ウィンダム・ヒルの掲示板

ALLURE OF SANCTUARY/ Karen Marie Garrett

 

Produced by Will Ackerman.
Mixing by Will Ackerman and Corin Nlesen
at Imaginary Road Studios.
Engineered and Mastered: Corin Nelsen.

Recorded at Skywalker Sound Studios.

2005 Karen Marie Garrett

Karen Marie Garrett

 


♪ ♪ ♪

01. Tip-toe Dancer(Kathryn's Song)
Karen Marie Garrett; Piano

02. Lake EWOK Muse(Karen Marie Garrett/Eugene Friesen)
Karen Marie Garrett; Piano / Eugene Friesen; Cello

03. Simple Things
Karen Marie Garrett; Piano

04. Allure of Sanctuary
Karen Marie Garrett; Piano
Jill Haley; English Horn / Susan Whittle; Vocals

05. Welcome B
Karen Marie Garrett; Piano

06. The Green Hills(Brian Gibson)
Karen Marie Garrett; Piano

07. Gnossienne No.1(Erik Satie )
Karen Marie Garrett; Piano

08. Gnossienne No.2(Erik Satie )
Karen Marie Garrett; Piano

09. Gnossienne No.3(Erik Satie )
Karen Marie Garrett; Piano

10. Will's Song
Karen Marie Garrett; Piano

11. Toll of War(Karen Marie Garrett/Eugene Friesen)
Karen Marie Garrett; Piano / Eugene Friesen; Cello

12. Lake EWOK Muse
Karen Marie Garrett; Piano

 

 まだImaginary Road Studiosが完成していなかった時期に制作されたのか、録音スタジオはSkywalker Sound Studiosで行われました(とはいえ、ユージンのチェロはImaginary Road Studiosで別録りされているので、なんらかの事情があったのでしょう)。そしてトラックにクレジットされているEWOKは、まさに『スター・ウォーズ』のキャラクターとして有名ではないでしょうか。このスタジオはジョージ・ルーカスがハリウッドから逃れるために「映画製作者のユートピア」として作られたSkywalker Ranch(スカイウォーカー農場)の一角に建設されています。
 それはさておき、このアルバムにはウィルにとって運命的な出会いとなった作曲家、エリック・サティの“グノシェンヌ”が収録されています。彼にとってのサティは1979年のビル・クイスト以来のレコーディングという興味深い選曲です。ビル同様、どちらかといえば私情を挟むことなく淡々と奏でられる演奏は、もしかしたらウィルのリクエストなのかもしれません。

 ピアノ・ソロの他、ミスター・チェロマンことEugen Friesenとの共作が2曲(2、11)。クレジットこそされていませんがイングリッシュ・ホーンのJill Haley、そしてのちにウィルの奥様となるSusan Whittleのヴォーカルがタイトルトラックとして収録(4)されています。






Photo by Toshiharu Minagawa.