Photo by Toshiharu Minagawa.


 ウィンダム・ヒルの歴史はウィリアム・アッカーマンの歴史でもあります。特に彼がプロデュースした作品は、レーベル色が色濃く反映されているといってよいでしょう。というのも、やはり彼がウィンダム・ヒルそのものだからに他ありません。
  ここでは、ウィンダム・ヒル・レーベルを売却した後に立ち上げたImaginary Roadという新しいレーベルに併せて新設したウィルのスタジオ、イマジナリー・ロード・スタジオで製作されたウィルのプロデュース作品のうち、2008年にリリースされたアルバムを紹介します。

なお、オムニバスなどのエグゼクティブ作品は割愛しています。ウィンダム・ヒルの作品集はコチラをご覧下さい。


Paul Jensen
 アメリカン・フォークシンガーのポール。この頃はまだアーティスト本人から購入するだけの余裕がありました。そうしたら「遠く日本からわざわざ!」と、マネージャーを通じて、それまでの過去の作品全部を送ってくれるという大それたことをしてくれたのです。ちょっと癖のあるヴォーカルと、アコースティックギターの乾いた音が印象的。
(2008/12/05)

SILHOUETTE OF A SEASON / Matt Millecchia -2008-
Paul Jensen
 透明感のあるフィンガースタイルによるギター・アンサンブル。タイトルもジャケットも曲想も、すべてがウィンダム・ヒル・スタイルに仕上がった、2009年最初に届けられたアコースティック・アルバムです。(レビュー




Imaginary Road 2007|Imaginary Road 2008|Imaginary Road 2009
 
 
もどる
 
(2017/12/27)