Photo by Toshiharu Minagawa.


 ウィンダム・ヒルの歴史はウィリアム・アッカーマンの歴史でもあります。特に彼がプロデュースした作品は、レーベル色が色濃く反映されているといってよいでしょう。というのも、やはり彼がウィンダム・ヒルそのものだからに他ありません。
  ここでは、ウィンダム・ヒル・レーベルを売却した後に立ち上げたImaginary Roadという新しいレーベルに併せて新設したウィルのスタジオ、イマジナリー・ロード・スタジオで製作されたウィルのプロデュース作品のうち、スタジオが始動しはじめた1995年以降から2004年にリリースされたアルバムを紹介します。

Frank Tedesso
 

 イマジナリー・ロード・スタジオ初期の作品であり、ウィルがウィンダム・ヒルの次に立ち上げた新たなレーベルImaginary Roadからの、記念すべき第一作。エンジニアを務めたコリン・ネルセン曰く「Frank is from another planet」とのこと(笑)。「I think so」とやり返しました(笑)


 このアルバムもFrank Tedessoと同様、アコースティック・ヴォーカル・アルバムとなりました。ただし、前作のFrankは弾き語り、今作は3ピースバンドに、イマジナリー・ロード・スタジオの面々が絡むというスタイル。特に白眉の一曲は、フィリップ・アーバーグが伴奏を務めているLaura。非常に 美しい楽曲で、ここに眠らせておくにはもったと思う佳曲です。

Rob Eberhard Young
 



Sergio Altamura
 
 

|Imaginary Road 2004|Imaginary Road 2005Imaginary Road 2006
 
 
もどる
 
(2019/06/06)