ウィンダム・ヒルの掲示板


LOVE'S RIVER/ Laura Sullivan -2013-


Produced by Will Ackerman.
Engineer: Tom Eaton at Imaginary Road Studios.
*except where noted.


All songs Composed by Laura Sullivan.
   

♪ ♪ ♪

01. Secrets From The Deep*
Laura Sullivan ; Piano / Nancy Rumbel ; English Horn
Produced Eric Sullivan


02. Wishing On A Dandelion*
Laura Sullivan ; Piano
Produced Eric Sullivan


03. Awakening To Love*
Laura Sullivan ; Piano / Jeff Oster ; Flugel Horn
Produced Eric Sullivan

04. Blessed
Laura Sullivan ; Piano / Will Ackerman ; Guitar

05. Holding Heaven*
Laura Sullivan ; Piano
Produced Eric Sullivan


06. Moonlight Passatge*
Laura Sullivan ; Piano / Jeff Oster ; Flugel Horn
Produced Eric Sullivan

07. Love's River
Laura Sullivan ; Piano
Eugene Friesen ; Cello / Jill Haley ; English Horn

08. Calligraphy
Laura Sullivan ; Piano / Eugene Friesen ; Cello

09. River To The Sea*
Laura Sullivan ; Piano / Nancy Rumbel ; Oboe
Produced Eric Sullivan

10. Story Of The Rain
*
Laura Sullivan ; Piano
Produced Eric Sullivan

11. Snowfall On Water
Laura Sullivan ; Piano / Eugene Friesen ; Cello

 

 右手の旋律が優しく、たった4曲だけがウィルのプロデュースというのも、なんとももっ たいない起用の仕方。イマジナリー・ロードのメンツもかかわっているのは、その4曲以外2曲(トラック3と6)。ほとんどの曲はピアノソロですが、数曲で オーケストラの音も入っていて、たっぷりと癒し系の音楽が詰まっています。

  私はウィルがプロデュースしたから、という理由でこのアルバムを手にしたのですが、他の曲を聴いてうっとりしてしまいました。それぐらいアルバム全体、そ れぞれの楽曲の素晴らしさを体験できたからです。過去に何枚か、ウィルの関わっていないアーティストのアルバムを聴いてきましたが、その都度、感動させら れ、「う〜ん、もっと視野を広げなくちゃなー」と思ってしまいます。

 そして第76回のグラミー賞(2013年)では、その内容が評価されて『BEST NEW AGE ALBUM』を受賞しました。なお、グラミーでのアルバム賞はアーティストとプロデューサーに送られますが、このアルバムは複数のプロデューサーが担当し ているために、実際に受賞したのはアーティストのLaura Sullivanと半分以上プロデュースしたご主人のEric Sullivanに送られました。

 Will本人の受賞は2004年の『RETURNING』以来で、共同プロデュースのCorin Nelsenと受賞しています。

 
Photo by Toshiharu Minagawa.