ウィンダム・ヒルの掲示板

GATHERING PACE/ Relativity

1987 GREEN LINNET

 

Produced by Reletivity.
Exective Producer: Wendy Newton.
Engineered and mixed by Neil Ross.
Assistant Engineer: Beeg Al.
Mastered by Tom Coyne.

01. Blackwell Court/Highland Laddie*/Gilles' Texis/The Double Rise (Phil Cunningham except *)
02. Gathering Pace (Triona Ni Dhomhnaill)
03. Rosc Catha Na Mumhan
04. Miss Tara MacAdam/The First Train To Kyle (John Cunningham)
05. Ma Theid Tu Un Aonaigh
06. Aiun Ni Dhuibhir
07. When She Sleeps (John Cunningham)
08. Said Johnny To Molly
09. The Monday Morning Reel/Cutting A Slide (Phil Cunningham)
/Robert The Minnow (John Cunningham)/Hogties' Reel (Phil Cunningham)
10. Ceol Anna (Phil Cunningham)/A Ribhinn Og Bheil Cuimhn' Agad

John Cunningham; Fiddle, Vocals
Micheal O Domhnaill; Guitar, Vocals
Phil Cunningham; Accordion, Whistles, Synthesizers, Vocals
Triona Ni Dhomhnaill; Clavinet, Synthesizers, Vocals


 オドネル兄妹とカニンガム兄弟が結成したバンドで、ウィンダム・ヒル・ファンとしてはほっておけないグループ。純血アイリッシュの装いです(笑)。しかも2nd。アメリカで活動中のナイトノイズからヴァイオリンのビリー・オスケイとフルートのブライアン・ダニングが、ちょっと休暇しているとか、兄弟が故国に里帰りして、地元で演奏を楽しむといった感じでこちらも、こちらも楽しんでいます。

  それにしてもジャケットがこんなんだし、メンバーの写真は1stみたいに映っていないし、これ、本当に彼らのアルバムなのだろうか… と疑ってしまいましたが、音はなんらナイトノイズとなんら変わらず。オープニングからケルトのダンサブルなアコーディオンに体が自然とリズムを取ってしまいました。ただ、収録曲にはプログレッシブロックのようなアグレッシブに攻めてくる曲もあったり、エレキギターのファズが掛かったサウンドありで、彼らの気分転換なんだろうか、などと様々なことを考えながら聴いています。1stに比べると叙情性が薄らいできた感があり、ナイトノイズではやれなかった音楽を表現しているようです。