Photo by Toshiharu Minagawa.


 ウィンダム・ヒルの歴史はウィリアム・アッカーマンの歴史でもあります。特に彼がプロデュースした作品は、レーベル色が色濃く反映されているといってよいでしょう。というのも、やはり彼がウィンダム・ヒルそのものだからに他ありません。
  ここでは、ウィンダム・ヒル・レーベルを売却した後に立ち上げたImaginary Roadという新しいレーベルに併せて新設したウィルのスタジオ、イマジナリー・ロード・スタジオで製作されたウィルのプロデュース作品のうち、2018年にリリースさるアルバムを紹介します。

なお、オムニバスなどのエグゼクティブ作品は割愛しています。ウィンダム・ヒルの作品集はコチラをご覧下さい。

 

SONGS OF CHANGING LIGHT/ Kathrin Kaye -2018-

 ここ数年、というか7作連続でImaginary Road StudioでレコーディングしているKathryn ですが、今回初めてアンサンブルではなく、ピアノソロでのアルバムをリリース、ジャケットも今までの風景画から、本人のポートレイトへと。(レビュー

 

MOONLIGHT IN EMPTY ROOMS/ Heidi Breyer -2018-

 ヴァイオリンにCharlie Bisharat。たった二人のアンサンブル。

 今回のユニークな点は、映像作家のAlexander Volkovがすべての楽曲にビデオ(PV)を制作したディスクが入っていることでしょう。前回のアルバムでは、1枚目がアンサンブル、2枚目が同曲のピアノソロを収めた2枚組としてリリースされましたが、今回はビデオです。 (レビュー

 

STORY OF GHOST/ Fiona Joy -2018-

 昨年リリースされたFLOWの「F」であるFiona Joyのソロ作品は、グループよりも一足お先にリリースされました。ここ最近のFionaのアルバムは、かならずSACDでリリースされていましたが、今作に限ってSACDのリリースのアナウンスがありませんでした。レーベルに問い合わせたところ「6月に予定している」という返事を頂き、その予告通りSACDでのリリースです。
  ちなみに私が問い合わせたレーベル(Blue Coast)は、Windham Hillのレコード・プロデューサーの一人であるCookie Marencoの立ち上げたレーベルです。(2018)

 

THE WATERS OF GLACIER/ Jill Haley-2018-

 Jill Haley, David Cullen, Dana Cullen, Michael Manring, Tom Eaton。前回のアルバムはJillのセルフ・プロデュースでしたが、同様のようです。数々のセッションをこなしつつ、こうして(長いスパンですが)ソロ・アルバムが届けられるのは、懐かしい友人に会うようで嬉しいものです。(レビュー

 

BEAUTIFUL JOURNEY/ Brenda Warren -2018-

ピアノアンサンブル。Produced by Will Ackerman.
featuring: Eugene Friesen (cello), Charlie Bisharat (violin), Michael Manring (fretless bass) Tony Levin (bass) Tom Eaton (bass) Premik Russel Tubbs (sax, wind synth) Jill Haley (English horn) Jeff Haynes (percussion)
レビュー

 

BEYOND MEASURES & TIME / Steve Rivera-2018-

 前作の風景写真のジャケットから打って変わっての雰囲気。とはいうものの、あくまでそういったイメージが浮かんでくるのはジャケットからのみ。実際は前作と同じくピアノアンサンブル。レビュー

 

HOME AGAIN/ Loren Evarts -2018-

 前作『WATER AND LIGHT』につづく2ndアルバムは、シンプルにピアノ・ソロ。こうしたインストゥルメンタルのアルバムで、「ピアノ・ソロ」とうたい文句のアルバムのほとんどが、ピアノをフューチャーしたという意味の「ソロ」を使うことが多く、実際にはバックにオーケストラが伴奏していたり、室内学的であったりすることが多かったのですが、ウィルの手がけるアーティストの場合、「ソロ」といえば、その楽器だけでレコーディングされているので安心できます。誠にウィンダム・ヒル的な音楽。(レビュー

 

THE SPACE WITHIN/ Rene Michele-2018-

ピアノアンサンブル(半数はデュオ形式)。Produced by Will Ackerman with Tom Eaton. 前作のジャケットから音楽性に至るまで、まんまウィンダム・ヒルを髣髴とさせる作品をリリースしてくれたReneのImaginary Road Studioとしては2作目、通算6作目となる作品集(レビュー)。

 

LAST PASSING OF SUMMER/ David Lindsay-2018-

 前作の延長となる2作目。参加アーティストはチェロのEugene Friesen、ヴァイオリンのCharlie Bisharat、パーカッションのJeff Haynes、イングリッシュ・ホルンのJill Haley、マルチタレントのTom Eaton、そして美しい声のNoah Wilding参加。(レビュー

 

Imaginary Road 2016Imaginary Road 2017|Imaginary Road 2018|
 
もどる
 
(2019/10/20)