清明(2020年4月4日) 太陽黄経15度




“万物発して清浄明潔なれば、此芽は何の草としれる也” とあります。 清明とは清浄明潔を略したもので、 万物に生き生きとした気がみなぎってくる頃です。 清新明朗、曇りのない溌剌とした春気。 咲き競う百花が匂う時です。

 

天文学的には 太陽が黄経15度を通過する時をいいます。
(2020/04/04/16h38m)





 

穀雨(2020年4月19日)太陽黄経30度

 



【暦便覧】には、 “春雨降りて百穀を生化すれば也” とあります。穀雨とは百穀を潤す春雨のこと。 準備が整った田畑を浸す雨は 穀物の生長に効果をもたらします。 雨の恵を受けたい黒い土からは、 「春の汗」を誘う陽炎がたちのぼる頃です。

天文学的には 太陽が黄経30度を通過する時をいいます。
(2020/04/19/23h45m)

 

 

〜参考書〜
暦の風景(SEISEISHA):野呂希一・荒井和生
天文年鑑2020(誠文堂新光社)
国立天文台天文情報センター暦計算室

〜写真〜
皆川敏春

 

冬の王者オリオンも春霞にまかれ西に傾く