ビルボードでナンバーワンソングになったかならなかったかは、「金メダルと銀メダル」の違いほどの差があるようです。たかがチャート上の話ですが、聴き手も「1位」と「2位」を意識させられてしまいます(私か? メディアに踊らされてるなぁ)。  さて、このページでは2018年度のチャートでナンバーワンになれなかった曲を紹介します。
 なお、ビールボード公式サイトでの発表は、2018年から4日前の火曜日に発表されるようになったので、よりリアルタイムに近い発表になりました。たとえば最新チャートは2019年3月20日です。発表は3月16日。

Billboard.com|2019/04/17更新|

Song 曲目 / アーティスト
Writter 作詞・作曲 etc.
Peak 2位に留まった期間
Action Top10圏内の動き(Top10圏内初登場の日付)
No.1 その時1位だった曲
Weeks *最新チャートにてランク中



Song Happier/ Marshmello & Bastille
Writter Christopher Comstock, Dan Smith, Steve Mac
Peak Highest charted position No.2, 2019/02/16
Action 8(2018/10/20)6、4、3、4、3、3、3、4、4、5、7、6、6、6、7、8、2、
                    6、6、6、8、8、6、6、9、10(2019/04/20)
No.1 7 Rings/ Ariana Grande
Weeks 34*(No.63; 2018/09/01 -No.10; 2019/04/20)

 


Bastille.com

 

 

Song Break Up With Your Girlfriend, I'm Bored / Ariana Grande
Writter Ariana Grande
Peak Highest charted position No.2, 2019/02/23
Action 2(2019/02/23)、8(2019/03/02)
No.1 7 Rings/ Ariana Grande
Weeks 9*(No.2; 2019/02/23 -No.19; 2019/04/20)

  初登場1位という記録の他に、1、2位独占を記録しました。そして、それ以上に大記録になったのは、1964年のビートルズ以来となるTop3を独占という記録でしょう。

 
とは言っても、衝撃度はあったにせよ「どんな曲だったっけ?」と思い返して、メロディが口づさめないところが現代らしいか…(←皮肉です)


Ariana Grande.com

 

 

Song Wow./ Post Malone
Writter Austin Post, Adam Feeney, Louis Bell, Billy Walsh
Peak Highest charted position No.2, 2019/04/06
Action 9(2019/01/26)、8、9、9、9、10、8、7、4、2、4、3(2019/04/20)
No.1 7 Rings/ Ariana Grande
Weeks 16*(No.47; 2019/01/05 -No.3; 2019/04/20)

 


Post Malone.com

 

 


コチラ(2019)ページでは全米ナンバーワンになった曲を紹介しています。


もどるhome|2019年アルバムレビュー|