星と天界の音楽と(星のソムリエのブログ)

魅惑の音楽家−バースのリンリー一家との夕べ

 

 


 

 

 

   

 

Thomas Linley The Elder(1733-1795)
01. Cantata: Awake, my lyre
Rufus Müller; Tenor
Timothy Roberts; Harpsichord

02. Invocation : Fly to my aid, O mighty Love
03. Elegy I : Ah! What Avails The Sprightly Morn Of Life
04. Elegy II : Ye Sportive Loves, That Round Me Wait

Julia Gooding; Soprano
Charles Daniels ; Tenor
Christopher Purves; Bass
Mark Caudle; Cello
Timothy Roberts; Harpsichord

William Jackson (1730-1803)
Sonata in A minor Op.2-3
05. I. Allegro
06. II. Dolce con affetto – Un poco più presto – Dolce con affetto

Florian Deuter; Violin
Timothy Roberts; Harpsichord

07. Love In Thine Eyes For Ever Plays Op.13-7
Julia Gooding; Soprano
Ana-María Rincón; Soprano
Mark Caudle; Cello
Timothy Roberts; Harpsichord

08. Elegy III : Could he whom my dissembled rigour grieves Op.3-3
Rufus Müller; Tenor
Charles Daniels; Tenor
Christopher Purves; Bass
Frances Kelly; Welsh Harp

Henry Harington (1727-1816)
09. Enchanting Harmonist
Julia Gooding; Soprano
Christopher Purves; Bass

William Benson Earle (1740-1796)
10. Go, Rose! My Chloe's Bosom Grace
Julia Gooding; Soprano
Rufus Müller; Tenor
Charles Daniels; Tenor
Christopher Purves; Bass

Thomas Linley The Younger(1756-1778)
11. To Heal The Wound A Bee Had Made
Rufus Müller; Tenor
Florian Deuter; Violin
Frances Kelly; Welsh Harp

William Jackson (1730-1803)
12. Where the bee sucks Op.11-6
Julia Gooding; Soprano
Ana-María Rincón; Soprano
Rufus Müller; Tenor
Christopher Purves; Bass
Frances Kelly; Welsh Harp

William Herschel (1738-1822)
Sonata in D Op.4-4
13.I. Allegro
14. II. Andante
15. III. Allegro spiritoso

Florian Deuter; Violin
Mark Caudle; Cello
Timothy Roberts; Harpsichord

Henry Harington (1727-1816)
16. Ode To The Memory Of Italian Virtuosi
Julia Gooding; Soprano
Ana-María Rincón; Soprano
Charles Daniels; Tenor
Christopher Purves; Bass

17. Damon and Clora
Julia Gooding; Soprano
Christopher Purves; Bass

Thomas Linley The Elder(1733-1795)
18. Alas, from The Day My Poor Heart
Julia Gooding; Soprano
Frances Kelly; Welsh Harp

19. Elegy V : He Who Could First Two Gentle Hearts Unbind
20. Elegy VI : In Thousand Thoughts Of Love And Thee

Julia Gooding; Soprano
Charles Daniels ; Tenor
Christopher Purves; Bass
Mark Caudle; Cello
Timothy Roberts; Harpsichord

Henry Harington (1727-1816)
21. The lyre
Rufus Müller; Tenor
Frances Kelly; Welsh Harp

 
 イギリスのバース。そこはお風呂(バス)の発祥の地と言われている場所として有名ですが、音楽家だった頃のハーシェルが移り住んだ街がバースでした。そこは音楽会なども盛んに行なわれていた所として、ヨーロッパでは有名だったようです。そんな噂を聞きつけたハーシェルが選んだ地がバース。当時、バースの音楽監督だったのが、今回紹介しているトーマス・リンリー(1733-1795)。ハーシェルにとって最大のライバル(のちに、ハーシェルがリンリーに代わって街の音楽監督になってしまったほどの関係だったそうです。

 当時バースは王族・貴族が集まって毎日のように夜会や音楽会を開いていた社交界の中心地でした。その夜会で行なわれたであろうプログラムを再現した、というのがこのアルバムのポイントです。このアルバムに収録されているプログラムを見ると、きっとこれを企画したのはリンリーだったのではないでしょうか? お互いをライバル視していただけあってなのか、ハーシェルの曲は1曲しか演奏されていません。ヴァイオリンとチェロのストリングスと、通奏低音のチェンバロによるトリオ・ソナタです。伴奏がチェンバロというあたりが、バロックを連想させます。1769年に出版された曲。

 演奏はガブリエル・コンソートのメンバーとして活動する傍ら、ソロでも数々のレコーディングをこなしているキーボーディスト(オルガン、ハープシコードなど)ティモシー・ロバーツが率いるInvocationというグループで、他にも英国の作曲家を取り上げたアルバムがレコーディングされていますが、ハーシェルを演奏しているのはこの一枚だけというのは残念です…

 

作曲家の履歴
Henry Harington (1727-1816)
William Jackson (1730-1803)
 作曲家としての顔以外に、画家、作家という肩書きを持つウィリアム・ジャクソン。音楽家であり、天文学者となったハーシェルのようです。トーマス・リンリー・ザ・ヤンガー(エルダーの息子)の傑作『テンペストのための音楽』の終曲のもとになった♪Where the bee sucksの作者。他、ヴァイオリンソナタを含む4曲が収録されています。
Thomas Linley The Elder(1733-1795)
William Herschel (1738-1822)
 現在は作曲家として語られることよりも、天文学者として紹介されることが多いようです。ハイドンとの交流で知られていること以外、音楽史の中で語られることはほとんどありません。(ハーシェルのページ/日本ハーシェル協会のページ
William Benson Earle (1740-1796)
Thomas Linley The Younger(1756-1778)
 このアルバムの主役であるトーマス・リンリーの長男。僅か22年の生涯でしたが「イングランドのモーツァルト」と言わるほどメロディ・メーカーだったようです(恐らく父よりも有名。モーツァルト父子と同じ?)。

 

もどるhome