Photo by Toshiharu Minagawa.


 ウィンダム・ヒルの歴史はウィリアム・アッカーマンの歴史でもあります。特に彼がプロデュースした作品は、レーベル色が色濃く反映されているといってよいでしょう。というのも、やはり彼がウィンダム・ヒルそのものだからに他ありません。
  ここでは、ウィンダム・ヒル・レーベルを売却した後に立ち上げたImaginary Roadという新しいレーベルに併せて新設したウィルのスタジオ、イマジナリー・ロード・スタジオで製作されたウィルのプロデュース作品のうち、2009年にリリースされたアルバムを紹介します。

なお、オムニバスなどのエグゼクティブ作品は割愛しています。ウィンダム・ヒルの作品集はコチラをご覧下さい。

 ゲストのないシンプルなギターソロ。ところどころでマイケル・ヘッジスを思わせるフレーズが飛び出してきて驚かされることがあります。前作でみせたアンサンブルをマックスが一人で奏でています。(レビュー
(2009/02/24)

 ピアノソロ。Chadのサイトからサンプラーとしてダウンロードできる曲がありますが、最初の音を聴いたとき、フィリップ・アーバーグの描き出す情景を思い浮かべずにはいられませんでした。ピアノトリオというキャリアの中で、初めてピアノソロという形で作品集を発表してくれました。ウィルにとっても久々のピアノソロ作品です。Chadのピアノの音色はトリオの時と同じように、変わらぬ透明感があります。レビュー
(2009/03/17)

 シングルカットされた“Violet Blue”にKori Linae Carothersがフューチャーされてたところから、このアルバムの存在を知りました。アコースティックギタリストの3枚目にあたるソロ・アルバムをアッカーマン&ネルソンのコンビが仕上げています。レビュー
(2009/04/20)

 アッカーマン・ファミリー(Eugene, Jeff, David, T Bone etc)が参加したエレクトリック・ポップなアルバム。My Spaceでは曲目や、フューチャーしているアーティストなどのクレジットを見ることができます。ダルシマー奏者マルコム・ダルグリッシュもフューチャーされた楽しみなアルバムです。リリース直前になってジャケットが替わりました。
(2009/06/30)


JANE AND JOHN DOE/Yasmin Tayeby-2009-
Yasmin Tayeby
 ウィルがヴォーカルをプロデュースするのは比較的珍しく、ウィンダム・ヒル時代の1991年にDots Will Echo, John Gorka, Partty Larkin、イマジナリー・ロードになってからは1996年のFrank Tedesso, Louise Taylorを制作したぐらい。このアルバムの主人公はエジプト出身のミュージシャンで、リリース当初はサインして送ってよ、などとメールでやり取りしていましたが、ふっつりと連絡が途絶えてしまい、ディスクを手にすることができません(現在はダウンロードでのみリリースされています)。
(2009/08/05)

 


THE PATH AHEAD / Rocky Rretz -2009-
 ピアノアンサンブル。David Cullen, Eugene Friesen, T.Bone Wolk, Michael Manringらが参加。レビュー
(2009/08/21)

 ジャケットに映る白い雪原。その白さを音で描くと、こんなにも純白で汚れのないピアノの音色になるんだろう、ということを改めて思い起こさせてくれる名演、名録音です。レビュー
(2009/11/02)

 抜けの良いアコースティックギターのカッティングとヴォーカル。透明感のあるサウンドにウィンダム・ヒル・メイツが参加してアンサンブルを奏でていますが、ポール・マッカートニーバンドのメンバー(Steve Holley)や、T Bone Wolkというリズム隊がバンドをしっかりと支えています。なんとなく「アメリカンアイドル」にでも出てきそうな青年という感じのミュージシャンですが、アメリカの懐の広さを感じる一人です。(レビュー
(2009/11/10)


Robert Walling-2009-
 幻に終わってしまったアルバム。2007年にはウィルらと『Windham Hill Winter Solstice Tour』などに出演して精力的に演奏活動もしていたのですが、結局媒体としてリリースされることはありませんでした。
 ただし全10曲のうち、ウィルとヴォーカルのノアが参加している♪After The Sunriseのみ『WOODSONGS』の中で聴くことができます。

 サンプルやゲスト陣を見る限り、これを手にすることができないとは!彼からはFacebookを始めるきっかけをもらったし、「リリースまであとちょっとだよ!」なんて、カウントダウン的なメールのやり取りをしていたのですが…

(2009)


Imaginary Road 2007Imaginary Road 2008|Imaginary Road 2009|
 
 
もどる
 
(2017/12/27)