDREAM



 シングル史上4曲目で3曲連続の初登場ナンバーワンが誕生しました。そしてマライアにとっては2曲目の初登場ナンバーワン(いずれの曲も1995年)。しかも1位を連続16週間というのは誌上最も長い記録となりました。この両者がタッグを組めば、当然の大ヒットといえるのではないでしょうか?ボーイズにとって1995年はサンドイッチのパン状態という人気振りです。ソングライターのウォルター・アファナシェフも、マライアとのチームで3曲目のナンバーワンです。

Mariah Carey.comBoyz II Men.com

☆DAYDREAM(1位、1995/10/21 - 11/04、12/30 - 1996/01/13♪♪♪♪♪)
♪Fantasy(1位)
♪One Sweet Day/ Mariah Carey with Boyz II Meny(1位)
♪Open Arms
♪Always Be My Baby(1位)
♪Forever
♪Underneath The Stars


★マライア・キャリー・ナンバーワン・リスト(1990-1995)
♪Vision Of Love(1990)
♪Love Takes Time (1990)
♪Someday (1991)
♪I Don't Wanna Cry (1991)
♪Emotions (1991)
♪I'll Be There (1992)
♪Dreamlover (1993)
♪Hero (1993/1994)
♪Fantasy (1995)
♪One Sweet Day/ Mariah Carey & Boyz II Men(1995/1996)

★ボーイズ II メン・ナンバーワン・リスト(1990-1995)
♪End Of The Road(1992)
♪I'll Make Love To You (1994)
♪On Bended Knee(1994/1995)
♪One Sweet Day/ Mariah Carey & Boyz II Men(1995/1996)

★ウォルター・アファナシェフ・ナンバーワン・リスト(1993-1995)
♭Dreamlover/ Mariah Carey (1993)
♭Hero/ Mariah Carey (1993/1994)
♭One Sweet Day/ Mariah Carey & Boyz II Men(1995)

 






Peak 1996/03/23 - 04/27 ♪♪♪♪
Song Because You Loved Me/ Celine Dion
Writter Diane Warren
Action 5(1996/03/16)、1、1、1、1、1、1、
2、3、3、3、3、3、5、5、6、7、6、10(1996/07/20)
Weeks 33(No.36 ; 1996/03/09 - No.47 ; 1996/10/19)
Top100 No.3 1996

Taken from Album FALLING INTO YOU



 圏外36位から、わずか2週目でのTop10入り、翌週にはナンバーワン。作者は売れっ子のダイアン・ウォーレン(Diane Warren)。


☆FALLING INTO YOU(1位、1996/10/05 - 10/12、10/26 ♪♪♪)
♪Because You Loved Me(1位)
♪It's All Coming Back To Me Now(2位)
♪All by Myself

1996年度第39回グラミー
♪ Album Of The Year
♪ Best Pop Album
♪ Best Song Written Specifically For A Motion Picture Or For Television; Because You Loved Me

Celine Dion.comDiane Warren.com

★セリーヌ・ディオン・ナンバーワン・リスト(1994-1996)
♪The Power Of Love (1994)
♪Because You Loved Me (1996)

★ダイアン・ウォーレン・ナンバーワン・リスト(1988-1996)
♭Nothings Gonna Stop Us Now / Starship (1987)
♭Look Away / Chicago (1988)
♭When I See You Smile / Bad English (1989)
♭Blame It On The Rain / Milli Vanilli(1989)
♭Love Will Lead You Back / Taylor Dayne
♭Because You Loved Me / Celine Dion (1996)








Peak 1996/05/04 - 05/11 ♪♪
Song Always Be My Baby / Mariah Carey
Writter Mariah Carey, Jermaine Dupri, Manuel Seal Jr.
Action 2(1996/04/06)、2、2、2、1、1、2、2、2、2、2、4、5、6、7(1996/07/13)
Weeks 32(No.2 ; 1996/04/06 - No.48 ; 1996/11/09)
Top100 No.5 1996

Taken from Album DAYDREAM



 初登場2位を4週キープしたままトップの座へ。


☆DAYDREAM(1位、1995/10/21 - 11/04、12/30 - 1996/01/13♪♪♪♪♪)
♪Fantasy(1位)
♪One Sweet Day / Mariah Carey with Boyz II Meny(1位)
♪Open Arms
♪Always Be My Baby(1位)
♪Forever
♪Underneath The Stars


Mariah Carey.com

★マライア・キャリー・ナンバーワン・リスト(1990-1996)
♪Vision Of Love(1990)
♪Love Takes Time (1990)
♪Someday (1991)
♪I Don't Wanna Cry (1991)
♪Emotions (1991)
♪I'll Be There (1992)
♪Dreamlover (1993)
♪Hero (1993/1994)
♪Fantasy (1995)
♪Always Be My Baby (1996)









Peak 1996/05/18 - 07/06 ♪♪♪♪♪♪♪
Song Tha Crossroads/ Bone Thugs-N-Harmony
Writter Bryon McCane II, Anthony Henderson, Steven Howse, Charles Scruggs
Action 2(1996/05/11)、1、1、1、1、1、1、1、1、3、5、10(1996/07/27)
Weeks 20(No.2 ; 1996/05/11 - No.58 ; 1996/09/21)
Top100 No.7 1996

Taken from Album E.1999 ETERNAL



 初登場2位の直後からトップの座へ

Bone Thugs-N-Harmony.com

☆E.1999 ETERNAL(1位、1995/08/12 - 08/19)
♪1st Of Tha Month(14位)
♪East 1999(62位)
♪Tha Crossroads(1位)

1996年度第39回グラミー
♪Best Rap Performance By A Duo Or Group: Tha Crossroads







Peak 1996/07/13 - 07/20 ♪♪
Song How Do U Want It/ 2Pac featuring K-Ci & JoJo
California Love/ 2Pac featuring Dr.Dre & Roger Troutman
Writter Tupac Shakur, Johnny Jackson, Bruce Fisher, Leon Ware, Stanley Richardson, Quincy Jones/Joe Cocker, Woodrow Cunningham, Norman Durham, Mikel Hooks, Ronald Hudson, Christopher,Stainton, Larry Troutman, Roger Troutman, James Anderson, Tupac Shakur
Action 6(1996/06/22)、4、3、1、1、2、3、3、8、9(1996/08/24)
Weeks 24(No.64 ; 1996/06/15 - No.47 ; 1997/11/23)
Top100 No.17 1996

Taken from Album ALL EYEZ ON ME



 How Do U Want Itは兄弟ユニットK-Ci & JoJoと、もう1曲のCalifornia LoveはDr.Dre & Roger Troutmanをフューチャーした楽曲。性格が災いしてか、アーティスティックな活動は短命でしたが、伝記映画が作られるなど数々の武勇(?)が後世のアーティストに与えた影響は大きかったようです。

2 Pac.comDr.Dre.com

☆ALL EYES ON ME(1位、1996/03/02 - 03/09♪♪)
♪How Do U Want It/ 2Pac featuring K-Ci & JoJo(1位)
♪California Love/ 2Pac featuring Dr. Dre & Roger Troutman(1位)







Peak 1996/07/27
Song You're Makin' Me High
Let It Flow / Toni Braxton
Writter Babyface, Bryce Wilson/Babyface
Action 7(1996/06/08)、4、2、2、2、2、2、1、2、2、
4、6、8、8、8、8、8、10、9、10(1996/10/19)
Weeks 42(No.7 ; 1996/06/08 - No.49 ; 1997/03/15)
Top100 No.9 1996

Taken from Album SECRETS



 最初のナンバーワンで、いきなり2曲同時に獲得。Let It Flowはホイットニー・ヒューストン主演の『ため息つかせて』の挿入歌として収録されました。


☆SECRETS(2位
♪You're Makin' Me High(1位)
♪Un-Break My Heart(1位)
♪I Don't Want To(19位)
♪Love Me Some Him(19位)
♪How Could an Angel Break My Heart / Toni Braxton with Kenny G


Toni Braxton.com

★ベビーフェース・ナンバーワン・リスト(1990-1997)
♭I'm Your Baby Tonight / Whitney Houston (1990)
♭I'll Make Love To You / Boyz II Men (1994)
♭Take A Bow / Madonna(1995)
♭Exhale / Whitney Houston (1995)
♭You're Makin' Me High / Toni Braxton (1996)
♭Let It Flow / Toni Braxton (1996)









Peak 1996/08/03 - 11/02 ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪ Year End No.1 of 1996
Song Macarena (Bayside Boys Mix) / Los Del Rio
Writter Rogerio Rodrigues , Marcia Freitas Rodrigues
Action 8(1996/06/29)、5、5、4、4、1、1、1、1、1、1、1、1、1、1、1、1、1、1、
  4、4、9(1996/11/23)。10(1997/01/04)
Weeks 60(No.70 ; 1995/09/02 - No.71 ; 1996/01/13、
   No.47 ; 1995/05/11 - No.44 ; 1997/02/08)
Top100 No.1 1996/No.82 1997

Taken from Album FIESTA MACARENA



 驚異のマカリナ・パワー!(スペインの2人組は1962年から活動!)なんと60週間チャートインしていたモンスターヒットは、実に14週間ナンバーワンとなりました。しかも一旦Top10から外れた後も10位に復帰するというヒット振り。しかもこの曲はオリジナル版のノーマルエディット(23位)、lLos Del Mar もランクイン(75位)。当Bayside Boys Mixはダントツ。当然年間チャートも制しました。日本のマツケンサンバ(1992)みたいなものでしょうかね〜


☆FIESTA MACARENA
♪Macarena (Bayside Boys Mix) / Los Del Rio(1位)








Peak 1996/11/09 - 11/30 ♪♪♪♪
Song No Diggity/ BLACKstreet featuring Dr.Dre
Writter Andre Young, Chauncey Hannibal, Teddy Riley, William Stewart, Lynise Walters, Richard Vick, Bill Withers
Action 4(1996/10/19)、3、3、1、1、1、1、
2、2、3、4、4、6、6、6、7、9、10(1997/02/15)
Weeks 31(No.48 ; 1996/10/12 - No.47 ; 1997/05/10)
Top100 No.42 1996/No.23 1997

Taken from Album ANOTHER LEVEL



 ソングライターにBill Withersが入っていますが、サンプリングに使われたため(トータルで3曲目となりますが、楽曲的にはすべてLean On Me)。また、Teddy Rileyにとっても3曲目のナンバーワンソングです。ドクター・ドレーにとってリーディング・アーティストではないにも関わらず、棚ぼた的に今年度2曲目の1位です。

Dr.Dre.com

☆ANOTHER LEVEL(3位
♪No Diggity/ BLACKstreet featuring Dr.Dre(1位)
♪Fix/ BLACKstreet featuring Ol' Dirty Bastard, Slash & Fishbone(58位)

★ドクター・ドレー・ナンバーワン・リスト(1996)
♪California Love / 2Pac featuring Dr. Dre & Roger Troutman
♪No Diggity / BLACKstreet featuring Dr.Dre(1996)

★テディ・ライリー・ナンバーワン・リスト(1989-1996)
♭My Prerogative/ Bobby Brown(1989)
♭I Like the Way (the Kissing Game) / Hi-Five(1991)
♭No Diggity / BLACKstreet featuring Dr.Dre(1996)

★ビル・ウィザース・ナンバーワン・リスト(1972-1996)
♪Lean On Me/ Bill Withers(1972)
♭Lean On Me/ Club Nouveau(1987)
♭No Diggity/ BLACKstreet featuring Dr.Dre(1996)







Peak 1996/12/07 - 1997/02/15 ♪♪♪♪♪♪♪♪
Song Un-Break My Heart / Toni Braxton
Writter Diane Warren
Action 9(1996/11/02)、5、3、3、2、1、1、1、1、1、1、1、1、1、1、1、
2、2、3、3、4、5、7、9、9(1997/04/19)
Weeks 42(No.22 ; 1996/10/26 - No.47 ; 1997/08/09)
Top100 No.81 1996/No.4 1997

Taken from Album SECRETS



 ダイアン・ウォーレンは本当に良い曲を書きます。1996年度2曲目のナンバーワンです。22位からのジャンプアップ。


☆SECRETS(2位
♪You're Makin' Me High(1位)
♪Un-Break My Heart(1位)
♪I Don't Want To(19位)
♪Love Me Some Him(19位)
♪How Could an Angel Break My Heart/ Toni Braxton with Kenny G


Toni Braxton.com

★トニ・ブラクストン・ナンバーワン・リスト(1996-1997)
♪You're Makin' Me High (1996)
♪Un-Break My Heart (1997)

★ダイアン・ウォーレン・ナンバーワン・リスト(1988-1997)
♭Nothings Gonna Stop Us Now / Starship (1987)
♭Look Away / Chicago (1988)
♭When I See You Smile / Bad English (1989)
♭Blame It On The Rain / Milli Vanilli(1989)
♭Love Will Lead You Back / Taylor Dayne
♭Because You Loved Me / Celine Dion (1996)
♭Unbreak My Heart / Toni Braxton (1996/1997)







1996年度第39回グラミー主要四部門受賞アーティストおよび作品
♪Record Of The Year; Change The World/Eric Clapton
♪Album Of The Year; Falling Into You/Celine Dion
♪Song Of The Year; Change The World/Gordon Kennedy, Tommy Sims & Wayne Kirkpatrick
♪Best New Artist ;LeAnn Rimes
 




 ビルボードでナンバーワンソングになったかならなかったかは、「金メダルと銀メダル」の違いほどの差があるようです。たかがチャート上の話ですが、聴き手も「1位」と「2位」を意識させられてしまいます(私か? メディアに踊らされてるなぁ)。さて、コチラ(1996)ページでは全米ナンバーワンになれなかった曲を紹介します。


もどる|1996年レビュー|アルバムチャート

home(一番星のなる木)