ウィンダム・ヒルの掲示板

 

 

CINEMA/ Philip Aaberg -1997-

Produced by Philip Aaberg & Dawn Atkinson.
1992 Windham Hill Records.


01. Cinema Paradiso from "CINEMA PARADISO
(ニュー・シネマ・パラダイス)
02. Sentimental Walk from "DIVA
(ディーバ)
03. Andante Cantabile from "MY BRILLIANT CAREER
(わが青春の輝き)
04. Last Dance/Dexter's Tune from "AWAKENINGS
(レナードの朝)
05. Theme For Naomi Uemura from "THE SOTRY OF NAOMI UEMRA
(植村直己物語)
06. Heaven's Gate from "HEAVEN' S GATE
(天国の門)
07. Love Theme from "ROMEO & JULIET
(ロミオとジュリエット)
08. Madame Sosthene from "BELIZAIRE TH CAJUN"
09. While Thinkin About Her Again/First Youth/Maturity from "CINEMA PARADISO"
(ニュー・シネマ・パラダイス)
10. Converation At The Soda Fountain from "OUR TOWN"
11. Story Our Town from "OUR TOWN"
12. High Plains from "THE SHAKER FILM"
13. From Foreign Lands And People from "MY BRILLIANT CAREER"
(わが青春の輝き)
14. Dr.Sayer from "AWAKENINGS
(レナードの朝)

 

 ジョージ・ウィンストンが作曲面で多大な影響を受け、作曲家としてピアニストとして最大級の賛辞を送っているフィリップ・アーバーグ。そんなフィルが映画をテーマにしたアルバムをレコーディングしてくれたのは1992年でした。彼自身『植村直己物語』の音楽を担当しているので、ファンとしては非常になじみ深い内容に仕上げてくれました。

 ここでは日本未公開作品の映画を含め、彼の選んだ映画が10本14曲が選ばれて、ピアノソロで聴くことができます。映画ファンには、ピアノのシンプルなメロディを聴いて、印象的なシーンを思い出すはずです。この手の音楽は比較的多くのピアニストによってレコーディングされていますが、ここでは何の装飾もなく、透明な音色のピアノだけで演奏しているのが特筆すべき点でしょう。いっさいの感傷を排除(ストリングスなど無く)している分、心に響いてくるのではないでしょうか。個人的に好きなのは『ニューシネマ・パラダイス』(1)と『レナードの朝』(4)で、聴いているうちに映画のワンシーンが流れ出し、知らず知らずのうちに涙が。。。