ドビュッシーのこと

僕にとってのドビュッシーは、
彼の紬出す音楽が僕には水か空気のようなものだから、
ごく自然に体の五感に馴染んできます。
特に彼の“夜の音楽”と言わしめる独特の間と響きの連続。

なぜ僕がここまでドビュッシーにのめり込んでしまったのかといえば、
まずは絵画的なタイトルと、
ジャン・コクトー(1889.7.9-1963.10.11)が
彼の音楽を評して次のように語ったからです。


歴史の開闢以来
大自然をにぎわしている不思議なつぶやきや片言
しかしこれらは人間に伝える声を持たなかった
それを初めて歌い上げ
人間の声に変えたのがドビュッシーであった




最初に聴いた彼の作品は冨田勲が1974年に発表した
シンセサイザーによる『月の光』でした。

その後、

それらの原曲を聴いてみたくなり、
何気なく手にしたミシェル・ベロフの『前奏曲集』。

友人宅でカセット・テープへダビングする際、
アナログ・オーディオのレベルメータの触れる様を見ていて、
もしかしたら催眠術にかかったのかもしれません。
室内灯を消しオーディオのみの灯りが部屋を照らしている。
僕がアンプのレベルメーターが揺れるのをじっと見つめていたから暗示にかけられたのかも。

まさにドビュッシーの言うところの“夜の音楽”にふさわしい雰囲気だったから。

クロード・アシル・ドビュッシー(1862.08.22-1918.03.25)

「フランスの作曲家」

2008年は没後80年、2012年は生誕150周年にあたります。


 

〜ドビュッシー作品(特にピアノ作品を中心として)〜

・ミシェル・ベロフ(ドビュッシーの素晴らしさを教えてくれた天才

アルトゥーロ・ベネゲッティ・ミケランジェリ(未完に終わった気難しい全集)

・フィリップ・カッサール
(ドビュッシーの好んだ音色による全集とマラソンコンサート)

前奏曲集

ピリオド楽器で奏でるピアノ作品

ドビュッシーへのオマージュ

室内楽作品

オーケストラ作品

声楽作品

そのほか

燃える炭火に照らされた夕べ

選ばれた乙女