tupichan's billboard hot 100

 ビルボードでナンバーワンソングになったかならなかったかは、「金メダルと銀メダル」の違いほどの差があるようです。たかがチャート上の話ですが、聴き手も「1位」と「2位」を意識させられてしまいます(私か? メディアに踊らされてるなぁ)。

 さて、このページでは2022年度のチャートでナンバーワンになれなかった曲を紹介します。

 2018年から、ストリーミングデータ(音楽配信)の集計方法を変更しました。また、これまではチャートの日付の1週間前の火曜日(つまり11日前)に発表されていましたが、データ集計から発表までの期間が短くなり、日付の4日前に発表され、よりリアルタイムに近い発表になりました。たとえば最新チャートなら2022年12月3日、発表は11月29日となります。(最新の1位はコチラ)。



Billboard.com|2022/12/03更新|

 20年ぶり(←このように書いてから10年以上経っていますねぇ、しみじみ)にリアルタイムでチャートを追いかけられるようになりました。それにしても音楽性が大きく変わったことに驚いています。最初はとまどいもありましたが「ナンバーワンソングだから」という偏った思考でありながら、聴き続けていると耳に馴染むようになってきました。さすがはビルボード・ナンバー・ワン・ソング!
 何年もの間、図書館も含めたレンタルCDなどで曲の収集をしていましたが、今やネット時代の昨今。日本国内のサイトでは実現はまだまだ先の事でしょうが、海外のサイトではチャートのナンバーワンを始めとする、ほとんどの曲がネット上からダウンロードして聴く事が出来るようになりました。私もその恩恵を受けた一人です。本当ならちゃんとした音質で手元に置いておきたいところですが、まぁ、iPodで聴く分にはmp3で充分かなということで(笑)




Song 曲目 / アーティスト(オフィシャル・ビデオにリンク)
Writter 作詞・作曲 etc.
Peak 2位に留まった期間 ♪ひとつが1週間、5週目毎にです(第1週目のみBillboad.com)
Action Top10圏内の動き(Top10圏内初登場の日付)
No.1 その時1位だった曲
Weeks Hot100内の総週(初登場と最終位のランクと日付)
Top100 年間チャート


Song Rockin' Around The Christmas Tree/ Brenda Lee
Writter Johnny Marks
Peak Highest charted position No.2, 2019/12/28 - 2020/01/04、
  2021/01/02、2021/12/25 - 2022/01/01♪♪♪♪
Action 8(2019/12/14)、3、2、2(2020/01/04)
4(2020/12/12)、3、3、2(2021/01/02)
3(2020/12/18)、2、2、3(2022/01/08)
No.1 All I Want For Christmas Is You/ Mariah Carey
Weeks
47* (No.8; 2019/12/14 - No.2; 2020/01/04)
  (No.43; 2020/11/28 - No.12; 2021/01/09)
  (No.14; 2021/12/04 - No.3; 2022/01/08)
  (No.41; 2022/11/26 - No.6; 2022/12/03)
Hot100 No.80 2022




 1958年のシングル。2019年暮れから2020年初めまで、クリスマス・ソングが大挙ランクイン。01/04付けではチャート史上初1?3位を独占し、5曲もランキングしています。そしてTop100のうち21曲がクリスマスソング!

 そして2020年暮れ、再びリ・エントリーをはじめました(11/28付けで43位)。今回もマライアに阻まれ同じく2位止まりとなってしまいました。

 2021年のシーズンは12月4日のエントリーから始まり、三度マライアにぴったりとくっつく2位につけていましたが、1月8日付けでAdeleに明け渡し3位に(つづく)。それでも1月に入り2週目でも、Top10には半数以上の6曲がホリデー・ソングです。

 2022年のシーズンは11月26日の41位からエントリー。

Brenda Lee.com








Song Do We Have A Problem?/ Nicki Minaj X Lil Baby
Writter Onika Maraj, Dominique Jones, Anthony Woart Jr., Joshua Goods
Peak Highest charted position No.2, 2022/02/19 ♪
Action 2(2022/02/19)
No.1 We Don't Talk About Bruno/ Carolina Gaitan, Mauro Castillo, Adassa, Rhenzy Feliz,               Diane Guerrero, Stephanie Beatriz & Encanto Cast
Weeks 13(No.2; 2022/02/19 - No.93; 2022/05/14)




 初登場2位… でしたが2週目で32位へと急降下。話題性は十分でした…



Nicki Minaj.comNicki Minaj(Billboard chart history)

Lil Baby.comLil Baby(Billboard chart history)








Song Lavender Haze/ Taylor Swift
Writter Taylor Swift, Jack Antonoff, Zoë Kravitz, Mark Spears, Jahaan Sweet, Sam Dew
Peak Highest charted position No.2, 2022/11/05 ♪
Action 2(2022/11/05)、6(2022/11/12)
No.1 Anti-Hero/ Taylor Swift
Weeks 5*(No.2; 2022/11/08 - No.26; 2022/12/03)

Taken from Album MIDNIGHTS



 ニュー・アルバム・リリースに合わせてシングルが全曲Hot100にランクイン。その結果、昨年のドレイクを上回る史上初の「Top10」占拠という現象が生まれました。いつかは来るのではと思ってましたが… というわけで1、2独占の記録も発生。

 来週どうなるかわかりませんが、このポジションで7曲目の2位どまりという記録も達成。Creedence Clearwater Revival、Michael Jackson、Drakeに並びました。ちなみにMax Martinは8曲保持しています。

Taylor Swift.comTaylor Swift(Billboard chart history)








Song Lift Me Up/ Rihanna
Writter Robyn Fenty, Ryan Coogler, Ludwig Göransson, Temilade Openiyi
Peak Highest charted position No.2, 2022/11/12 ♪
Action 2(2022/11/12)。8(2022/11/26)
No.1 Anti-Hero/ Taylor Swift
Weeks 4*(No.2; 2022/11/12 - No.11; 2022/12/03)




 初登場2位は映画『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』の挿入曲。



Rihanna.comBillboard chart history









Song Rich Flex/ Drake & 21 Savage
Writter Aubrey Graham, Shéyaa Abraham-Joseph, Anderson Hernandez, Brytavious Chambers, Michael Mulé, Isaac de Boni, Jahmal Gwin, Megan Pete, Anthony White, Bobby Session Jr., Clifford Harris Jr., Aldrin Davis, Gladys Hayes, Charles Bernstein
Peak Highest charted position No.2, 2022/11/19 - 2022/12/03 ♪♪♪
Action 2(2022/11/19)、2、2(2022/12/03)
No.1 Anti-Hero/ Taylor Swift
Weeks 3*(No.2; 2022/11/19 - No.2; 2022/12/03)

Taken from Album HER LOSS



 前回、たった1曲だけ残してTop10のうち9曲まで独占しましたが、今回は8曲独占。なんと1位を取れず! 来週どうなるかわかりませんが、このポジションで8曲目の2位どまり、マックス・マーティンと並びました。


Drake.comDrake(Billboard chart history)

21 Savage.com21 Savage(Billboard chart history)

☆HER LOSS(1位 ♪)
♪Rich Flex(2位)
♪Major Distribution(3位)
♪On BS(4位)
♪Spin Bout U(5位)
♪Pussy & Millions/ Drake & 21 Savage featuring Travis Scott(6位)
♪Privileged Rappers(7位)
♪Circo Loco(8位)
♪BackOutsideBoyz/ Drake(9位)
♪Hours in Silence(11位)
♪Broke Boys(12位)
♪Treacherous Twins(14位)
♪Middle of the Ocean/ Drake(15位)
♪Jumbotron Shit Poppin/ Drake(16位)
♪More M's(18位)
♪I Guess It's Fuck Me/ Drake(19位)
♪3AM on Glenwood/ 21 Savage(27位)



コチラ(2022)ページでは全米ナンバーワンになった曲を紹介しています。

もどる|2022年レビュー|


home(一番星のなる木)