iPodに入れて楽しんでいたビルボードNo.1ソングでしたが、2008年にiPhoneを購入し、今までのiPodよりも容量が大きいので新しく入れ直しました。せっかくだからと自分用のリストを作ろうと思い立ったのがこのページです(でも初代iPhoneだから容量が小さくて、もう1000曲を超えるナンバーワンソングに、1位になれなかった2位の曲まで入っているから、もうパンパン状態です。現在はiPod Classicに入れて流していますが、ジャケット表示が小さくて、なんだか物足りなさも感じてます…)。
 私がチャートをリアルタイムで聞いていたのは昭和時代の1983年暮れ。イエスの“ロンリー・ハート”が上位にねらいを付けている頃でした。
  その頃聴いていたのは湯川れい子さんがDJを務めるラジオ日本(AM1422kHz)「アメリカントップ40」でしたが、まだその番組を知らず、FM東京(FM80.0MHz)でオンエアされていたキャッシュボックス誌のチャートでした。DJは声優の野沢那智さんでした。湯川さんの番組はFEN(AM810kHz)でもオン・エアしてましたね。

 そして本格的にチャートを聴くようになったのは“ロンリー・ハート”がナンバーワンにになった頃。その後、私が洋楽にのめり込むきっかけを作った出来事が英国で始まりました。ボブ・ゲルドフが提唱した「バンド・エイド」このイベントのおかげで、芋蔓式に(そして今もそのスタイルであれやこれやと手を出してしまう癖が付いてしまった)アーティストからアーティストへと繋がっていったのです。

 ブルース・スプリングスティーンがかつて語ったように「3分間のレコードから世の中を知った」ということを身をもって感じました。これからも私はロックと共に転がり続けてゆくのだと思います。

 たかがポップス、たかがヒットチャートですが、その時その時代に流行っていた曲を耳にするだけで、時代が見えてくる。そして個人的にも当時の自分も見えてきます。
  こう書くと「そんなオーバーな!」と笑われるかもしれませんが、特定のアーティストのアルバムを丸々聴いているときと違って、前後のヒット曲との絡みまでもが聞こえ、ヒットチャートのドラマが生まれてくるのです。

  これが、曲同士、アーティスト同士が何の脈絡もない曲の並んだ「ビルボード・ナンバー・ワン・ソング・リレー」の醍醐味でもあるのです。そうすることで、この並び順に大きな意味が見えきます。これがナンバーワンばかりを集めた曲集でも、トップに立った順番ではなく、バラバラに並べられていると(たとえばアーティスト順とか)、その楽しみが半減してしまいます。

この曲の次に1位になったのがこの曲で、それを抜いたのがこの曲、というようにリレーで聴くからこそ意味があるのです。

 たとえば1973年にはポール・マッカートニーの「マイ・ラヴ」の後を次いだのは、同じファブ・フォーのジョージ・ハリスンが放った「ギヴ・ミー・ラヴ」だったり。1986年のジェネシスの「インビジブル・タッチ」を抜いたのが、ジェネシスを脱退したピーター・ガブリエルの「スレッジ・ハンマー」だったり。これって意図的に組まれた順番ではなく、時代が創り上げたドラマです。たまたまそういうヒットが重なっただけなのに、あまりにも皮肉な順番ではないでしょうか。

  他にもまだチャート上のドラマは隠されて入るんでしょうけど、コレからも何度も何度も繰り返しながらおもしろい発見をするのだろうなぁと、ワクワクしながら現在、過去、そして未来のビルボードを楽しみにしているのです。

 このページでは1994年の全米ナンバーワンソングを紹介します。

  2018年から、ストリーミングデータ(音楽配信)の集計方法を変更しました。また、これまではチャートの日付の1週間前の火曜日(つまり11日前)に発表されていましたが、データ集計から発表までの期間が短くなり、日付の4日前に発表され、よりリアルタイムに近い発表になりました。 たとえば最新チャートなら2021年5月1日、発表は4月27日となります(最新の1位はコチラ)。

Billboard.com|2021/04/30更新|

 20年ぶり(←このように書いてから10年以上経っていますねぇ、しみじみ)にリアルタイムでチャートを追いかけられるようになりました。それにしても音楽性が大きく変わったことに驚いています。最初はとまどいもありましたが「ナンバーワンソングだから」という偏った思考でありながら、聴き続けていると耳に馴染むようになってきました。さすがはビルボード・ナンバー・ワン・ソング!
 何年もの間、図書館も含めたレンタルCDなどで曲の収集をしていましたが、今やネット時代の昨今。日本国内のサイトでは実現はまだまだ先の事でしょうが、海外のサイトではチャートのナンバーワンを始めとする、ほとんどの曲がネット上からダウンロードして聴く事が出来るようになりました。私もその恩恵を受けた一人です。本当ならちゃんとした音質で手元に置いておきたいところですが、まぁ、iPodで聴く分にはmp3で充分かなということで(笑)




Peak ナンバーワンの期間(♪ひとつが1週間、5週目毎に、第1週目のみBillboad.com)
Song 曲目 / アーティスト(オフィシャル・ビデオ)
Writter 作詞・作曲 etc.
Action Top10圏内の動き(Top10圏内初登場の日付)
Weeks Hot100内の総週(初登場と最終位のランクと日付)
Top100 年間チャートの順位



Peak 1993/12/25 - 1994/01/15♪♪♪♪
Song Hero/ Mariah Carey
Writter Mariah Carey, Walter Afanasieff
Action 8(1993/11/20)、7、6、4、3、1、1、1、1、
              2、2、2、4、6、7、10(1994/03/05)
Weeks 30(No.71 ; 1993/10/23 - No.49 ; 1994/05/14)
Top100 No.5 1994

Taken from Album MUSIC BOX



 前作「Dreamlover」と引き継ぐように、Top10入では両者が顔を合わせるように大ヒットとなりました。こちらは更にグッとテンポを落としたバラード。


☆MUSIC BOX
1位、1993/12/25-1994/01/08、01/22-02/05、03/05-03/12♪♪♪♪♪♪)
♪Dreamlover(1位)
♪Hero(1位)
♪Without You(3位)
♪Never Forget Your(3位)
♪Anytime You Need a Friend(12位)


Mariah Carey.com

★マライア・キャリー・ナンバーワン・リスト(1990-1993)
♪Vision Of Love(1990)
♪Love Takes Time (1990)
♪Someday (1991)
♪I Don't Wanna Cry (1991)
♪Emotions (1991)
♪I'll Be There (1992)
♪Dreamlover (1993)
♪Hero (1993/1994)

★ウォルター・アファナシェフ・ナンバーワン・リスト(1993)
♭Dreamlover / Mariah Carey (1993)
♭Hero / Mariah Carey (1993)









Peak 1994/01/22 - 02/05♪♪♪
Song All For Love/ Bryan Adams, Rod Stewart, Sting
Writter Bryan Adams, Robert John"Mutt"Lange, Michael Kamen
Action 10(1993/12/11)、7、5、4、2、2、1、1、1、2、2、4、6、10(1994/03/12)
Weeks 22(No.51 ; 1993/11/27 - No.41 ; 1994/04/23)
Top100 No.8 1994

Taken from Album THE THREE MUSKETEERS



 錚々たる面々が集った一曲で、映画『三銃士』にあやかっての人選なのでしょうが、ちょっと贅沢すぎでは? ケニー・ロギンスに続き、サントラ常連となった感のあるブライアン・アダムスが、いつものチームで書いた曲なので、悪いわけがありません(笑)。そして、それぞれ異なるヴォーカルスタイルを楽しめます。

 ちなみに最もこのポジションから遠ざかっていたロッドは1979年のDa Ya Think I'm Sexy?以来15年ぶりの返り咲きです。一方スティングはポリス時代の1983年のEvery Breath You Takeと、ダイアー・ストレイツがMoney For Nothingでちょい借りしてくれたおかげで9年ぶりとなりました。面白いのは、この楽曲が1位になった記録として、プロデューサーのロバート・ジョン・マット・ランジが5曲と最も多く獲得していることではないでしょうか? ビルボードのチャートを聴いて(眺め)いると、こうした裏方も表(アーティスト)も同等に扱ってしまうところにも楽しみが隠れていると思います。

 なお、この曲がTop10入りしている際、ブライアンの♪Please Forgive Meが同時にランクインし最高位7位(1994/01/22)を記録しました。



THE THREE MUSKETEERS(101位
♪All For Love/ Bryan Adams, Rod Stewart, Sting(1位)

Rod Stewart.com

★ロッド・スチュワート・ナンバーワン・リスト(1971-1994)
♪Maggie May (1971)
♪Tonight's The Night (Gonna Be Alright) (1976)
♪Do Ya Think I'm Sexy?(1979)
♪All For You / Bryan Adams, Rod Stewart, Sting (1994)


Sting.com

★スティング・ナンバーワン・リスト(1983-1994)
♪Every Breath You Take / The Police (1983)
♪Money For Nothing / Dire Straits (1985)
♪All For You / Bryan Adams, Rod Stewart, Sting (1994)


Bryan Adams.com

★ブライアン・アダムス・ナンバーワン・リスト(1985-1994)
♪Heaven (1985)
♪(Everything I Do)I Do It For You (1991)
♪All For You / Bryan Adams, Rod Stewart, Sting (1994)


★ロバート・ジョン・マット・ランジ・ナンバーワン・リスト(1984-1991)
♭Caribbean Queen (No More Love On The Run) / Billy Ocean (1984)
♭Get Outta My Dreams, Get Into My Car / Billy Ocean (1988)
♭Love Bites / Def Leppard(1988)
♭(Everything I Do)I Do It For You / Bryan Adams (1991)
♭All For You / Bryan Adams, Rod Stewart, Sting (1994)

Michael Kamen.com

★マイケル・カーメン・ナンバーワン・リスト(1991-1994)
♭(Everything I Do)I Do It For You / Bryan Adams (1991)
♭All For You / Bryan Adams, Rod Stewart, Sting (1994)







Peak 1994/02/12 - 03/05♪♪♪♪
Song The Power Of Love/ Celine Dion
Writter Gunther Mende, Candy DeRouge, Jennifer Rush, Mary Susan Applegate
Action 10(1994/01/22)、4、3、1、1、1、1、
              2、2、4、4、4、5、7、6、9(1994/05/07)
Weeks 33(No.90 ; 1993/11/27 - No.48 ; 1994/07/09)
Top100 No.4 1994

Taken from Album THE COLOUR OF MY LOVE



 英国で1984年にシンガー・ソング・ライターであるジェニファー・ラッシュが大ヒットさせた楽曲。それを故ローラ・ブラニガンが1987年にカヴァー(私はローラのカヴァーが好きです)し、三度も大物アーティスト(しかも歌がうまい!)にレコーディングされ、シングルカットされた恵まれた楽曲。そしてそれが歌姫セリーヌにとって初の全米ナンバーワンヒット(ちなみにセリーヌはフランス系カナダ人です)。

Celine Dion.com

☆THE COLOUR OF MY LOVE(4位
♪When I Fall in Love(23位)
♪The Power of Love(1位)
♪Misled(23位)
♪Think Twice(9位)
♪Only One Road(93位)








Peak 1994/03/12 - 04/02、05/07 - 05/14 ♪♪♪♪♪ Year End No.1 of 1994
Song The Sign/ Ace Of Base
Writter Jonas Berggren
Action 5(1994/02/05)、5、3、2、2、1、1、1、1、2、2、2、2、1、1、
                      2、3、3、5、8、8(1994/06/25)
Weeks 41(No.68 ; 1994/01/01 - No.50 ; 1994/10/08)
Top100 No.1 1994

Taken from Album THE SIGN



 スウェーデンのグループというだけで「アバ?」と思う人は、もうかなり昔の人(笑)。しかし、このエース・オブ・ベーブはまったく同じ編成の4人組グループ。アメリカ人が好みなのか、スウェーデン人の伝統なのか(笑)。とにかく、この不思議なグルーブ感(レゲエ)に遣られたって感じでしょうか? それにしても13週に渡り1、2位をキープし見事年間のナンバーワンも取りました。

Ace Of Base.com

☆THE SIGN(1位、1994/04/02、06/11♪♪)
♪All That She Wants(2位)
♪The Sign(1位)
♪Don't Turn Around(4位)
♪Living in Danger(20位)








Peak 1994/04/09 - 04/30 ♪♪♪♪
Song Bump n' Grind/ R.Kelly
Writter R.Kelly
Action 6(1994/05/12)、5、2、2、1、1、1、1、2、2、5、8(1994/05/28)
Weeks 25(No.59 ; 1994/02/05 - No.38 ; 1994/07/23)
Top100 No.11 1994

Taken from Album 12 PLAY



 タイトルのGrindを初めて知ったのはスキッド・ロウのセカンドがヘヴィメタ・バンドで史上初のアルバム初登場ナンバーワン(1991/06/29)となった時でした。アルバムで使われている意味も、R・ケリーの方も、口に出せる意味(でもないか…)ではないようですが、歌の世界ではわりかしポピュラーな使い方されてますよね。


R.Kelly.com

☆12 PLAY(2位
♪Sex Me(20位)
♪Bump n' Grind(1位)
♪Your Body's CallinSex Me(13位)
♪Summer Bunnies(55位)








Peak 1994/05/21 - 07/30 ♪♪♪♪♪♪♪♪
Song I Swear/ All-4-One
Writter Gary Baker, Frank J.Myers
Action 8(1994/05/14)、1、1、1、1、1、1、1、1、1、1、1、
                      2、2、5、5、6、8(1994/09/10)
Weeks 30(No.72 ; 1994/04/23 - No.50 ; 1994/11/12)
Top100 No.2 1994

Taken from Album ALL-4-ONE



 しっかりとしたハーモニーを聴かせてくれるオール・フォー・ワンの初ナンバー・ワンは、カントリー・シンガー ジョン・マイケル・モンゴメリーがオリジナル(42位)のカヴァーで、カントリーチャートではナンバー・ワンに(1994/02/05)。11週に渡りキープとなりましたが、オリジナルがカントリーでR&Bがカヴァーすると大ヒットという図式は、ドリー・パートン→ホイットニー・ヒューストンに次2組目。ちなみにグラミーではジョン・マイケル・モンゴメリーがオリジナルということで、ベスト・カントリー・ソングで受賞。


All 4 One.com

☆ALL-4-ONE(7位
♪So Much In Love(5位)
♪I Swear(1位)
♪(She's Got) Skillz(57位)

1994年度第37回グラミー
♪Best Pop Performance By A Duo Or Group With Vocal; I Swear
♪Best Country Song; Gary Baker & Frank J. Myers, songwriters (John Michael Montgomery)








Peak 1994/08/06 - 08/20 ♪♪♪
Song Stay (I Missed You) / Lisa Loeb & Nine Stories
Writter Lisa Loeb
Action 10(1994/06/25)、8、5、4、2、2、1、1、1、
                  2、2、2、2、2、4、7(1994/10/08)
Weeks 30(No.74 ; 1994/05/07 - No.50 ; 1994/11/26)
Top100 No.6 1994

Taken from Album REALITY BITES



 ウィノナ・ライダー主演の『リアリティ・バイツ』の挿入曲。歌っているのはリサ・ローブ。その歌い声や、サウンドスタイルからは、1980年代後半に流行った女性シンガーのスタイルが伺えます。そよ風のようなアコースティックサウンドを基調とした感じの。私は最初、エディ・ブリッケルが歌っているんじゃないかと思ったぐらいです。なお、大手レーベルからリリースされなかったという異例のナンバーワンソングとして知られています。

Lisa Loeb.com

☆REALITY BITES(13位
♪Stay (I Missed You) / Lisa Loeb & Nine Stories(1位)








Peak 1994/08/27 - 11/26 ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
Song I'll Make Love To You/ Boyz II Men
Writter Babyface
Action 2(1994/08/20)、1、1、1、1、1、1、1、1、1、1、1、1、1、1、
                  4、5、6、6、7、9、4、10(1995/01/14)
Weeks 33(No.31 ; 1994/08/13 - No.49 ; 1995/03/25)
Top100 No.3 1994

Taken from Album II

Boyz II Men.com

 久々のロングラン。しかも前回の同ポジションよりも1週増え14週連続1位はホイットニーに並びました。そして2曲連続での10週越えは初の快挙です。しかも、これだけのヒットにも関わらず年間チャートの3位というのも謎が多いチャートです(笑)。ベビーフェースには久々の着地地点。10週を超えてのキープはAll 4 Oneの11週に次いで2曲目で14週の座は3曲目。


14週
♪I Will Always Love You/ Whitney Houston(1992/1993)
♪I'll Make Love To You/ Boyz II Men(1994)
13週
♪End Of The Road/ Boyz II Men(1992)

☆II(1位、1994/09/17 - 09/24、10/08、10/29、1995/03/11♪♪♪♪
♪4 Seasons Of Loneliness(1位)
♪A Song For Mama(7位)
♪I'll Make Love To You(1位)
♪On Bended Knee(1位)

1994年度第37回グラミー
♪Best R&B Performance By A Duo Or Group With Vocal ; I'll Make Love To You
♪Best Rhythm & Blues Song ; I'll Make Love To You
♪Best R&B Album 

★ボーイズ II メン・ナンバーワン・リスト(1990-1994)
♪End Of The Road(1992)
♪I'll Make Love To You (1994)
★ベビーフェース・ナンバーワン・リスト(1990-1997)
♭Nothings Gonna Stop Us Now / Starship (1987)
♭Look Away / Chicago (1988)
♭When I See You Smile / Bad English (1989)
♭Blame It on the Rain / Milli Vanilli(1989)
♭I'll Make Love To You / Boyz II Men (1994)








Peak 1994/12/03 - 12/10、12/31 - 1995/01/21 ♪♪♪♪
Song On Bended Knee/ Boyz II Men
Writter Jimmy Jam, Terry Lewis
Action 3(1994/11/29)、1、1、2、2、1、1、1、1、
                  2、2、2、3、3、3、7、10(1995/03/18)
Weeks 27(No14 ; 1994/11/19 - No.46 ; 1995/05/20)
Top100 No.5 1995

Taken from Album II

Boyz II Men.com

 最強のコーラスグループと言う範疇に収まらず、ポップアーティストとしても不動の地位を築いてしまったボーイズ。自らの最長ランクである前曲を自らの曲で蹴落としてのナンバーワンです。

☆II(1位、1994/09/17 - 09/24、10/08、10/29、1995/03/11♪♪♪♪
♪4 Seasons Of Loneliness(1位)
♪A Song For Mama(7位)
♪I'll Make Love To You(1位)
♪On Bended Knee(1位)

1994年度第37回グラミー
♪Best R&B Performance By A Duo Or Group With Vocal ; I'll Make Love To You
♪Best Rhythm & Blues Song ; I'll Make Love To You
♪Best R&B Album 

★ボーイズ II メン・ナンバーワン・リスト(1990-1995)
♪End Of The Road(1992)
♪I'll Make Love To You (1994)
♪On Bended Knee(1994/1995)
★ジミー・ジャム・ナンバーワン・リスト(1990-1995)
♭Escapade / Janet Jackson(1990)
♭That's The Way Love Goes (1993)
♭On Bended Knee / Boyz II Men (1994/1995)
★テリー・ルイス・ナンバーワン・リスト(1986-1997)
♭When I Think Of You / Janet Jackson(1986)
♭Human / Human League(1986)
♭Miss You Much / Janet Jackson(1989)
♭Escapade / Janet Jackson(1990)
♭Romantic / Karyn White(1991)
♭That's The Way Love Goes / Janet Jackson(1993)
♭Again / Janet Jackson(1993)
♭On Bended Knee / Boyz II Men (1994/1995)








Peak 1994/12/17 - 12/24 ♪♪
Song Here Comes The Hotstepper/ Ini Kamoze
Writter Ini Kamoze, Chris Kenner, Kenton Nix, Salaam Remi
Action 10(1994/10/29)、5、4、2、2、2、2、1、1、2、3、5、6、6、9(1995/02/04)
Weeks 30(No.97 ; 1994/09/17 - No.49 ; 1995/04/08)
Top100 No.24 1995

Taken from Album HERE COMES THE HOTSTEPPER



 08/27から続いたボーイズIIメンの大記録(よもや22週連続ナンバーワン)を途中で阻止した形となったヒット曲。ジャケットの頭から察するところのレゲエ節全開。ですが、オープニングから「ダンス天国(Land Of A Thousand Dance)」が使われ、それ以外にもサンプリングされています。アレンジの勝利って言うところでしょうかねぇ(笑)

Ini Kamoze.com

☆HERE COMES THE HOTSTEPPER(1位、1994/05/06 Reggae Album Chart)
♪Here Comes The Hotstepper/ Ini Kamoze(1位)





1994年度第37回グラミー主要四部門受賞アーティストおよび作品
♪Record Of The Year ; All I Wanna Do/Sheryl Crow
♪Album Of The Year ; MTV Unplugged/Tony Bennett
♪Song Of The Year ; Streets Of Philadelphia/Bruce Springsteen
♪Best New Artist ; Sheryl Crow
 



Billboard Year-End Hot 100 Singles Of 1994
No.
chart
song
artists
1
1
The Sign
Ace Of Base
2
1
I Swear
All-4-One
3
1
I'll Make Love to You
Boyz II Men
4
1
The Power of Love
Celine Dion
5
1
Hero
Mariah Carey
6
1
Stay (I Missed You)
Lisa Loeb & Nine Stories
7
3
Breathe Again
Toni Braxton
8
1
All For Love
Bryan Adams, Rod Stewart & Sting
9
2
All That She Wants
Ace Of Base
10
4
Don't Turn Around
Ace Of Base


 年間チャートのTop10に3曲もランクインさせたAce Of Base。同一アーティストが3曲以上年間チャートTop10という記録は、1978年のビージーズ以来。しかし、この1978年のビージーズ現象は異常で、他にも弟アンディが2曲ランクインしているので、アーティスト以外でソングライターとしてバリー・ギブが5曲(なんと半分!)を占めるという快挙。これは今もって破られていません。




 ビルボードでナンバーワンソングになったかならなかったかは、「金メダルと銀メダル」の違いほどの差があるようです。たかがチャート上の話ですが、聴き手も「1位」と「2位」を意識させられてしまいます(私か? メディアに踊らされてるなぁ)。さて、コチラ(1994)ページでは全米ナンバーワンになれなかった曲を紹介します。

もどる1994年レビューアルバムチャート

home(一番星のなる木)