ここは役に立たないレビュー「洋楽デュエット」篇のページです。洋楽を、興味を持って聴き始めたのは1983年の暮れから現在に至ります。その間、あれこれ音楽の趣味が増えましたが、ビルボードのチャート同様、この手、つまりデュエットの楽曲に憧れ続けています。ここでは、そうした心に残る名演を紹介します。

 アーティストによっては丸々アルバムごとデュエットにしてしまったり、アルバムの中にこっそりとデュエットが組まれていたり(それが名曲、名演だったりするので気を緩められないですねぇ)します。

 ここで紹介するのは、あくまでもオリジナルアルバムで、という前提です。なので、コンピもので「デュエット集」は省いています。きりないですしね。では、はじまりはじまりぃ


 第1作目がレコーディング、リリースされたのは1993年。この頃、フランクのライバルでもあったジョニー・キャッシュもリック・ルービンと組んで復活ののろしを上げていました。フランクが選んだ相手に対抗して、ジョニーもデュエット・アルバムをレコーディングという噂(フランクが2作目でW.アクセル・ローズを相手にデュエットするという噂があったとき、ジョニーはカート・コバーンとレコーディングするという)までありました。結局、蓋を開けてみれば、そうした話は噂で終わってしまいましたが。 そんなことをよそに、オーケストラをバックに一発録りという、アメリカ音楽界でも、そうした方法をとるのは今やフランク・シナトラとボブ・ディランだけだといいます。 オーケストラをバックに一発録りできる歌唱を持つアーティストたち。アメリカエンターテイメントの最高の舞台が、この2枚に凝縮されていると言っていいと思います。特に涙ものは、1枚目のバーバラ・ストライザントと。エンディング近くでの二人のアドリブ(お互いの名前を呼び合う)なんて、聴く度に涙が出てしまいます。これぞ一発録りの醍醐味であり、エンターテイメントといえるのではないでしょうか。 なお、このアルバムはフランクの生誕90周年記念盤としてセットでリリースされ、「II」には「♪My Way」がボーナストラックとして追加されています。


 先のフランク・シナトラのデュエット・アルバムとは姉妹作と呼んでも差し支えないアルバムです。というのも、プロデュースが両者ともにフィル・ラモーンが行っているので、サウンドの方向性が似ているためです(という私の勝手な解釈)。トニーはフランクの第1作で「♪New York, New York」で共演しているので、トニーにしてみれば、自分のアルバムでフランクを招くことが出来なかったことが悔やまれるのではないでしょうか?それにしても共演者も似通っています。そうした比較も楽しめるアルバムでしょう。


 ジミヘンとジョン・レノン、そしてリンゴ・スターを除く演奏は、すべて1996年にカール・パーキンスと共演するために、このセッションに共演したアーティストです。曲はお馴染みの1(1956)、6(1955)、9(1956)、11(1975)、12(1955)、14(1965)、16(1981)、17(1955)で、それ以外はこのアルバムのために書き下ろされた曲をレコーディング。

 たとえばバラバラではあっても、カールのためにビートルズの面々が集まってきたことを思いながら、この古き良き音楽に耳を傾けたり、5のトラヴェリング・ウィルベリーズ風のセッションを描きながら、すべての曲が肩肘張らずに楽しめる一枚に仕上がっています。

01. All Mama's Children / Carl Perkins &John Fogerty
0
2. One More Shot / Carl Perkins & Tom Petty & The Heartbreakers
03. Rockabilly Music / Carl Perkins & Paul Simon
04. Distance Makes No Difference With Love
/ Carl Perkins & George Harrison
05. Give Me Back My Job
/ Carl Perkins & Bono, Johnny Cash, Willie Nelson, Tom Petty
06. Blue Suede Shoes / Jimi Hendrix Experience
07. Quarter Horse / Carl Perkins
08. Don't Stop The Music / Carl Perkins
09. Matchbox / Carl Perkins & Willie Nelson
10. Go Cat Go / Carl Perkins
11. Two Old Army Pals - Carl Perkins/Johnny Cash
12. Honey Don't - Carl Perkins/Ringo Starr
13. Wild Texas Wind - Carl Perkins/Willie Nelson
14. Restless - Carl Perkins/Tom Petty And The Heartbreakers
15. A Mile Out Of Memphis - Carl Perkins/Paul Simon
16. My Old Friend - Carl Perkins/Paul McCartney
17. Blue Suede Shoes / Plastic Ono Band


 1993年は大物のデュエットアルバムが量産された年で(笑)、なんとB.B.キングまでもがレコーディングしてくれました。しかも彼の場合は、そのあとも続くので嬉しい限りです。こうした企画物は、一種のお遊び的な感覚(あくまでも本人)から生まれるのでしょうが、ファンにとっては「うおお〜っ!」といった組み合わせなどがあって、あなどれない企画なわけです。B.B.の場合は特にギターバトルなんかも期待できるのでなおさら。


B.B.キングのデュエットアルバムが、その後も続けてレコーディングされ、エリック・クラプトンと二人だけでアルバムを一枚、丸々作ってしまったことは驚きましたが、「あの」ジョン・メイオールまでもがデュエットアルバムをリリースするとは驚きでした(当然「嬉しい」ね)。しかも売れることとか全く無視したような共演者たち。これはもう玄人向けの内容です。


 今まで紹介してきたデュエット物とは、少々傾向が違うのですが、収録曲の中にはヴォーカルによるデュエットも含まれているので紹介します。このアルバムは、ウォーレン・ヘイズが率いる3ピースバンドのGov't Muleが、メンバーだったAllen Woody(Bass)を追悼するために企画され、1曲づつベーシストを交代して全曲レコーディングされています。
 また、このシリーズがステージでも展開され、パッケージとしてもリリースされました(THE DEEPEST END : LIVE IN CONCERT)。

 The Allman Brothers Bandを出入りしながらも、こちらのバンドは音楽的にもメンバー間の確執もなく安定した活動を続けていましたが、2001年にリリースされた『LIFE BEFORE INSANITY』後にベーシストのAllen Woodyがなくなり、この企画が持ち上がりました。すなわち曲によってベーシストをゲストで呼ぶというスタイル。しかもジャンルは多岐に渡り、一体誰のシュミなんだと詮索するのもファンとしてはアルバムクレジットを見るのが楽しみなアルバムです。オールマン譲りのアメリカンロックなだけに何ら違和感ない共演もありますが、中には音楽性が水と油のと言っていいようなスタイルの違いもあります。特にChris Squire(YES)やTony Levin(King Crimson)などの曲は非常に興味深いです。ただ全体的にいえるのは、だからといってベーシストを持ち上げているわけでも、ベースを主役にしているわけではありません。そんなことをしたら亡くなったAllenが浮かばれません。あくまでも主役はWarrenであり、彼の骨太なギターでありダミ声です

THE DEEP END Vol.1(2001/10/23)
01.Fool's Moon /Jack Bruce ; Vocals, Bass
02.Life On The Outside /Larry Graham ; Vocals, Bass
(Audley Freed ; Guitar/Eddie Harsch ; Organ)
03.Banks Of The Deep End / Mike Gordon ; Bass
04.Down & Out In New York City / Flea ; Bass
05.Effigy / Mike Watt ; Bass/Jerry Cantrell ; Vocals
06.Maybe I'm A Leo/Roger Glover ; Bass
07.Same Price/John Entwistle ; Bass
08.SoulshineMike Weeks ; Bass
(Little Milton ; Vocal,Guitar / Chuck Leavell ; Organ)
09.Sco-Mule/Chals Wood ; Bass
10.Worried Down With The Blues/Oteil Burbridge ; Bass
(Gregg Allman ; Vocals, Organ/Derek Trucks ; Slide Guitar)
11.Beautifully Broken/Stefan Lessard ; Bass
12.Tear Me Down/Bootsy Collins ; Bass,Vocals
13.Sin's A Good Man's Brother/Allen Woody ; Bass

THE DEEP END Vol.2(2002/10/08)
0
1.Trying Not to Fall/Jason Newsted ; Bass
02.Time to Confess/George Poter Jr. ; Bass
03.Greasy Granny's Gopher Gravy, Pt. 1/Les Claypool ; Bass
04.Greasy Granny's Gopher Gravy, Pt. 2/Les Claypool ; Bass
0
5.What Is Hip?/Rocco Prestia ; Bass
0
6.World of Confusion/Tony Levin ; Bass
07.Hammer & Nails/Meshell Ndgeocello ; Bass
08.Slow Happy Boys/Jack Casady ; Bass
0
9.Sun Dance/Chris Squire ; Bass
10.Lay of the SunflowerPhil Lesh ; Bass
11.Catfish Blues/Billy Cox ; Bass
12.Which Way Do We Run?/Dave Schools ; Bass
13.Babylon Turnpike/Alphonso Johnson ; Electric Upright Bass