星と天界の音楽と(星のソムリエのブログ)

Charles Koechlin(1867-1950)

 フランスの作曲家シャルル・ケクラン(1867-1950)は、天文学者を志していたというエピソードを聞き知って私の目にとまりました(笑)。同じくサン=サーンスも。
  彼の作品は、現代音楽の範疇に入ってしまうようですが、ドビュッシーより5歳下であり、ラヴェルよりも8つ年上です(←私の趣味の範囲…)。写真も残っているし、かなり現代に近い作曲家ではありますが、親しみやすいメロディやハーモニーを聞かせてくれる作品は、20世紀の現代音楽の範疇に入らないのではないだろうか? と、個人的には思っているので、星を眺める時に流しておく機会が多い作曲家です。特に私が好んで聞くのは室内楽のような小品ばかりですが。
 

CHARLES KOECHLIN -2003/2004-

SWR music CD93.106


Radio-Sinfonieorchester Stuttgart
Christine Simonin, Ondes Martenot
Heinz Holliger; Conductor

   

夜想曲「星空の詩」 Op.129
(Vers la Voute etoilee)

Le Docteur Fabricius Op.202
(ファブリチウス博士 Op.202)



  静かな序奏に始って、だんだんと盛り上がりを見せていく。まさに原題「星空に向かって(邦題はあくまでも「星空の詩」のようです)」とあるように、地上から見上げていた好奇心の眼が、科学の力を身につけ、次第に地球を離れ、大海原と化した星空へと旅立っていくような曲。静かな雰囲気は始ってすぐに終わってしまいますが、いっぺんの映画を見ているかのような曲想。たとえば未知との遭遇に近い物があるでしょうか?
 この「星空の詩」は、同郷の天文学者、カミーユ・フラマリオン(1842-1925)の思い出に捧げられた管弦楽のための夜想曲。このあたりも私のつぼにしっかりとはまっています。フィールドやショパンのそれとは、私の考えるところの夜想曲と違った意味を持っていますが、ここでは私が求める夜想曲を体現させてくれます。

  ケクランはここで紹介した管弦楽曲のほか、ピアノ、もしくはハープ独奏のOp.32と、フルートとホルン、ハープのためのOp.33と魅力的な夜想曲を残しています。また、彼は(本職の?)作曲家という肩書きのほかに天文学者としての顔を持っていることから、その作品には天文学を思わせるタイトル曲を見つけることができます。
  なお、ケクランはフラマリオンの天文書を読んで星に興味を持った様ですが、このフラマリオンは火星のカナリ(渓谷という意味)を知的生命、つまり火星人が建設した運河であると主張したことで知られています。また、中世の宇宙観としての挿絵として有名な製作を手掛けた人物でもあるのです。
 もう1曲の「ファブリチウス博士」はヨハネス・ケプラーの娘と結婚した天文学者です。この管弦楽曲で使われているオンド・マルトノ(メシアンの「トゥランガリーラ交響曲」が最も有名な曲)という楽器の存在が、強く現代音楽を意識させてくれます。

 

 

 

 

Charles Koechlin
PIANO WORKS -1992-

cpo 999 054-2


Deborah Richards; Piano

Producer: Peter Schilback
Enginieer: Frauke Schulz

   

Paysage et marines Op.63
1 er Recueil:
01. Sur la falaise
02. Matin calme
03. Promenade vers la mar
04. Le chant du chervrier
05. Soir d'ete(d'apres la lithographie d'Henri Riviere)
06. Ceux qui sen vont pecher au large, dans la nuit

2 eme Recueil:
07. Soir d'angoisses
08. La chanson des pommiers en fleurs
09. Paysage d'Octobre
10. Chant de pecheurs
11. Dans les grands champs
12. Poeme virgilien

13. Nocturne chromatique Op.33

L'ancienne maison de campagne Op.124
14. L'accueil de la maison
15. D'un vieil album I - Les fiances de 1830
16. D'un vieil album II - Reliques de deuil
17. Les collines, et la vie tranquille
18. La lecon de piano
19. La terrasse Louis XV(au-dessus du lac)
20. La vieille fontaine
21. Jeux
22. En ramant sur le lac
23. Matin dans le bois(Courses dans la jungle)
24. La veille du depart
25. Promenade d'automne
26. La jeunesse vue du seuil de la vieillesse

 

 

Charles Koechlin
MUSIQUE DE CHAMBRE -2017-

SWR music 19047CD

Deborah Richards; Piano

Producer: Peter Schilback
Enginieer: Frauke Schulz

   

Disk 1
♪クラリネット・ソナタ第1番 Op.85 (1923)
(Premiere Sonate pour clarinette et piano)
Dirk Altmann; Clarinette
Florian Henschel; Piano

♪クラリネット吹きの打ち明け話 Op.141 (1934)
(Les Confidences d'un joueur de clarinette)
Dirk Altmann; Clarinette
Sibylle Mahni Haas; Horn
Gunter Teuffel; Viola
Johanna Bush; Cello

♪クラリネット・ソナタ第2番 Op.86 (1923)
(Seconde Sonate pour clarinette et piano)
Dirk Altmann; Clarinette
Florian Henschel; Piano

♪ 2つのクラリネットのための牧歌 Op.155bis (1936)
(Idylle pour deux clarinettes)
Dirk Altmann; Clarinette
Rudolf Konig; Clarinette

♪クラリネットとピアノのための14の小品 Op.178 (1942)
(Quatorze Pieces pour clarinette et piano)
Dirk Altmann; Clarinette
Florian Henschel; Piano

♪11のモノディ Op.216 (1948) 抜粋
(Monodies pour clarinette solo)
Dirk Altmann; Clarinette(1-36)




Disk 2
♪フルート・ソナタ Op.52 (1911-1913)
(Sonate pour flute et piano)
Barbara Hank; Flute
Michael Baumann; Piano

♪ジーン・ハーローの墓碑 Op.164 (1937)
(Epitaphe de Jean Harlow)
Tatjana Ruhland; Flute
Libor Sima; Saxophon
Yaara Tal; Piano

♪三重奏曲(2本のフルートとクラリネットのためのディヴェルティスマン) Op.91 (1923-1924)
(Trio -Divertissement pour deux flutes et clarinetto)
Tatjana Ruhland; Flute
Christina Singer; Flute
Dirk Altmann; Clarinet

♪四重奏の組曲 Op.55 (1911-1915)
(Suite en quaruor)
Tatjana Ruhland; Flute
Yaara Tal; Piano
Mila Georgieva; Violin
Ingrid Philippi; Viola

♪三重奏曲 Op.92 (1924)
(Trio pour flute, clarinette et basson)
Tatjana Ruhland; Flute
Libor Sima; Basson
Dirk Altmann; Clarinet

♪2つのフルートのためのソナタ Op.75 (1918-1920)
(Sonate pour deux flutes)
Tatjana Ruhland; Flute
Christina Singer; Flute

♪2つの夜想曲 Op.32 (1897-1907)
(Deux Nocturnes pour flute, cor et piano)
Tatjana Ruhland; Flute
Joachim Bansch; Horn
Yaara Tal; Piano

♪旋法によるフルートとクラリネットのためのソナチネ Op.155a (1935-1936)
(Sonatine modale pour flute et clarinette)
Tatjana Ruhland; Flute
Dirk Altmann; Clarinet


♪初見のためのフルート小品 Op.218 (1948)
(Piece pour flute et piano -pour lecture a vue-)
Tatjana Ruhland; Flute
Yaara Tal; Piano



Disk 3
デイジー・ハミルトンの肖像 Op.140 (1934-1935) 抜粋
(Le Portrait de Daisy Hamilton)
Dirk Altmann; Clarinet
岡本麻子; Piano

♪オーボエ・ソナタ Op.58 (1911-1916)
(Sonate pour piano et hautbois)
Alexander Ott; Oboe
Hans-Georg Gaydoul; Piano

ファゴット・ソナタ Op.71 (1918-1919)
(Sonate pour basson et piano)
I. Andante moderato / II. Nocturne: presque adagio / III. Final
Eckart-Hunbner; Basson
Inge-Susann Romhild; Piano

ホルン組曲 Op.185 (1942)
(Suite pour cor anglais seul)
I. Melopee pour s'evader du reel
II. Scherzo: Danse de faunes
III. Plainte Nocturne
IV. Final: LAme libre et fantasque
Lajos Lencses; English Horn

3つのフルートのための「墓碑」 Op.224 (1950)
(Stele funeraire - pour 3 flutes a tour de role)
Peter Thalhaimer; Flutes



Disc4
♪ヴィオラ・ソナタ Op.53 (1902-1915)
(Sonate pour piano et alto)
Paul Pesthy; Viola
Chia Chou; Piano

♪チェロ・ソナタ Op.66 (1917)
(Sonate pour piano et violoncelle)
Peter Bruns; Cello
Roglit Ishay; Piano

♪20のブルターニュの歌 Op.115
(Vingt Chansons bretonnes pour violoncelle et piano)
第1巻:第1番〜第6番
(Book I)
第2巻:第7番〜第12番
(Book II)
第3巻:第13番〜第20番
(Book III)
Peter Bruns; Cello
Roglit Ishay; Piano



Disc5
♪アンダンテ (1895)
( Andante quasi adagio - 1ere version de Au loin Op.20-2)

♪ソナチネ 第1番 Op.87 (1923-1924)
(Sonatine)

♪リリアンのアルバム 第1集 Op.139 (1934) 抜粋
(L'Album de Lillian, 1er recueil)

♪ソナチネ 第2番 Op.87-2 (1923-1924)
(Sonatine No.2)

♪陸景と海景 Op.63 (1915-1916)
(Paysages et marines)

♪ソナチネ 第3番 Op.87-3 (1923-1924)
(Sonatine No.3)

♪リリアンのアルバム 第2集 Op.149 (1935) 抜粋
(L'Album de Lillian, 2eme recueil)

♪ソナチネ 第4番 Op.87-4 (1923-1924)
(Sonatine No.4)

Michael Korstick; Piano



Disc6
♪ペルシャの時 Op.65 (1913-1919)
(Les Heures pesanes)

Michael Korstick; Piano


Disc7

♪ジンジャーのための踊り Op.163 (1937-1939)
(Danses pour Ginger)
1. L'Elan (Allegro)
2. Danse lente (Soutenu et tres lie)

♪ソナチネ 第3番 Op.59-3 (1915-1916)
(Sonatine No.3)

♪アンダンテ・コン・モート (1896)
(Andante con moto)

♪古い田舎屋敷 Op.124(1923-1933)
(L'Ancienne Maison de campagne)

♪ピアノ小品 Op.83bis(1923)
(Piece pour piano)

♪ソナチネ 第2番 Op.59-2(1915-1916)
(Sonatine No.2)

♪12のエスキース Op.41(1905-1915)
(Eaquisses)


Michael Korstick; Piano

 
 ケクランの室内楽がまとめて聴けるお徳なボックスセットです。しかも、この7枚組には夜想曲が4曲収録されています。ただケクランの夜想曲や、室内楽、ピアノ曲が全部聞けると言うわけではないのですが、その中には夜想曲的な雰囲気の曲もあったりするので、個人的にはお気に入りのボックスです。また、モンポウに通じるピアノ曲も捨て難い雰囲気を持っています。

 

ケクランの夜想曲

ケックランについて
♪参考資料♪
該当書籍なし

天文学史
★参考資料★
星の年表(斉田博/誠文堂新光社)
天文学史(中山茂編/恒星社)

クラシック・インデックス作曲家のページ

星の音楽、宇宙の響き天界の音楽

宇宙と音楽(天文学史と音楽史)

home(一番星のなる木)