ウィンダム・ヒルの掲示板

A WINDHAM HILL CHRISTMAS -2002-

Produced by Dawn Atkinson.

01. Sussex Carol/ Jeff Johnoson, Brian Dunning & Johnny Cuhnningham
Jeff Johnoson; Keyboards / Brian Dunning; Whistles, Accordion / Johnny Cuhnningham; Violin
Produced by Jeff Johnoson.

02. Angels We Have Heard On High/ Steve Erquiaga
Steve Erquiaga; Nylon-String Guitar
Produced by Steve Erquiaga.

03. O Holy Night/ Jim Brickman
Jim Brickman; Piano
Produced by Jim Brickman.

04. In Dulci Jubilo/ Barbara Higbie
Barbara Higbie; Piano, Celtic Harp, Violin/ Nina Gerber; Guitar, High-strung guitar

05. The First Noel / W.G.Snuffy Walden
W.G.Snuffy Walden; Guitar
Andrew Shulman; Cello / Bennett Salvay; Strings
Produced by W.G.Snuffy Walden.

06. Christmas is Coming / George Winston
George Winston; Piano
Produced by George Winston.

07. It Came Upon a Midnight Clear / Tim Story
Tim Story ; Piano, Synthesizers / Kimberly Bryden; Oboe
Produced by Tim Story.

08. Silent Night / Tracy Silverman & Thea Suits
Tracy Silverman; Violin, Electric 6-string violin, Keyboards / Thea Suits; Flute
Produced by Tim Story.

09. Medley: Christ the Apple Tree; Once in Royal David's City 0/ Alex de Grassi
Alex de Grassi; Guitar
Produced by Alex de Grassi.

10. Deck the Halls / Liz Story
Liz Story; Piano
Produced by Liz Story.

11. O Come, O Come Emmanuel0/ Paul McCandless
Paul McCandless; Oboe, English Horn, Keyboards
Nina Gerber; Guitar / Robert Ward; French Horn / Michael Manring; Bass
Produced by Dawn Atkinson and Paul McCandless.

12. What Strangers are These/ Will Ackerman & David Cullen
Will Ackerman; Baritone Guitar / David Cullen; Guitar
Produced by Will Ackerman.

13. The Holly and the Ivy / Nightnoise
Michaeal O Domhnaill; Guitar / Toriona Ni Dhomhnaill; Piano
Brian Dunning; Flute / John Fitzpatrick; Violin
Produced by Nightnoise.

14. Lo, How a Rose / Paul Schwartz
Paul Schwartz; Piano
Produced by Paul Schwartz.


 2001年、ウィンダム・ヒル・レーベル発足25周年記念として、様々なアルバムがSilver Aniversallyというシリーズとしてリリースされましたが、レーベルの目玉でもあった『A WINTER'S SOLSTICE』も、それが同シリーズの最終章となりました。以下同名タイトルのコンピレーションはリリースされていません(2005年10月に2枚組のベスト盤【ESSENTIAL A WINTER'S SOLSTICE】がリリースされたのがラスト)。

 そして2002年から『CHRISTMAS』と銘打たれた今作が、2005年まで毎年リリースされるようになりました。内容はシリーズの雰囲気を壊すことなくウィンダム・ヒルのポリシーを貫いていてファンにとっては嬉しいシリーズでした。ジャケットもいい。

 ライナーにはプロデューサのDawn Atkinsonが解説を書き、この時期がレーベルアーティストにとって一番の創作時期であり、キリストを祝う意味でもこの時期は素晴らしいシーズンだと言うことを語っています。
 今までシリーズ化していた『A WINTER'S〜』は厳しい季節の中にも生命の息吹とかを感じさせる自然界からのメッセージを持っていたのに対し、こちらはあくまでも人々の生活の中に、このシーズンへの思いを感じさせます。つまりキリストの誕生を祝うお祭りムード。収録曲はオリジナル曲が含まれていないのが特徴でしょう。そういった意味ではかつてリリースされていた【THE CAROLS OF CHRISTMAS】と性格が似ているのかもしれません。

 余談ですが、アルバムクレジットでは5と6の順序が入れ替わっています。いわゆるミスプリントというヤツ(本来はこの順番が正しいのかもしれない)この上の表記が正しいので、ご参考までに。



もどる(ウィンダム・ヒルのクリスマス)ウィンダム・ヒル

home(一番星のなる木)