ウィンダム・ヒルの掲示板
Photo by Toshiharu Minagawa.

WH-1088
UPRIGHT/ Philip Aaberg

Produced by Philip Aaberg and William Ackerman.
Mixed by Csaba Petocz.
Mastered by Bob Ludwig.
Recorded at Capital Studio B.

All songs written by Philip Aaberg.

1989 Windham Hill Records.

 

 

01.Uplight
Philip Aaberg; Piano / John Clayton : Uplight Bass

02.As If We Didn't Know
Philip Aaberg; Piano
George Doering : Electric Guitar / Dean Parks : Acoustic Guitar
Don Falzone : Upright Bass / Vinnie Colaiuta : Drums

03.Every Deep Dream
Philip Aaberg; Piano
George Doering : Electric Guitar / Dean Parks : Acoustic Guitar
Don Falzone : Upright Bass / Vinnie Colaiuta : Drums

04.Slow Dance
Philip Aaberg; Piano
George Doering : Electric Guitar / Dean Parks : Acoustic Guitar
Don Falzone : Upright Bass / Vinnie Colaiuta : Drums

05.Oh, Yes
Philip Aaberg; Piano

06.Welcome to the Church of St.Anytime
Philip Aaberg; Piano

07.New Life, New Blues
Philip Aaberg; Piano

08.Why
Philip Aaberg; Piano

09.Not Wot I Thot
Philip Aaberg; Piano
John Clayton : Uplight Bass / Vinnie Colaiuta : Drums

10.Frogman
Philip Aaberg; Piano / Vinnie Colaiuta : Drums

11.The View From Pony, Montana
Philip Aaberg; Piano

12.Crying Smile
Philip Aaberg; Piano

13.Slow Dance
Philip Aaberg; Piano

14.Thanks
Philip Aaberg; Piano

 
 
 
 

ジョージ・ウィンストンから大プッシュを受けてウィンダム・ヒル・デビューを果たしてから4年。すでに3rdアルバムとなるフィルですが、アルバムのクレジットに

For youthful inspiration : Jerry Lee Lewis, Jimmy Johnson, Floyd Cramer, Otis Spann, Professor Longhair, Brian Wilson, Leon Russell, Garth Hudson and Duane Eddy.

とあるように、そうそうたる顔ぶれのミュージシャンたちの名前が列挙されています。

Jerry Lee Lewis、Brian Wilson(ビーチ・ボーイズ)、Leon Russell、Garth Hudson(ザ・バンド)、Duane Eddyは洋楽を聴く人には知らない人はいないぞ、というぐらいのロックの基礎を作り上げてきた有名人ですね(笑)
Jimmy Johnsonは日本での知名度こそ低いものの60年代後半から活動している5弦ベーシスト。
Floyd Cramerはジャズピアニスト、
Otis Spannはブルースピアニスト。私はピーター・グリーンのフリートウッド・マック時代に彼らと共演した『THE BIGGEST THING SINCE COLOSSES...』にしびれっぱなし。
Professor Longhairはジョージ・ウィンストンが敬愛するブルース・ピアニスト。彼ら二人の音楽ルーツに行き着くわけです。

 そんなミュージシャンたちに影響されて今日のフィルがいるわけですが、彼らへのオマージュ作品としての意味合いをもった、彼らしい一枚をリリースしてくれました。しかも初となるウィルとの共同プロデュース。特にウィンダム・ヒルから離れた後のフィルは、自らのレーベルを立ち上げて、ブルースの世界へと戻っていくことを考えると、このアルバムの存在が重要になってきます。
 それまでは「ウィンダム・ヒルらしい」音楽を作ってくれていたわけですが、彼のこれまでのアルバムを聴いていてもわかるとおり、根底にはブルースが流れています。いかにもアメリカ!というような。

 今作では、それが前面に打ち出され、全曲にブルース・フレーバーが漂っています。それはジャケットからも読み取ることができるのですが、アップライトピアノの前にイスが倒れている。つまりはJerry Lee Lewisみたいに、落ち着いて、静かにピアノなんて弾いてられないほどの陽気な音楽がぎっしり詰まっているのです。