冨田勲の音楽に最初に触れたのは、国民的番組『料理の時間』や『ジャングル大帝』でした。それから、天文に興味が行くようになり、友人に聞かせてもらった『宇宙幻想』という、いかにも星好きが手を出しそうなタイトルであり、宇宙っぽいサウンドを聴かせてくれたアルバムでした。その後、グッド・タイミングで作家の小松左京氏との対談番組「日本のトップ・アーティスト」がNHK-FM 五夜連続で放送(1980年12月1日〜5日)され、私の中で一気にトミタ・サウンドに火がついたのでした(笑)

 

パート1〜トミタ・サウンドの秘密をさぐる
パート2〜驚異の拡がり
 

 冨田勲の音楽に最初に触れたのは、国民的番組『料理の時間』や『ジャングル大帝』でした。それから、天文に興味が行くようになり、友人に聞かせてもらった『宇宙幻想』という、いかにも星好きが手を出しそうなタイトルであり、宇宙っぽいサウンドを聴かせてくれたアルバムでした。その後、グッド・タイミングで作家の小松左京氏との対談番組「日本のトップ・アーティスト」がNHK-FM 五夜連続で放送(1980年12月1日〜5日)され、私の中で一気にトミタ・サウンドに火がついたのでした(笑)

 このアルバムに収録されているのは、普通の音楽レコードというよりは、ドキュメンタリーに近い内容で、パート1は「素材から音楽のできるまで」としてラジオでも過程を紹介していましたが、当時製作中だったラヴェルの『ダフニスとクロエ』を素材に使ったプログラムです。ただ、ラジオと違って、氏本人からの解説もなく、淡々とパートに音のふくらみがついて完成に至るプロセスを聞くことができます。よほど興味のある方以外は、1回聞いたら「もういいや」状態になるのではないでしょうか。
 このアルバムのみでしか聞くことの出来ない音源が3曲が収録されています。『銀河鉄道の夜』は2016年にリリースされたSACD『スペース・ファンタジー』に収録されました(ただし、この曲は通常のCDフォーマットなので、マルチ・チャンネルとして編集されていません)が、もう1曲ドビュッシーの『沈める寺』の ニュー・アレンジはビクターのCMのため。そして先の小松左京氏との対談でオン・エアされたストラヴィンスキー作曲のエディット版『火の鳥』は、フル・アルバムの編集版です。

 

01. Pulstar
02. Freefall
03. Mare Tranquillitatis
04. Main Sequence
05. Sword Of Orion
06. Alpha
07. Nucleogenesis (Part One)
08. Nucleogenesis (Part Two)
09. Albedo 0.39

 上の『天国と地獄』と同様に、カール・セーガンの科学番組『コスモス』の中でもっとも印象的だった曲と言えば、このアルバムに収録されている「アルファ」ではなかったでしょうか。コスモスのスペシャルプログラムで放送された番組(司会:はせさんじ、ゲスト:横内正)でも、同様の印象をコメントしていましたが、琴のような音色に東洋的な雰囲気を持った曲として紹介されていました。その時初めて♪アルファを意識して聴いたのですが、アルバムジャケットのようなクリスタルな音に耳を奪われてしまったことを、今でもありありと思い出すことができます。
  当時はビデオデッキというものがわが家に無く、カセットデッキをテレビのスピーカーに押し付けて、家族中口を塞ぎ、物とを立てずに見入ったものです。そのカセットテープはまだ現存しているので、時々引っ張り出して懐かしいわが家のやり取りを聞いています(笑)。

 ちなみに上の集合写真は、アナログ盤の他、ヴァンゲリスがリマスターしたシリーズの1枚と、日本の紙ジャケです。紙ジャケは英国版を模しているようです(見開きでヴァンゲリスのポートレイト)。

 

展覧会の絵(1976)
01. Apocalypse des animaux - Générique(動物の黙示録)
02. La petite fille de la mer(海辺の少女)
03. Le singe bleu(憂うつな猿)
04. La mort du loup(狼の死)
05. L'ours musicien(音楽家:熊 )
06. Création du monde(世界の創造)
07. La mer recommencée(海への回帰)
 
 
 このアルバムからは、セーガン博士が宇宙飛行船に乗って宇宙空間を飛び回る際に使われた曲が収録されているので、たった1曲ですが外せない一枚となっています。そしてまた、ヴァンゲリスにとっては、このアルバムをきっかけとして、のちに動物三部作と呼ばれることになる、今作と1976年の『野生の祭典』、そして1978年の『野生』へと続く、出発点となった作品です。

 

火の鳥(1977)
01. Hymne(讃歌)
02. Rêve(夢)
03. L'enfant(子供)
04. Mouettes(かもめ)
05. Chromatique(半音階)
06. Irlande(アイルランド)
07. Flamants roses(紅鶴)
 
 
 ヴァンゲリスの楽曲は、聴き手のイマジネーションをかき立てるメロディが多く、このアルバムに収められた♪子供や♪讃歌など、『コスモス』では印象的な場面で使われ、そのワンシーンだけという曲なのですが、番組のハイライトシーンと言っても良いぐらいです。

 

惑星(1977)
01. Hymne(讃歌)
02. Rêve(夢)
03. L'enfant(子供)
04. Mouettes(かもめ)
05. Chromatique(半音階)
06. Irlande(アイルランド)
07. Flamants roses(紅鶴)
 
 
 ヴァンゲリスを『コスモス』によって知り、タイトルとジャケットに惹かれたのが、このベストアルバムでした。今も昔もベスト物は好きではないのですが、これはジャケ買いというヤツですね(笑)。その後、レーベル毎とか、ジャンルごとにリリースされるベスト物にはうんざりです(笑)。ただし、このベスト盤がくせ者で、たとえば『PORTRAIT - SO LONG AGO, SO CLEAR』などはリミックス、というよりもリ・レコーディングされた曲に差し換えられていたり(讃歌)、シングルエディットだったり…

 上の写真以外にもまだまだベスト盤は存在していますが、たとえばカール・セーガンの『コスモス』でヴァンゲリスのファンになってしまったリスナーには『GREATEST HITS』がお勧めです。というのも、たとえば『天国と地獄』などはA面/B面がそれぞれ大曲になっているのですが、その中の一部分だけが番組に使われていて、CDなどではトラックに分けられていないため、そこだけ聴きたいという場合にエディット処理されている今作がのが嬉しいところ。

  ちなみにヴァンゲリスは1943年3月29日生まれなので、占星術(獣帯)でいうところの白羊宮にあたるため、ベストアルバムの邦題としてはナイスネーミングだと思います。

宇宙幻想(1978)
01. I Can't Take It Anymore
02. Multitrack Suggestion
03. Memories Of Green
04. Not A Bit - All Of It
05. Suffocation
06. See You Later
 
 
  今までのヴァンゲリスとは印象の異なるジャケット、そしてジャケットからし今までのヴァンゲリスとは違う感触がありました。それはターンテーブルに置かれたレコードに針を落としてからも代わることのない印象でした。随所に彼の音は散りばめられているのですが、今までにないヴォーカルの起用に、リリース当初は、目を、いや耳を奪われてしまいました。
  それでも収録曲の中に『ブレードランナー』にも使われていた♪Memories of Greenなどが収録されていて、ここでアルバムジャケットの意味が分かったような気がしました。

 しかし国内盤のタイトル、実際に意味とは関係ない(原題はまたあとで、という意味)ところから良く付けたもんだと感心してしまいますが、私にはインパクトがありました。帯には元イエスの、なんて肩書きを添えられたジョン・アンダーソン。天国と地獄のようなリリカルな存在を期待していると、ちょっと肩すかしを食らったような、大勢のなかの一人と言った感じで、特別扱いをされているわけではありません。

 

01.Spiral(螺旋 )
02. Ballad(バラッド)
03. Dervish D(托鉢僧D)
04. To The Unknown Man(見知らぬ男)
05. 3+3
 
 
 
 
 

 

 

 

 ヴァンゲリスと言えば、一般のリスナー(?)には『ブレード・ランナー』か『FIFA』となるのでしょうか?2017年現在、唯一のSACDでのリリースは、この『BLADE RUNNER』のみです。背景に映り込んでいるのは、今やどうやって見よう?と考えてしまうLDです。そして、私はこの映画のマニアではないのですが、ヴァンゲリスに関するエピソードが収録されているポール・M・サモンの『メイキング・オブ・ブレードランナー・ファイナル・カット』です。

 

 

大峡谷(1983)
01. Theme From "Antarctica"(「南極物語」メイン・テーマ)
02. Antarctic Echoes(極地のこだま)
03. Kinematic(生きるための戦い)
04. Song Of White(白夜の歌)
05. Life Of Antarctica(生命の神秘)
06. Memory Of Antarctica(南極の想い出)
07. Other Side Of Antarctica(未知とロマンの南極 )
08 Deliverance(奇跡の生存)
 
 ブレードランナーや炎のランナーに話題をさらわれてしまった感がありますが、同じ年に日本の映画会もヴァンゲリスに音楽を依頼し、感動の作品の銀幕を飾りました。
  そうはいっても、映画を観たのがずい分経ってからだったので、このサントラも手にしたのがずい分後になってしまいました。生前の黛一郎が題名のない音楽会で「日本テレビのスポーツ・テーマ曲(ジャイアント馬場の入場曲として、毎日のスポーツニュースのテーマ曲として超有名)と引き合いに出し「これで1億ですよ!」とコケにしたメロディは、良く情景を表しているし、何よりテレビ朝日系列の正月番組『日本百景』の北国や、雪のシーンではこのアルバムの曲がずい分使われていたので、私にとっては馴染みのあるメロディばかりだったのです。
  だから、正月番組を見ている時には「この音はヴァンゲリスだよなぁ」とは思ってましたが、タイトルがわからず。 それからずい分経ってサントラ盤を聴いて「ああ!あのときに聞いた曲だ!」と久々の対面をした友人であるかのように嬉しかったのを覚えています。

 

DAWN CHORUS(1984)
01. Titles(タイトルズ)
02. Five Circles(五輪)
03. Abraham's Theme(アブラハムのテーマ)
04. Eric's Theme(エリックのテーマ)
05. 100 Metres(100メートル)
06. Jerusalem(エルサレム)
07. Chariots Of Fire(炎のランナー)
 
 

 

 80年代に入ってからのヴァンゲリスは、特に映画がヒットしたお陰で、本人の意思に反して一躍スターダムに出てきたような感じでした。その先駆けとなったのが、映画がアカデミー作品賞を受賞した『炎のランナー』でしょう。テーマ曲自体がビルボードのポップチャートでも大ヒット(1982/05/08付け1位)してしまったので、嫌でも馴染みの無い名前がお茶の間にもすんなり受け入れられてしまいました(ブリジストンのCMにも使用されました)。私の場合はカール・セーガンの『コスモス』からでしたが、当初、この映画の音楽担当の名前を聞いても、カール・セーガンの番組と同じ人物だとは気がつきませんでした。だからこそ、このアルバムの初回帯には「TV映画コスモスを担当したヴァンゲリス」という文字が踊るのでしょう。

 名曲・名盤なだけに、MFSLからも高音質24K盤がリリースされ、シンセサイザーと言う楽器の回路にでも入り込んで音を聴いているような気さえ起こしてくれました。実際は、それほど劇的な効果があったわけではありませんでしたが、それでもアナログのプチプチスクラッチノイズから解放され、ヴァンゲリスの音世界に一歩近づいたきになったものです。

 1982年に、ヴァンゲリスの盟友Demis Roussos(アフロディス・チャイルドのメンバーで、ハスキーなヴォーカリスト兼ベーシスト) は、ジョン・アンダーソンが♪Titlesに歌詞を付けた♪Race to The Endをカヴァーしています(ジョンはいろいろやるなぁ)

 

 

バッハ・ファンタジー(1984)
01. Titles(タイトルズ)
02. Five Circles(五輪)
03. Abraham's Theme(アブラハムのテーマ)
04. Eric's Theme(エリックのテーマ)
05. 100 Metres(100メートル)
06. Jerusalem(エルサレム)
07. Chariots Of Fire(炎のランナー)
 
 

 

 80年代に入ってからのヴァンゲリスは、特に映画がヒットしたお陰で、本人の意思に反して一躍スターダムに出てきたような感じでした。その先駆けとなったのが、映画がアカデミー作品賞を受賞した『炎のランナー』でしょう。テーマ曲自体がビルボードのポップチャートでも大ヒット(1982/05/08付け1位)してしまったので、嫌でも馴染みの無い名前がお茶の間にもすんなり受け入れられてしまいました(ブリジストンのCMにも使用されました)。私の場合はカール・セーガンの『コスモス』からでしたが、当初、この映画の音楽担当の名前を聞いても、カール・セーガンの番組と同じ人物だとは気がつきませんでした。だからこそ、このアルバムの初回帯には「TV映画コスモスを担当したヴァンゲリス」という文字が踊るのでしょう。

 名曲・名盤なだけに、MFSLからも高音質24K盤がリリースされ、シンセサイザーと言う楽器の回路にでも入り込んで音を聴いているような気さえ起こしてくれました。実際は、それほど劇的な効果があったわけではありませんでしたが、それでもアナログのプチプチスクラッチノイズから解放され、ヴァンゲリスの音世界に一歩近づいたきになったものです。

 1982年に、ヴァンゲリスの盟友Demis Roussos(アフロディス・チャイルドのメンバーで、ハスキーなヴォーカリスト兼ベーシスト) は、ジョン・アンダーソンが♪Titlesに歌詞を付けた♪Race to The Endをカヴァーしています(ジョンはいろいろやるなぁ)

もどるhomeコスモスの中のヴァンゲリス|その他のヴァンゲリス|イエス

このページは、
元http://www.catv296.ne.jp/~tupichan/Vangelis.htmlです。
Copyright(c) tupichan All Rights Reserved.