1972年にリリースされたアルバムのお気に入りを紹介します


 シカゴ交響楽団
指揮;ゲオルグ・ショルティ

♪ ♪ ♪

1972年度第15回グラミー賞
♪Best Classical Album
♪Best Choral Performance, Classical (Other Than Opera)
♪Best Engineered Recording (Classical) ; Gordon Parry & Kenneth Wilkinson, engineers.

 マーラーの巨大な交響曲を、これほどくっきりと鮮明に録音したレコードは今もって現れていないと言っても過言ではないでしょう。しかしまず声を大にして言わなければならないのは、録音が鮮明だから、というのではなく、紛れもない名演によるものです。そして私が惹かれたのは、その巨大さを視覚化したジャケットです。ここには俗称のように1000人には程遠い人数ですが、フィッシュアイで撮らえたこの一枚の写真が、どれほど聴く前に、私に様々な音を想像させたことでしょうか。「宇宙が鳴り響く様を想像してみてください」と。発売当初は、当然のことながらLP2枚組でしたが、今やCD一枚に収まり、巨大な曲が随分とコンパクトに収まるようになりました(笑)


 シカゴ交響楽団
指揮;ゲオルグ・ショルティ

♪ ♪ ♪

1972年度第15回グラミー賞
♪Best Classical Performance - Orchestra

 1972年に、ショルティはマーラーの交響曲第8番で3つの賞を、そしてこの第7番でもグラミーを授賞しました。キリリと引き締まった演奏は、これまでのマーラーを一新させるだけの効果を持っていました。私もこの第7番は、特に第5楽章のティンパニの音とテンポにはまっています。シカゴ響のティンパニ奏者は、さぞかし忙しかったのではないでしょうか?(笑)