ここで聴くサティは、サティが生きていた時代(1866-1925)に作られたピアノによって奏でられています。つまり、サティが聴いていたピアノの音で演奏されています。聴き手によっては古くさい、変な音がする、音楽じゃない などと耳をふさいでしまうかもしれませんが、そんなこと気になさらずに、タイムカプセルを開けて聞こえてくる音楽だと思ってくださいな。
♪グノシエンヌ 第1番/第2番/第3番
♪『星たちの息子』 への3つの前奏曲
♪『天国の英雄的な門』 への前奏曲
♪ばら十字団のファンファーレ
♪ジムノペティ 第1番/第2番/第3番
♪4つのオジーヴ

1905年製エラール

 インマゼールのもとでラヴェルのピアノ協奏曲でソリストを務めているクレール・シュバルベが、ラヴぇエルのレコーディングの時と同じエラールを使ってサティのアルバムを録音してくれました。すでにリリースされている楽器と比べると20世紀に入ってから制作された、わりあい新しめのピアノ、と言えるかもしれません(100年以上経ってはいますが!)。

 

♪ジムノペティ 第1番/第2番/第3番
♪グノシエンヌ 第1番/第2番/第3番/第4番/第5番/第6番
♪冷たい小品集
♪ゴチック舞曲
(わが魂の大いなる静けさと堅固な平安のための九日間の祈祷。崇拝と聖歌隊的協賛)
♪3つの歌曲(天使/花/シルヴィ)*
♪サラバンド 第1番/第2番/第3番
♪『天国の英雄的な門』への前奏曲
1875年製エラール
*Patrice Maginnis(ソプラノ)
 『VISIONS』というタイトルが付けられたアルバム。1875年製のピアノで演奏され、1曲だけソプラノが歌っています。歌い手には伴奏としてのピアノと考えると、結構きついのでしょうか。ラスリーや、インマゼールはドビュッシーのメロディを取り上げていますが、歌手に対して、そんなコメントを寄せていたような気がします。

 

グノシエンヌ第1番/貧しき者の夢/カドリール舞曲(メデューサの罠)/快い絶望/ グノシエンヌ第2番/最後から2番目の思想 〜牧歌、朝の歌、瞑想/グノシエンヌ第3番/第1幕への前奏曲=使命(星たちの息子への3つの前奏曲)/ジムノペディ第1番/彼の鼻眼鏡(嫌らしい気取り屋の3つの高雅なワルツ)/グノシエンヌ第4番/うつろな空想/困った前例/愛撫/甲殻類の胎児(ひからびた胎児)/家でひとり(<犬のための>ぶよぶよした本当の前奏曲)/グノシエンヌ第5番/ノクターン第4番/練習/グノシエンヌ第6番

1870製プレイエル

  邦題が『うつろな空想』と名づけられ、解説には細野晴臣氏がコメントを寄せています。そうした音楽ファンをターゲットにしているのでしょうか。曲目がバラバラで20曲。コンサートを意識しているのか… ちょっとこういう配列は苦手。しかし1870年製作のプレイエルには惹かれます。解説に細野晴臣が意外。

 

グノシエンヌ第1番/グノシエンヌ第2番/グノシエンヌ第3番/グノシエンヌ第5番/ゆがんだ3つの踊り第3番(冷たい小品集)/グノシエンヌ第4番/逃げ出したくなる3つの歌第1番(冷たい小品集)/ゆがんだ3つの踊り第1番(冷たい小品集)/逃げ出したくなる3つの歌第2番(冷たい小品集)/ゆがんだ3つの踊り第2番(冷たい小品集)/舞踏への小序曲/グノシエンヌ第6番/最初の思想・バラ十字会/ジムノペディ第1番/愛撫/ジムノペディ第2番/逃げ出したくなる3つの歌第3番(冷たい小品集)/ジムノペディ第3番/サラバンド第1番/

1855年製エラール

 GLOSSAというレーベルから1998年にリリースされていたアルバムで、サティを初めて古楽で聴くことができました。今まではチッコリーニの現代ピアノの音に慣れていたので、この古風で、まろやかな感じのサティは非常に新鮮でした。しかも演奏しているピアノがサティ生前に作られたピアノ、今まで聴いてきたサティの中では最も古いピアノを使っています。しかし、柴野さつきさんのアルバムのように、組曲的な曲がバラバラに配置されているのはやっぱり苦手。

 

♪劇音楽『星たちの息子』
第1幕:前奏曲/使命-カルデアの夜
第2幕:前奏曲/入信-大寺院の地下の大広間
第3幕:前奏曲/呪文-パテシ・ゴデア宮殿のテラス

1899年製ベヒシュタイン

 鬼才と呼ばれるアレクセイ・リュビモフが「星の息子」をレコーディングしました。これまでに、この曲だけが取り上げられたことは非常にまれで、先の柴野さつきさんが(現代ピアノで)取り上げている一例ぐらいでしょうか?そんな貴重な楽曲を、1899年製のベヒシュタインで演奏しているのですから、非常に興味深いものです(2011年のドビュッシーのレコーディングでも、このレコーディングと同じ1899年製ベヒシュタインを奏しています)。

 

♪グノシエンヌ 第1番/第2番/第3番/第4番/第5番/第6番/第7番
ピカデリー
あらゆる意味で、でっちあげられた数章
最後から2番目の思想
太った木の人形のスケッチとからかい
官僚的なソナチネ
金の粉/ひからびた胎児
自動記述法
1世紀ごとの時間と瞬間的な時間
壁掛けとしての前奏曲/
嫌な気取り屋への3つのワルツ
ジュ・トゥ・ヴー
♪ジムノペティ 第1番/第2番/第3番

1890年製エラール

 生誕150周年となるの2016年からレコーディングが開始されたソロ作品全曲シリーズの第一弾。1890年製のエラールが選ばれ、SACDというフォーマットでリリースされます。もう私にとっては一石二鳥のような企画!第二弾以降も同じピアノが使われるのかどうか気になるところ…

 全曲レコーディングと言えば、現在高橋アキもファツィオーリを奏してカメラータとブルーレイ・オーディオで進行中ですが、どちらが先に完成するでしょうか?どちらも高音質での録音。サティも進化したなぁ。


「天国の英雄的な門」への前奏曲
スポーツと気晴らし
3つのサラバンド
犬のためのぶよぶよした前奏曲
犬のための本当にぶよぶよした前奏曲
ばら十字団のファンファーレ
短い子供のお話〜子供の曲集より
絵に描いたような子供らしさ〜子供の曲集より
「星の息子」への前奏曲
迷惑な軽い罪〜子供の曲集より
新子供の曲集

1890年製エラール

 生誕150周年となるの2016年からレコーディングが開始されたソロ作品全曲シリーズの第二弾。今回も前作と同じ1890年製のエラールでレコーディングされました。ゆくゆくは全集となる企画だから、今手を出さずともボックス化されるであろうと予測できる(しかもボックスのジャケットまで!)のに、やはり早く聴きたい!

 

Nicolas Horvath 1

アレグロ/ワルツ-ヴァレ/幻想-ワルツ/四重奏曲 第1番/第2番
オジーヴ/3つのサラバンド/3つのジムノペディ
グノシエンヌ/ハンガリーの歌/3つのグノシエンヌ
ばら十字団の最初の思想:初稿?
「至高の存在」のライトモティーフばら十字団のファンファーレ
教団の歌 / 大巨匠の歌 /大僧院長の歌
「星の息子」第1幕へのグノシェンヌ

1881年製エラール(コジマ・ワーグナー所有)

 2016年に出版されたサラベール新版を用いて録音され、コジマ・ワーグナー所有の1881年製エラールを使用している興味深い全集録音が開始されました。

 

Nicolas Horvath 2

劇付随音楽『星の息子』
若き令嬢のためにノルマンディの騎士によって催された宴

1881年製エラール(コジマ・ワーグナー所有)

 2016年に出版されたサラベール新版を用いて録音され、コジマ・ワーグナー所有の1881年製エラールを使用している興味深い全集録音の第2弾。アレクセイ・リュビモフに続くピリオド楽器での録音。メーカーの解説による世界初録音とは、「サラベール新版を用いて録音された」という意味で、実際には版違いに夜全曲の3種目となります。

 

Nicolas Horvath 3

ナザレ人の前奏曲/ウスピュ(3幕の宗教バレエ)
エジナール(アインハルト)の前奏曲/ゴシックの舞曲
ヴェクサシオンズ/『貧者のミサ』より
『天国の英雄的な門』への前奏曲/グノシェンヌ 第6番
グノシェンヌ?(踊り子たちへの小序曲)
冷たい小品(3つの逃げ出させる歌)
3つの逃げ出させる歌 第2番(より半音階的に)
冷たい小品(ゆがんだ踊り)
ゆがんだ踊り II

1881年製エラール(コジマ・ワーグナー所有)

  2016年に出版されたサラベール新版を用いて録音され、コジマ・ワーグナー所有の1881年製エラールを使用している興味深い全集録音の第3弾。私が購入したショップでは、この盤のみコジマ・リスト所有となっています。まぁ、リヒャルト・ワーグナーと結婚して姓がリストからワーグナーになったことによる違いですが、同一人物。