iPodに入れて楽しんでいたビルボードNo.1ソングでしたが、2008年にiPhoneを購入し、今までのiPodよりも容量が大きいので新しく入れ直しました。せっかくだからと自分用のリストを作ろうと思い立ったのがこのページです。(でも初代iPhoneだから容量が小さくて、もう1000曲を超えるナンバーワンソングに、1位になれなかった2位の曲まで入っているから、もうパンパン状態です。次をなんとか考えなくちゃ…)

 私がチャートをリアルタイムで聞いていたのは1983年暮れ。イエスの“ロンリー・ハート”が上位にねらいを付けている頃でした。その頃聴いていたのは湯川れい子さんがDJを務める「アメリカントップ40」でしたが、まだその番組を知らず、FM東京でオンエアされていたキャッシュボックス誌のチャートでした。DJは声優の野沢那智さんでした。

 そして本格的にチャートを聴くようになったのは“ロンリー・ハート”がナンバーワンにになった頃。その後、私が洋楽にのめり込むきっかけを作った出来事が英国で始まりました。ボブ・ゲルドフが提唱した「バンド・エイド」このイベントのおかげで、芋蔓式に(そして今もそのスタイルであれやこれやと手を出してしまう癖が付いてしまった)アーティストからアーティストへと繋がっていったのです。 ブルース・スプリングスティーンがかつて語ったように、「3分間のレコードから世の中を知った」ということを身をもって感じました。これからも私はロックと共に転がり続けてゆくのだと思います。

 たかがヒットチャートですが、その時その時に流行っていた曲を聴けば時代が見えてくる。個人的には当時の自分も見えてきます。こう書くとオーバーなと笑われるかもしれませんが、特定のアーティストのアルバムを丸々聴いているときと違って、前後のヒット曲が絡んで聞こえ、ヒットチャートのドラマが生まれてくるのです。これが、何の脈絡もない曲で並んだ「ビルボードナンバーワンソングリレー」の醍醐味でもあるのです。そして、この並び順に大きな意味が見えきます。これがナンバーワンばかりを集めた曲集でも、トップに立った順番ではなく、バラバラに並べられていると(たとえばアーティスト順とか)、その楽しみが半減してしまいます。

この曲の次に1位になったのがこの曲で、それを抜いたのがこの曲、というようにリレーで聴くからこそ意味があるのです。

 たとえば1973年にはポール・マッカートニーの「マイ・ラヴ」の後を次いだのは、同じファブ・フォーのジョージ・ハリスンが放った「ギヴ・ミー・ラヴ」だったり。
1986年のジェネシスの「インビジブル・タッチ」を抜いたのが、ジェネシスを脱退したピーター・ガブリエルの「スレッジ・ハンマー」だったり。これって意図的に組まれた順番ではなく、時代が創り上げたドラマです。たまたまそういうヒットが重なっただけなのに、あまりにも皮肉な順番ではないでしょうか。
他にもまだドラマは隠されて入るんでしょうけど、コレからも何度も何度も繰り返しながらおもしろい発見をするのだろうなぁと、ワクワクしながら現在、過去、そして未来のビルボードを楽しみにしているのです。

 このページは1959年の全米ナンバーワンソング16曲を紹介します。約20年ぶりにリアルタイムでチャートを追いかけられるようになりました。それにしても音楽性が大きく変わったことに驚いています。最初はとまどいもありましたが、「ナンバーワンソングだから」という偏った思考でありながら、聴き続けていると耳に馴染むようになってきました。さすがはビルボードナンバーワンソング! 今まではレンタルCDなどで曲の収集をしていましたが、ネット時代の昨今、日本国内のサイトでは実現はまだまだ先の事でしょうが、海外のサイトではチャートのナンバーワンを始めとする、ほとんどの曲がネット上からダウンロードして聴く事が出来るようになりました。私もその恩恵を受けた一人です。本当ならちゃんとした音質で手元に置いておきたいところですが、まぁ、iPodで聴く分にはmp3で充分かな(笑)

なお、ビールボードのネット上でのランキング発表は、1週間前の木曜日に発表されます。たとえば2014年12月20日付のチャートであれば12月11日に発表されることになります。

Billboard.com|2014/12/11更新|
Peak ナンバーワンの期間 ♪ひとつが1週間、5週目毎にです。
Song 曲目 / アーティスト
Writter 作詞・作曲 etc.
Action Top10圏内の動き(Top10圏内初登場の日付)
Weeks *最新チャートにてランク中
Top100 年間チャートの順位


Peak 1958/12/27-1959/01/12 ♪♪♪♪
Song The Chipmunk Song (Christmas Don't Be Late) / David Seville & The Chipmunks
Writter Ross Bagdasarian
Action 10(1958/12/20)、1、1、1、1、3(1959/01/19)
Weeks 13
Top100 No. 1959
アルヴィンが大活躍の回転速度を速めた愉快なレコード。いかにもアメリカ的な大ヒット。とはいえ、これに触発されたのが、何を隠そう「帰ってきたヨッパライ」でしょう。


Peak 1959/01/19-02/02 ♪♪♪
Song Smoke Gets In Your Eyes / The Platters
Writter Otto Harbach, Jerome Kern
Action 6(1958/12/22)、2、2、2、2、1、1、1、4、4(1959/02/21)
Weeks 19
Top100 No. 1959
邦題「煙が目にしみる」で知られた名曲。プラッターズと言ったらまず思い浮かぶのが「オンリー・ユー」の方でしょうが、実力グループなだけに、他にも聞かせてくれる名曲を数多く残してくれています。


Peak 1959/02/09-03/02♪♪♪♪
Song Stagger Lee / Lloyd Price
Writter Jiles Perry 'J. P.'Richardson, Jr.
Action 9(1959/02/19)、5、5、1、1、1、1、3、5、8(1959/03/23)
Weeks 21
Top100 No. 1959


Peak 1959/03/09-04/06♪♪♪♪
Song Venus / Frankie Avalon
Writter Ed Marshall
Action 7(1959/03/02)、1、1、1、1、1、2、2、3、9(1959/05/04)
Weeks 28
Top100 No. 1959
過剰なまでのエコーが、当時の「ステレオ」感を言い表しているかのようです。


Peak 1959/04/13-05/04♪♪♪♪
Song Come Softly To Me / The Fleetwoods
Writter Gretchen Christopher, Barbara Ellis, and Gary Troxel
Action 6(1959/03/23)、2、2、1、1、1、1、3(1959/05/11)
Weeks 16
Top100 No. 1959
映画「夏の日の恋」のテーマ曲。


Peak 1959/05/11♪
Song The Happy Organ / Dave 'Baby' Cortez
Writter Dave 'Baby' Cortez, Kurt Wood
Action 6(1959/04/272)、2、1、3、6、10、10(1959/06/08)
Weeks 17
Top100 No. 1959


Peak 1959/05/18-05/25♪♪
Song Kansas City / Wilbert Harrison
Writter Jerry Leiber, Mike Stoller
Action 6(1959/05/11)、1、1、2、4、5、5(1959/06/22)
Weeks 16
Top100 No. 1959


Peak 1959/06/01-07/06 ♪♪♪♪
Song The Battle Of New Orleans / Johnny Horton
Writter Jimmy Driftwood
Action 7(1959/05/23)、2、1、1、1、1、1、1、2、2、2、4、7(1959/08/15)
Weeks 21
Top100 No. 1959


Peak 1959/07/13-08/03 ♪♪♪♪
Song Lonely Boy / Paul Anka
Writter Dallas Frazier
Action 8(1959/06/20)、4、3、2、1、1、1、1、2、5(1959/08/22)
Weeks 15
Top100 No. 1959


Peak 1959/08/10-08/17 ♪♪
Song A Big Hunk o' Love / Elvis Presley
Writter Aaron Schroeder, Sidney Wyche
Action 9(1959/07/25)、5、2、1、1、4(1959/08/29)
Weeks 14
Top100 No. 1959


Peak 1959/08/24-09/14 ♪♪♪♪
Song The Three Bells / The Browns
Writter Bert Reisfeld, Melody Maids
Action 7(1959/08/22)、1、1、1、1、2(1959/09/26)
Weeks 17
Top100 No. 1959


Peak 1959/09/21-09/28 ♪♪
Song Sleep Walk / Santo & Johnny
Writter Santo Farina, Johnny Farina
Action 8(1959/08/29)、3、2、2、1、1、3、4、6(1959/10/24)
Weeks 18
Top100 No. 1959
この曲を最初に聴いたのは、ジェフ・ベックが映画『ポーキーズ』のためにレコーディングしたヴァージョンでした。その頃は、ロッカー達に懐古趣味があったのか、ロバート・プラントはハニー・ドリッパーズを結成したり、デビッド・リー・ロスがビーチ・ボーイズと組んで(結局ヴァン・ヘイレンを脱退)みたり。そのサントラには同じくロバート・プラントがフィル・コリンズと組んだ覆面バンドがいたりと。そのオリジナルがこれだったと分かったときは、「いやぁ〜、ロックはやっぱり良いなぁ」と一人悦に入ったモノでした(笑)。


Peak 1959/10/05-11/09、11/23-12/07 ♪♪♪♪♪♪♪♪
Song Mack The Knife / Bobby Darin
Writter Kurt Weill, Bertolt Brecht
Action 9(1959/09/19)、7、2、1、1、1、1、1、1、2、1、1、1、3、7、8(1960/01/02)
Weeks 26
Top100 No. 1959
 都合9週間ナンバーワンにとどまった古典、クルト・ワイルの『三文オペラ』から。


Peak 1959/11/16 ♪
Song Mr.Blue / The Fleetwoods
Writter DeWayne Blackwell
Action 8(1959/10/10)、3、3、2、2、2、1、2、3、3、2(1960/01/02)
Weeks 20
Top100 No. 1959



Peak 1959/12/14-12/21 ♪♪
Song Heartaches By The Number / Guy Mitchell
Writter Harlan Howard
Action 10(1959/11/14)、5、4、4、2、1、1、6、6、10(1960/01/16)
Weeks 20
Top100 No. 1959

 

Peak 1959/12/28 ♪
Song Why / Frankie Avalon
Writter Robert Bob Marcucci, Peter de Angelis
Action

5(1959/12/19)、2、1、2、2、2、3、6、9(1960/02/13)

Weeks 16
Top100 No.24 1960

 



 


 ビルボードでナンバーワンソングになったかならなかったかは、「金メダルと銀メダル」の違いほどの差があるようです。たかがチャート上の話ですが、聴き手も「1位」と「2位」を意識させられてしまいます(私か? メディアに踊らされてるなぁ)。 

さて、コチラ(1959)ページでは全米ナンバーワンになれなかった曲を紹介します。


もどるhome1959年レビュー|

1959年度第3回グラミー主要四部門受賞アーティストおよび作品
♪Record Of The Year ; Mack The Knife/Bobby Darin
♪Album Of The Year ; Come Dance With Me/Frank Sinatra
♪Song Of The Year ; The Battle Of New Orleans/Jimmy Driftwood
♪Best New Artist ; Bobby Darin