Photo by Toshiharu Minagawa.


 ウィンダム・ヒルの歴史はウィリアム・アッカーマンの歴史でもあります。特に彼がプロデュースした作品は、レーベル色が色濃く反映されているといってよいでしょう。というのも、やはり彼がウィンダム・ヒルそのものだからに他ありません。
  ここでは、ウィンダム・ヒル・レーベルを売却した後に立ち上げたImaginary Roadという新しいレーベルに併せて新設したウィルのスタジオ、イマジナリー・ロード・スタジオで製作されたウィルのプロデュース作品のうち、2015年にリリースされたアルバムを紹介します。

なお、オムニバスなどのエグゼクティブ作品は割愛しています。ウィンダム・ヒルの作品集はコチラをご覧下さい。



一枚目はピアノソロ、そして二枚目(!なんと、開けてみるまでは一枚ものだと思ってました)は、スタジオアンサンブル。なんと豪華なアルバムでしょうか!。(レビュー
 Imaginary Road Studios作品のアルバムジャケットのうち、最近の中ではもっとも「カッコイイ!」と思ってしまいました。アルバムタイトルトラックには、なんとナイル・ロジャース!ウィンダム(イマジナリー)・ファミリーからもMichael Manring、Philip Aaberg、Todd Boston、Catherine Marie Charlton、Shambhu、Noah Wildingらが参加。もちろんウィルのギターも。(レビュー

 まったく私には未知のギタリストですが、久々にこのスタジオへMichael Manringがやって来たことを考えると、かなりの大物だったりして? (レビュー

JOURNEY HOME / Raphael Gorten -2015-
Willのギターを借りてレコーディングされたという、ソロ・デビューアルバム。(レビュー

SONGS OF LEAVING / Angelo Rapan -2015-
 ピアノ・アンサンブル。そのアンサンブルはジャケットから想像、期待できるイマジナリー・ロード・サウンド。セッションメンバーはWill Ackerman、Charlie Bisharat、Tom Eaton、Eugene Friesen、Jeff Haynes、Tony Levin、Jeff Oster、Premik Russell Tubbs、Noah Wildingという、いつもの布陣。(レビュー

WATER AND LIGHT /Loren Evarts -2015-
 ピアノ・アルバム。参加はEugene Friesen, Tony Levin, Jeff Haynes, Tom Eaton, Jill Haleyといういつものイマジナリー・ロードサウンドが頭の中で流れてくる布陣に、イタリア人フルーティストのRhonda Larsonがフューチャーされています。(レビュー
DIVIDING THE DARKNESS / Steve Rivera -2015-
 ピアノ・アルバム(普段はKAWASAKIを使っているとのこと)。参加メンバーはCharlie Bisharat、Eugene Friesen、Tony Levin、Noah Wilding、Jill Halley、Tom Eaton、Premik Russell Tubbs、Jeff haynes、Will Ackerman、Gus Sebring (レビュー
NIGHTBOUND / David Lindsay -2015-
 ギターアルバム。参加はEugene Friesen, Tony Levin, Charlie Bisharat, Jeff Haynes, Michael Manring, Will Ackerman, Tom Eaton, Jill Haley, Paul Kochanski, Noah Wildingといういつものイマジナリー・ロードサウンドが頭の中で流れてくる布陣。アルバムコンセプトは「夜」。嬉しいことにデヴィッドオリジナルの♪Nocturneが収録されています。デヴィッドの音楽の基本はクラシック(リュート)とのこと。ジャケットもいい。(レビュー
EVERYTHING IN BETWEEN / Jeffrey Seeman -2015-
 ギターアルバム。アーティスト・ポートレイトを見る限り、私好みのスライド・スタイルです。これにウィルもギタリストとして参加していて、この二人の奏でる楽器の音色の違いを楽しむのも一興です。他にマンリングも参加。
レビュー

 

 


GRATITUDE / Joe Heinemann -2015-
 リリース時期にはぴったりのジャケットに目が惹かれました。今までは大自然の中のスタジオで制作されているので、そうした雰囲気のジャケットが多かったので、都会的な感じの雰囲気に「あれっ?」という感じでした。
 このピアノのアルバムは、チェロのユージン・フリーゼン、イングリッシュ・ホルンのジル・ハーレイとのトリオ編成。
レビュー

 

THERE WAS A TIME / Kathryn Kaye -2015-
 5thアルバムもWill Ackermanプロデュースでレコーディングされたピアノ・アルバム。チェロのEugene Friesenをはじめ、イングリッシュ・ホルンのJill Haley、ヴァイオリンのCharlie Bisharat、Tony Levin and French horn (Gus Sebring)が参加。(レビュー

 

ELYSIAN / Lynn Yew Evers-2015-

 前作はピアノ・ソロでしたが、2016年のニューアルバムにはWill Ackerman, チェロのEugene Friesen, ヴァイオリンのCharlie Bisharat, フルートのWouter Kellermanが参加しています。レビュー

 

 

WHERE BUTTERFLIES DANCE / Ann Sweeten -2015-
 AnnもKathrynと同じくウィルのプロデュースで5作目となるアルバムをリリース。
AkaneSetiawan, Charlie Bisharat, Eugene Friesen,
Jeff Pearce, Trisha Craig, Will Ackerman, Andrew Engが参加。
レビュー

 

SIGNATURE -SYNCHRONICITY/SOLO- / Fiona Joy -2015-
 
 
 ピアノ・ソロとアンサンブルの2枚同時にリリースされた『SIGNATURE』。ソロ(一部ギターあり)はクッキー・マレンコ(A WINTER'S SOLSTICE)、アンサンブルはウィル。参加ミュージシャンはウィルのギターをはじめ、Eugene Friesen、Jeff Oster、Marc Shulman, Premik Russell Tubbs, Nick Hawkins, Jeff Haynes, Rebecca Daniel, Paul Jarman, Tony Levin。SOLOではギターにLawrence Blattが参加しています。なお、SOLO版は2016年にオーディオファイルであるSACD盤がリリースされました。(レビュー

 

Imaginary Road 2013Imaginary Road 2014|Imaginary Road 2015|
 
 
もどる
 
(2019/09/19)