Photo by Toshiharu Minagawa.


 ウィンダム・ヒルの歴史はウィリアム・アッカーマンの歴史でもあります。特に彼がプロデュースした作品は、レーベル色が色濃く反映されているといってよいでしょう。というのも、やはり彼がウィンダム・ヒルそのものだからに他ありません。
  ここでは、ウィンダム・ヒル・レーベルを売却した後に立ち上げたImaginary Roadという新しいレーベルに併せて新設したウィルのスタジオ、イマジナリー・ロード・スタジオで製作されたウィルのプロデュース作品のうち、2011年にリリースされたアルバムを紹介します。

なお、オムニバスなどのエグゼクティブ作品は割愛しています。ウィンダム・ヒルの作品集はコチラをご覧下さい。


 ユージン・フリーゼンのチェロ、ジル・ハーレイのイングリッシュ・ホルン、そして久しぶりに元気な姿を披露してくれたチャールズ・ビシャラットのヴァイオリンとピアノのコラボレーションアルバム。(レビュー
(2011/01/01)



  イマジナリー・ロードの新たなエンジニアTom Eatonを迎えてのアルバム。もちろんプロデュースはウィル。アンに「サイン頂戴!」ってお願いしたら「サインできるのが嬉しいわ」とお返事を頂きました。アンの仲間を中心にしたピアノアンサンブルです。ウィルもギターで参加しています。ジャケット的には前作の方が好みですが、音楽はいつもどおり。良いです。
(2014/01/21)

 同一アーティストのプロデュースを4作連続というのは初めてとなるアッカーマン。それだけに彼らの間にある相性の良さが伺えます。今回のアルバムは、古今東西の名曲をスタントンがアレンジしたカヴァーアルバム。
Noah Wilding: Angelic Vocals, Jill Haley: English Horn, Will Ackerman: Guitar
(2011/05/24)

FOR YOU / Brooke Ramel -2011-
 アッカーマン・プロデュースによる久し振りのヴォーカル・アルバム。ソフト・ロック… ウィンダム・ヒル・メイツとしてはチェロのユージン・フリーゼンが唯一参加しています。
(2011)


REALITY OF THE FANTASY/ James Sera-2011-
 ウィルが影響を受けたジョン・フェイエイばりのアコースティック・ソロ・スタイル。
(2011/11/22)


 なんと、早くも2ndアルバムが届けられました。ウィルのプロデュースは前作と変わりませんが、エンジニアがコリンからトムへ。そうしたサウンドの違いを楽しみましょう。
(2011/12/01)

 Charlie Bisharat :Violin, Eugene Friesen : Cello, Jeff Haynes : Percusson, Steve Holley : Drums, Tony Levin : Bass, Jill Haley : English Horn, そしてNoah Wilding, Rory Sullivan, Jp Harris Backup vocals.
(2011/12/20)

SOUL WHISPER / Dean Boland -2011-
 イマジナリー・ロード・アーティスト総出演のピアノ・アンサンブル。ピアニストディーン・ボランドの1stアルバムです。2015年現在、ダウンロードでのみのリリースとなっています。
(2011/12/20)


Imaginary Road 2010|Imaginary Road 2011|Imaginary Road 2012
 
 
もどる
 
(2017/12/27)