WH-1043
CHIAROSCURO / Mike Marshall & Darol Anger
Exective Producer : William Ackerman.
Produced by Darol Anger, Oliver DiCicco
and Mike Marshall.

01. Dolphins (Mike Marshall)
02. Saurians' Farewell (Darol Anger/Mike Marshall)
03. Beneath The Surface (Mike Marshall)
04. Spring Gesture (Darol Anger)
05. Bach Prelude
06. Piacenza (Darol Anger/Mike Marshall)
07. Coming Back (Darol Anger/Mike Marshall)
08. Dardanelles (Mike Marshall)
09. Bach Bouree from the French Suite
10. Beloved Infidel (Darol Anger)

Windham Hill Records, 1985



musicians are ;
Darol Anger ; Violin, Octave Violin. Viola, Cello, Octave mandolin, Synthesizer
Mike Marshall ; Steel String and Classical Guitars, Mandolins, Mandocello, Synthesizer, Chimes, Mado-conga
Michael Manring ; Electric Fretless Bass, Synthesizer
Todd Phillips ; String Bass
Andy Narell ; Steel Drums
George Marsh ; Triangle
Barbara Higbie ; Synthesizer


 マンドリンとヴァイオリンという、同じ弦楽器ながら両者とも独特の音色を持つ楽器による共演。クラシックというよりも、二人ともアメリカの伝統的な音楽であるブルーグラスが根底にあり、それぞれの音色を聞き分けても、ハーモニーに聴き入っても、聞こえてくるのはアメリカの広々とした青空であり、乾いた風であり、大地であり、そこに住む人々の営みの音です。
 ゲストとしてMichael Manringのフレットレス・ベースが加わり、その後に発展するMontreuxを思わせます。また、レーベルメイトとして、アンディ・ナレルのスティール・ドラム、そしてバーバラ・ヒグビーのシンセサイザー(ピアノだったらますますMontreux!)が絡んできますが、基本的には二人だけの演奏で、ヴァイオリンをはじいてみたり、マンドリンを弓でこすってみたり。この二人に掛かると、一つの楽器の多彩な表情が見え、音の万華鏡のような華やかな彩を楽しむことができます。
 アルバムタイトルの【CHIAROSCURO】とは、イタリア語の光と影が立体を作り出す技法のことで、淡彩画にも用いられる言葉です。ここではまさに「光」と「影」が織り成す万華鏡のようなきらめきを楽しむことができます。

 9曲目の“Bach Bouree”は、同時期にリリースされた【A WINTER'S SOLSTICE】にも収録されている、バッハのフランス組曲を元にした曲です。

〜Mike Marshall and Darol Anger's Discography〜
WH-1036 LIVE AT MONTREUX / Darol Anger/Barbara Higbie Quintet
WH-1043 CHIAROSCURO / Mike Marshall & Darol Anger
WH-1058 SIGN LANGUAGE / Montreux
WH-1084 LET THEM SAY / Montreux

Modern Mandorin Quartet
INTERMEZZO
THE NUTCRACKER SUITE
PAN-AMERICAN JOURNEYS(1993)

Pshychograss
PSHYCHOGRASS(1993)

Turtle Island String Quartet
BY THE FIRESIDE(1995)