ウィンダム・ヒルの掲示板

STAR LULLABY/ Raphael Groten -2019-


 

 

 

Produced by Will Ackerman,
Tom Eaton andRaphael Groten.
Engineered, Mixed & Mastered by Tom Eaton.
Recorded at Imaginary Road Studios, Windham Country,Vermont.

Raphael Groten

   



♪ ♪ ♪

〜 Disk 1 ; SOLO GUITAR 〜

01. Dawn
02. Waking
03. Mindfulness
04. Guidance
05. Levity
06. Star Lullaby
07. Gratitude
08. Meditation
09. Compassion
10. Opening
11. Fledgling
12. Eclipse
13. Trust
14. Prayer
15. Star Lullaby

Raphael Groten ; Guitars




〜 Disk 2 ; GUITAR WITH FEATURED MUSICIANS〜

01. Dawn
Raphael Groten ; Guitars, Electric Tamboura

02. Waking
Raphael Groten ; Guitars, Percussion, Electric Tamboura

03. Mindfulness
Raphae Groten ; Guitars / Charlie Bisharat ; Violin

04. Guidance
Raphael Groten
; Guitars / Michael Manring ; Fretless Bass

05. Levity
Raphael Groten ; Guitars, Clay Whistle
Ron Korb ; Flute / Jeff Haynes ; Percussion

06. Star Lullaby
Raphael Groten ; Guitars / Michael Manring ; Fretless Bass

07. Gratitude
Raphael Groten ; Guitars / Ron Korb ; Flute

08. Meditation
Raphael Groten ; Guitars / Michael Manring ; Fretless Bass

09. Compassion
Raphael Groten ; Guitars / Eugene Friesen ; Cello

10. Opening
Raphael Groten ; Guitars, Percussion

11. Fledgling
Raphael Groten ; Guitars

12. Eclipse
Raphael Groten ; Guitars, Vocals, Clay Whistle

13. Trust
Raphael Groten ; Guitars
Eugene Friesen ; Cello / Will Ackerman ; Guitar

14. Prayer
Raphael Groten ; Guitars, Ukulele

15. Star Lullaby
Raphael Groten ; Guitars, Vocals
Noah Wilding ; Vocals / Michael Manring ; Fretless Bass


 

 なんと2枚組でリリースされたの2ndは、かつてのHeidi Breyerのアルバム『LETTERS FROM FAR AWAY』のように、1枚目はソロ、2枚目がアンサンブルという構成になっています。

 ソロ・ディスクの方は、アルバムタイトルを想像してみればわかるように、淡々として語り口のギター 。こうした曲は星空の元で聴いていたいと思わせます(特にたき火なんかで演出すると「可」)。

 また、今回初めて歌声を披露してくれていますが、彼のヴォーカルは、ディープで嗄れた声。私、こういうヴォーカルは好きですね。特に弾き語りと来たら…(笑) とはいえ、期待するようなヴォーカル(歌)を披露してくれるわけでもなく、呟くような声。 基本はギタリストであって、歌手ではないのでしょう。Disk2のエンディングでは、Noah Wildingとのデュエットも味があります。Noahも、いつものようなスキャットではなく、寄り添うような歌声は、また違う雰囲気があり、声を押し殺したような歌い方に魅力を感じます。
 
また、SEとして風の音や、コヨーテのような鳴き声(おそらくClay Wistleだと思う)、鳥の声などが取り込まれています。そのあたりのクレジットがないので、もしや外録り?とも考えましたが、いつも通りのImaginary Road Studiosでのレコーディングでしょう。

 



Photo by Toshiharu Minagawa.