白露(9月7日) 太陽黄経165度

【暦便覧】には、“陽気ようやく重なりて露にごりて白色となれば也”とあります。白露とは「しらつゆ」のこと。秋気がさわやかに澄み渡り、木々草花に宿るしらつゆが、ひとしおの秋を彩り始めます。

 

 

天文学的には 太陽が黄経165度を通過する時をいいます。
(2017/09/07/19h39m)





秋分(9月23日)太陽黄経180度

【暦便覧】には、“陽気の中分となれば也”秋の彼岸の中日で、昼夜の長さがほぼ等しくなります。春分の日と較べると平均気温は10℃以上高め。夏の名残がまだあります。台風が多くなり、虫たちは地中に身を隠します。天文学的には太陽が黄経180度を通過する時をいいます。

 

 



天文学的には太陽が黄経180度を通過する時をいいます。
(2017/09/23/05h02m)
 

〜参考書〜
暦の風景(SEISEISHA):野呂希一・荒井和生
天文年鑑2017(誠文堂新光社)
国立天文台天文情報センター暦計算室

〜写真〜
皆川敏春