Photo by Toshiharu Minagawa

WH-1102
DRASTIC MEASURES /Michael Manring -1991-

Produced by Steve Rodby.
All songs written by Michael Manring.
except where noted.

1991 Windham Hill Records.

01.Spirts In the Material World (Sting)
02.Hopeful
03.Red Right Returning
04.Gizmo
05.Oyasumi Nasai
06.Purple Haze (Jimi Hendrix)
07.Deja Voodoo
08.Watson & Crick
09.Wide Asleep
10.500 Miles High (Chick Corea)
11.When Last We Spoke

01.Spirts In the Material World
Michael Manring ; Fletress Bass / Paul McCandless ; Woodwind
Clifford Carter ; Piano / Mark Walker ; Drums / Tom Miller ; Percussion / Fred Simon ; Synthesizeron

02.Hopeful
Michael Manring ; Fletress Bass/ Paul McCandless ; Woodwind
Steve Robdy ; Synthesizer, Low Bass / Tom Miller ; Percussion

03.Red Right Returning
Michael Manring ; Fletress Bass

04.Gizmo
Michael Manring ; Fletress Bass / Mark Walker ; Drums / Tom Miller ; Steel Pans, Percussion
Steve Robdy ; Low Bass / Paul McCandless ; Woodwind / Clifford Carter ; Piano

05.Oyasumi Nasai
Michael Manring ; Fletress Bass / Paul McCandless ; Woodwind
Steve Robdy ; Low Bass / Tom Miller ; Percussion

06.Purple Haze
Michael Manring ; Fletress Bass

07.Deja Voodoo
Michael Manring ; Fletress Bass / Paul McCandless ; Woodwind / Clifford Carter ; Piano
Mark Walker ; Drums / Tom Miller ; Steel Pans, Percussion

08.Watson & Crick
Michael Manring ; Fletress Bass

09.Wide Asleep
Michael Manring ; Fletress Bass/ Paul McCandless ; Woodwind / Clifford Carter ; Piano
Steve Robdy ; Synthesizer, Low Bass / Mark Walker ; Drums / Tom Miller ; Steel Pans, Percussion

10.500 Miles High
Michael Manring ; Fletress Bass

11.When Last We Spoke
Michael Manring ; Fletress Bass/ Paul McCandless ; Woodwind / Clifford Carter ; Piano
Fred Simon ; Synthesizeron / Mark Walker ; Drums / Tom Miller ; Steel Pans, Percussion


 ウィンダム・ヒル・ファン以外にも、その才能とテクニックが知れ渡るようになったためか、前二作と違い今回はロック・スピリットを打ち出した作品集です。とはいえ、このアルバムをリリースした数年後に『THONK』というアルバムでは、更にハードな面を前面に打ち出した楽曲を演奏しています。
 オープニングはポリスの“マテリアル・ワールド”と意表をついた曲で始まり、ジミ・ヘンドリックスの“紫の煙”や、チック・コリアの“500マイル”のカヴァーが選曲されていることも特筆されます。

 たとえば2曲目の“Hopeful”など、『WINTER'S SOLSTICE II』に収録されている美しいメロディを持ったピアノ曲として発表済みであるにもかかわら今回はバンド形式で演奏していて、コンポーザーとしての非凡な一面と、類い希なるパフォーマーという、それぞれの面を合わせ持ったすばらしいアーティストであるマイケルを楽しむことが出来ると思います。メロディを奏でる楽器が異なるだけで、こうも雰囲気が変わるものでしょうか。また、4曲目に収録されている「Gizmo」は、David Cullenとのデュオアルバムでもリ・レコーディングされています。

 今回のレコーディングメンバーは、1stからのつき合いでレーベルメイトでもあるポール・マッキャンドレス、久しぶりに名前を聞くフレッド・サイモンも、ウィンダム・ヒル・ファンにとって嬉しい参加でしょう。(フレッドはすでにレーベルを去っています)
 お目当てのベースソロは3、6、8、10で、今まで通り一発取りで、オーバーダビングはしていない(重ね録りなし)というクレジット付きで、クレジットを見てニヤニヤしています。今回は彼の得意であったピアノを演奏していない(クリフォード・カーターに譲っている)のは、ベースに打ち込みたかったからではないでしょうか。


〜Discography〜
Windham Hill;
UNUSUAL WEATHER(1985)
・SIGN LANGUAGE / MONTREUX(1987)
TOWARD THE CENTER OF THE NIGHT(1989)
・LET THEM SAY / MONTREUX(1989)
・DRASTIC MEASURES (1991)

Other Label;
THONK(1994)
THE BOOK OF FLAME(1998)
・DARK MATTER / Cloud Chamber(1998)
・equilibre / David Cullen Michael Manring (2000)
・THE IDIOT KING / Attention Dificit(2001)
ADDITION BY SUBTRACTION / McGill/Stevens/Manring(2001)
CONTROLLED BY RADAR / McGill/Stevens/Manring(2001)
・SOLILOQUY(2005)
DEMANIA / DeGrassi/Manring/Garsia(2006)

2008年現在、マンリングのディスコグラフィーです。
セッションは多数参加しているため割愛させてもらいます(笑)。