星と天界の音楽と(星のソムリエのブログ)

【宇宙を測る 宇宙の果てに挑んだ天才たち】
ブルーバックス(2002年2月発行)
序 章 風車に挑んで 1951
第1章 天球をながめて 紀元前3世紀
第2章 天界の革命 紀元100〜1600年
第3章 裸眼のドレス・アップ 1564〜1642年
第4章 軌道をめぐって 1630〜1900年
第5章 広がる構造 1750〜1958年
第6章 不変性と安定性の崩壊 1929〜1992年
第7章 あの時の光を解き明かせ 1946〜1999年
第8章 オメガの探求 1930〜1999年
第9章 消えた宇宙の地平線
終 章

「宇宙の端までの距離は測れるのか?」
  古代から宇宙の果てに思いを馳せながら、宇宙の広さを測り続けて来た驚くべき天才たちの物語として、ブルーバックスシリーズの中で取り上げられた一冊。小柄ながらゆえにコンパクトにまとめられた「宇宙の距離」の物語が、そのジャンルの天文学史とてテンポよく読み進めることができます。あとがきにはホーキングの理論やブラックホールの解説などを得意とするサイエンスライターとして紹介しています。

本はグラシン紙でカバーしてます。


もどるhome(一番星のなる木)