1981年からリリースされたレーベルのベスト盤。アーティストに限定せず、ウィンダム・ヒルからリリースされたアルバムが対象となっていて、メジャーレーベルとは一線を画している。非常にユニークなベストアルバム。現在では入手困難な初期のアーティストの音源が含まれている1981年物が貴重な存在。

WINDHAM HILL RECORD SAMPLER 1981 -1981-
【1. Bricklayer's Beautiful Daughter;William Ackerman / 2. Santa Cruz;David Qualey / 3. 3 Gymnopedies;Bill Quist / 4. Children's Dance;Alex DeGrassi / 5. Variations on Clair de Lune;Robbie Basho / 6. Moon;George Winston / 7. Sleeping Lady;Alex DeGrassi / 8. Autumn;Daniel Hecht / 9. Seattle;William Ackerman】
WH-1014

 レーベル発足の1976年の音源から1980年までにリリースされたアルバムの中から選曲されたサンプラー盤。5のロビーバショウは、このサンプラーと1986年に10周年を記念して編まれた【THE FIRST TEN YEARS】でしか聴くことができないので、貴重な一枚。

WINDHAM HILL RECORD SAMPLER 1982 -1982-
【1. Remedios;William Ackerman / 2. Blossom-Meadow;George Winston / 3. The Happy Couple; Michael Hedges / 4. Minou's Waltz ;Ira Stein & Russel Walder / 5. A Thousand Teardrops;Shadowfax / 6. Wedding Rain;Liz Story / 7. Tideline;Darol Anger & Barbara Higbie / 8. Purple Mountain;Scott Cossu / 9. Clockwork;Alex DeGrassi 】
WH-1024

 前作のベストからわずか1年あまりで再び編まれたサンプラーですが、取り立てて目新しいものもなく、今となっては平凡なベスト盤です。しかし、このころが最もレーベルとして充実していた時期なのかな、と曲目やアーティスト名をみると、フト考えてしまいます。

WINDHAM HILL RECORD SAMPLER 1984-1984-
【1. Aerial Boundaries;Michael Hedges / 2. On The Threshold Of Liberty;Mark Isham / 3. Ventana;William Ackerman / 4. Thanksgiving;George Winston / 5. Shadowdance;Shadowfax / 6. Western;Alex DeGrassi / 7. Oristana Sojourn;Sott Cossu / 8. The Cricket's Wicket;Billy Oskay & Micheal O Domhnaill】
WH-1035

 ジャンルにとらわれることのない音楽を作りだし、それが「ウィンダム・ヒル・カラー」として認知され始めると、このサンプラー盤は好企画です。しかもこのベストに収められているアーティストたちのユニークな音楽性といったら、この年あたりからウィンダム・ヒルなくしてあり得ない程になっているのではないでしょうか。

WINDHAM HILL RECORD SAMPLER 1986-1986-
【1. Welcoming;Michael Manring / 2. Devotion;Liz Story / 3. Engravings ;Ira Stein & Russel Walder / 4. Dolphins;Mike Marshall & Darol Anger / 5. Gwenlaise;Scott Cossu with Eugene Friesen / 6. Another Country;Shadowfax / 7. Hot Beach;Interior / 8. New Waltz;Malcolm Dalglish / 9. Marias River Breakdown;Philip Aaberg / 10. Pittsburgh, 1901 (Theme From Mrs. Soffel);Mark Isham / 11. Near Northern;Darol Anger-Barbara Higbie Quintet】
WH-1048

 コンスタントに2年おきにベスト盤を編んでいる形になっていますが、昨年からは『ウィンター・コレクション』をリリースし始め、既存のサンプラーと、ニューレコーディングによるサンプラーの2種をリリースするようになりました。ピアノ、ギターのみサンプラー盤もリリースされています。

WINDHAM HILL RECORD SAMPLER 1989-1989-
【1. Rameau's Nephew;Pillippe Saisse / 2. Sojourner ;Paul McCandless / 3. Floyd's Ghost;Will Ackerman / 4. Usually-Always;Fred Simon / 5. Credo Of Ballymacoda;Therese Schroeder-Sheker / 6. Walking Through Walls ;Pilip Aaberg / 7.Life In The Trees ;Michael Mring / 8. Manhattan Underground ;Scott Cossu / 9. Hugh ;Nightnoise / 10. Through The Woods ;Metamora / 11. A Visiting Card;Wim Mertens】
WH-1082

 ウィンダム・ヒルも、この年以降はBMGに版権を売却してしまいますが、どことなく当初の雰囲気が失われつつあり、アコースティックものから1、4、11などのエレクトロニクスの割合が増えていきました。

WINDHAM HILL RECORD SAMPLER 1992 -1991-
【1. Wide Asleep;chael maMring/C h 2.arlotte -; DeGrassi/Ble u 3. - N;oise/Chava ' 4. s Song - Mic;Hedges/Daydrea m 5. s - Sch嗜;& Soott/Thumbelin a 6. - Mark Is;ctober Wed d 7. ing - Montreux/;thers - D 8. avid Torn/;e Of Circu s 9. Ponies - Liz Story/Kod;Gavotte - 10. Modern Mandolin;tet/Every Deep Dream - P 11. hilip Aaberg/The; Mile Stare - 12. Will Ackerman ;ヒ;
WH-1109

 BMGに版権を売却あとのサンプラーとなります(SAMPLERという文字がデカデカと)。とはいえ、いつもの彼ら。パッケージ(販売元が商売第一に)が替わっただけです。選曲もレーベルを代表するアーティストで固められているところが、ちょっと気が弱い選曲?などと思ったりして。

WINDHAM HILL RECORD SAMPLER 1994 -1994-

WINDHAM HILL RECORD SAMPLER 1996-1996-
【1. Last Look;Torcuato Mariano / 2. When The Snow Melts;Phil Cunningham & Manus Lunny / 3. Theme From "In Search Of Angels";Tim Story / 4. The White Spirit;Uman / 5. Playground;Henry Adam Curtis / 5. A Different Shore;Nightnoise / 6. Jenny's Room;Andy Narell / 7. Southern Jukebox Music;Penguin Cafe Orchestra / 8. If You Believe;Jim Brickman / 9. Madchenlied;Wayne Horvitz / 10. Prelude In C-Minor;Steve Erquiaga / 11. Picture This;Jim Brickman / 12. Rio Amazonas;Oystein Sevag & Lakki Patey / 13. Castille;Ray Obideo】



もどるhome