星と天界の音楽と(星のソムリエのブログ)


音楽史の♪はディスク紹介を兼ねています
 
ゲオルク・フィリップ・テレマン誕生(1681-1767)
 
- - -
  - - -
  - - -

 
- - -
 
- - -
  周期彗星の発見(ハリー)
- - -
* 

 
- - -
 
- - -
  黄道光は宇宙現象であることを確認(カッシーニ)

パリ子午線決定(ライール、カッシーニ)

  地磁気の研究(ハリー)
  日本初の天文方の誕生(渋川春海)

 
- - -
 
- - -
  子午儀発明(レーマー)
  万有引力の法則の証明終わる(ニュートン)
  貞享暦制定(渋川春海)

 
ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル誕生(1685-1759)
 
ヨハン・ゼバスティアン・バッハ誕生(1685-1750)
 
ドメニコ・スカルラッティ誕生(1685-1757)
  シリウスの距離を太陽までの95万倍と計算(ニュートン)
  望遠鏡に運転時計を初めて取り付ける(カッシーニ)
  南アフリカで天体観測開始(タッチャード)

 
- - -
 
- - -
  金星衛星の観測報告(カッシーニ)
 
太陽系内の微小天体が地球に落下したものが流星と推論(ハリー)
  χCyg(はくちょう座)の変光発見(キルヒ)
  惑星に生物がいると主張(フォンテネル)
  積分法発明(ライプニッツ)

 
- - -
 
- - -
  『プリンピキア』出版(ニュートン)
 
- - -

 
- - -
 
- - -
  化石と地球史の関係を調べる(フック)
 
- - -

 
- - -
 
- - -
 

本所に天文台設置(渋川春海)


 
- - -
 
- - -
  木星の自転速度は第II系より第I系が速いことを発見(カッシーニ)
  複屈折を理論的に初めて説明(ホイヘンス)
  天王星の最も古い観測(フラムスティード)
  リヨン天文台設立(フランス)


|1671 - 1680|天文学史と音楽史1691 - 1700


〜 参考資料 〜

♪ 音楽史 ♪

クラシック作曲家辞典(監修:中川原理/フェニックス企画編)
クラシック作曲家大全(監修:ジョン・バロウズ、日本語監修:芳野靖夫/日東書院)
詳説総合音楽史年表(皆川達夫、倉田善弘監修/教育芸術社)


★ 天文学史 ★

星の年表(斉田博/誠文堂新光社)
天文学事典(公益社団法人 日本天文学会)
天文学史(中山茂編/恒星社)
天文学人名辞典(中山茂編/恒星社)
星百科大事典(リチャード・バーナム著/斉田博訳/地人書館)
宇宙の謎(ポール・マーディン/冨永星訳/岩波書店)
科学の歴史 科学万博ーつくば'85出版(日本アイ・ビー・エム株式会社)
江戸の化学大図鑑(河出書房新社)
彗星探検(縣秀彦/二見書房)


「明けの水星」
Photo by Toshiharu Minagawa, 2022.


星、宇宙がテーマの音楽集

もどる(天文学史と音楽史)home(一番星のなる木)