ようこそ「一番星のなる木」へお越し下さいました。このページは(後でも書きますが)、自費出版のエッセイを中心とした私的サイトです。左の写真、上にあるのが1997年3月の自分の誕生日に出版した『一番星のなる木』の本の表紙です。作者である僕が30歳になったのを区切りに、これまでに書き綴っていた旅行記や、四街道にある自然同好会の会報『自然』で毎月掲載してもらっていた(1994〜2004)エッセイをまとめたものです。
 自分のためだけに…、今まで読んだ本で感動したものや好きな本の隣りに…、自分自身で書いた本を並べるのが夢でした。それも今は現実のものとなったのです。
 近代文芸社から自費で出版しましたが、予算の壁が厚く思ったほど写真が使えませんでした。「これはインターネット(ホームページ)を開設して、そこで発表しよう」と急遽パソコン(パソコンを買うお金はアラスカに行くための旅費だった)を始め、ホームページを開設してしまったというわけです。はっきり言って本の編集をしていた方がどれだけ楽だったことか…。
 そして、今御覧頂いているこれが、その本のホームページ版です。それまでパソコンなんてさわったことのなかったヤツが「良くぞここまで(しかも周りにMacを使っている人がいなかったから、本屋で立ち読みしたり販売店に出入りしたりして)やったなぁ」とわれながら感心しているしだいです。
 自費出版ということで500冊しか作りませんでしたが、書店でも取り扱ってもらっていましたが、現在は書店では取り扱っていません(アマゾンにまだ残っているようですが)。手元に何冊か残っているので、このホームページからも申し込みができます。ただし送料が含まれますので、その点はご了承下さい。近県にお住まいの方は、手渡しでも良いです。
 本の内容が知りたい方は、スクラップブックへどうぞ。中身はこんな感じです。ただし、オーストリアの作曲家であるアントン・ブルックナー(1824〜1896)ではありませんが、僕にもかなりの書き換えるクセがあるらしく(とは言っても、彼と違って、誰かに何かを言われたから書き換えるのではなく)、さまざまな版があり、会報版、本版、ホームページ版といった具合に何種類か存在するようです(笑)。

Contents
一番星のなる木 メインのエッセイ集です。他に処女作『遠野物語』、
ショートショート『家具の音楽』があります。
こよみ 季節の言葉を写真を交えて紹介しています。
ほしにっき いろんな場所で見上げた星空の日記です。星の歳時記と共に。
星の話 趣味である星に関することのページです。星座の紹介、カール・セーガンのコスモス、神話、サザンクロスなど。
ウィンダム・ヒル アメリカの音楽集団を紹介するページです。私のHPを音で表現するとこんな音楽になる!?
自然にあつまれ 四街道で活動している自然愛好家たちの写真展の情報を発信していましたが、諸事情により2005年9月25日をもちまして閉鎖させていただきました。
大樹のアルバム 愛息に関するページ。まぁ、親バカなページってとこですな。
Juke Box レコード、CDのレビューなど、音楽と映画のコンテンツです。
作者のこと このサイトの作者に関すること
写真集 もう一つの趣味である写真、いわゆるフォトアルバムです。
自分でやってみよう 一人暮らしを始めました。

もどる

最終更新日2015年 11月25日(水)