ウィンダム・ヒルの掲示板

JUST THIS SIDE OF SPRING/ Ann Sweeten

 

 

Produced by Will Ackerman and Ann Sweeten.
Engineer, Mixing: Corin Nelsen.
Recorded at Imaginary Road Studios, VT.

2010 Orange Band Records(OBR061893)

Ann Sweeten

 

 

♪ ♪ ♪

01. December Snow
Ann Sweeten ; Piano

02. Just This Side Of Spring
Ann Sweeten ; Piano / Will Ackerman ; Guitar

03. Light From A Narrow Window
Ann Sweeten ; Piano, Kurzweil Synthesizers / Andrew Eng ; Viola, Violin

04. A Light Rain
Ann Sweeten ; Piano

05. A Moment In Time
Ann Sweeten ; Piano, Kurzweil Synthesizers, Vocals / Michael Miksis; Upright Bass

06. Crossing Over
Ann Sweeten ; Piano

07. Nikki's Song
Ann Sweeten ; Piano / Andrew Eng ; Viola

08. In Gardens Fast Asleep
Ann Sweeten ; Piano

09. Hearts Left Behind
Ann Sweeten ; Piano

10. The Melt Waters
Ann Sweeten ; Piano / Trisha Craig ; Flute

11. True North
Ann Sweeten, Vocals ; Piano



 前作のインナーの中でも紹介していた愛犬Nikkiに捧げられたアルバムは、12月の積雪から始まります。本来ならば喜ぶべき天候なのでしょうが、心なしか寂しく感じるのは、すでに体力が落ち、室内から窓越しに眺めているのかもしれません。そんな愛犬を見守るAnnの優しい眼差しに満ちた旋律が心に染み込んできます。

 今回もアッカーマンのスタジオでレコーディングが行われましたが、前作と違うのは、Ann本人もプロデュースにクレジットされていることでしょうか。参加アーティストの面々を眺めてみると、アッカーマン・ファミリーが誰も参加していないので、その人選がAnn本人によるものなのかもしれません。 アッカーマンはタイトルトラックに1曲だけ参加してささやかなギタープレイを聴かせています。「A Light Rain」は雪解けを促す雨でしょうか。「Winter Into Spring」に通じる雰囲気を感じさせます。そして「Nikki's Song」では、ピアノとヴィオラという組み合わせによるエレジー。ジャケットの中に歌われているAnnからNikkiへの詩。

 スタインウェイの透明感のある美しい響きを堪能できる一枚です。



Photo by Toshiharu Minagawa.