ウィンダム・ヒルの掲示板

THE LATE TRAIN HOME
/Ed Blumenthal -2019-

 

 

 




Produced by Will Ackerman.
Mixed and Mastered by Tom Eaton.
Recorded at Imaginary Road Studios, Windham Country,Vermont.

Ed Blumenthal

 

 

   


♪ ♪ ♪

01. Who Knows
Ed Blumenthal ; Piano
Eugene Friesen ; Cello / Jill Haley ; English Horn

02. The Roads Imagined
Ed Blumenthal ; Piano / Premik Russell Tubbs ; EWI wind synth

03. We Walk On
Ed Blumenthal ; Piano
Eugene Friesen ; Cello / Jill Haley ; English Horn / Noah Wilding ; Voice

04. The Hands We Hold
Ed Blumenthal ; Piano / Jill Haley ; English Horn

05. Along The Way
Ed Blumenthal ; Piano / Charlie Bisharat ; Violin

06. The Late Train Home
Ed Blumenthal ; Piano

07. Always Waiting
Ed Blumenthal ; Piano
Charlie Bisharat ; Violin / Eugene Friesen ; Cello / Noah Wilding ; Voice / Will Ackerman ; Guitar

08. Until Then
Ed Blumenthal ; Piano / Premik Russell Tubbs ; EWI wind synth

09. The Sea Sings
Ed Blumenthal ; Piano / Wind and Tides ; Zadar Sea Organ

10. For Us
Ed Blumenthal ; Piano
Noah Wilding ; Voice / Will Ackerman ; Guitar
/ Tom Eaton ; NS Bass



 プロデュースしたウィルが「こんなにも成功したデビュー・アルバムを、私は今まで聴いたことがない」と感嘆してしまうぐらい、確かに彼の音楽には「これがデビュー策か!?」と思えてしまうほど完成度の高い佳曲がならんでいます(そして気がつけば、このアルバムをセットしてから何回リピートしていることか…)。

  このアルバムに変わった楽器が参加(?)しています。9曲目のZadar Sea Organという楽器。これは実際の海岸に設置された石畳のような構造に、波が打ち寄せると、そこに空気が送り込まれて、あたかもオルガンが奏でる音を出すというオブジェ。クロアチアのアドリア海ザダルに作られた実際の音をサンプリングしてエンジニアのTom Eatonがミックスしています(彼の音楽性を考えるとお手の物だったのではないでしょうか)。

 
 

Photo by Toshiharu Minagawa.