Photo by Toshiharu Minagawa.


 ウィンダム・ヒルの歴史はウィリアム・アッカーマンの歴史でもあります。特に彼がプロデュースした作品は、レーベル色が色濃く反映されているといってよいでしょう。というのも、やはり彼がウィンダム・ヒルそのものだからに他ありません。
  ここでは、ウィンダム・ヒル・レーベルを売却した後に立ち上げたImaginary Roadという新しいレーベルに併せて新設したウィルのスタジオ、イマジナリー・ロード・スタジオで製作されたウィルのプロデュース作品のうち、2015年にリリースされたアルバムを紹介します。

なお、オムニバスなどのエグゼクティブ作品は割愛しています。ウィンダム・ヒルの作品集はコチラをご覧下さい。


 嬉しいことに四作続けての登場です。ジャケットも含め季節感のある楽曲が多いので嬉しいです。
(2015/01/01)

  前作はCorin Nelsenのプロデュースでしたが、再びスタジオに戻ってきました。ピアノアルバム。
(2015/01/16)
 Imaginary Road Studio作品のアルバムジャケットのうち、最近の中ではもっとも「カッコイイ!」と思ってしまいました。アルバムタイトルトラックには、なんとナイル・ロジャース!ウィンダム(イマジナリー)・ファミリーからもMichael Manring、Philip Aaberg、Todd Boston、Catherine Marie Charlton、Shambhu、Noah Wildingらが参加。もちろんウィルのギターも。
(2015/04/30)
 エレクトロポップのイメージのあるKori Linae Carothersですが、今回はピアノ・ソロに挑んでいます。ジャケットは『ショーシャンクの空に』か『シャイン』を彷彿とさせます。向き的にはシャインですね(笑)
(2015/05/15)

 まったく私には未知のギタリストですが、久々にこのスタジオへMichael Manringがやって来たことを考えると、かなりの大物だったりして?
(2015/05/15)

JOURNEY HOME / Raphael Gorten -2015-
 Willのギターを借りてレコーディングされたという、ソロ・デビューアルバム。
(2015/07/01)

SONGS OF LEAVING / Angelo Rapan -2015-
 ピアノ・アンサンブル。そのアンサンブルはジャケットから想像、期待できるイマジナリー・ロード・サウンド。セッションメンバーはWill Ackerman、Charlie Bisharat、Tom Eaton、Eugene Friesen、Jeff Haynes、Tony Levin、Jeff Oster、Premik Russell Tubbs、Noah Wildingという、いつもの布陣。
(2015/08/18)

WATER AND LIGHT /Loren Evarts -2015-
 ピアノ・アルバム。参加はEugene Friesen, Tony Levin, Jeff Haynes, Tom Eaton, Jill Haleyといういつものイマジナリー・ロードサウンドが頭の中で流れてくる布陣に、イタリア人フルーティストのRhonda Larsonがフューチャーされています。(2015/10/05)
DIVIDING THE DARKNESS / Steve Rivera -2015-
ピアノ・アルバム。参加はCharlie BisharatとWill Ackermanの二人。
(2015/10/15)
NIGHTBOUND / David Lindsay -2015-
ギターアルバム。参加はEugene Friesen, Tony Levin, Charlie Bisharat, Jeff Haynes, Michael Manring, Will Ackerman, Tom Eaton, Jill Haley, Paul Kochanski, Noah Wildingといういつものイマジナリー・ロードサウンドが頭の中で流れてくる布陣。アルバムコンセプトは「夜」。嬉しいことにデヴィッドオリジナルの♪Nocturneが収録されています。デヴィッドの音楽の基本はクラシック(リュート)とのこと。ジャケットもいい。
(2015/11/06)
EVERYTHING IN BETWEEN / Jeffrey Seeman -2015-
ギターアルバム。アーティスト・ポートレイトを見る限り、私好みのスライド・スタイルです。これにウィルもギタリストとして参加していて、この二人の奏でる楽器の音色の違いを楽しむのも一興です。他にマンリングも参加。
(2015/12/06)


Imaginary Road 2013Imaginary Road 2014|Imaginary Road 2015|
 
 
もどる
 
(2017/12/27)