ビルボードでナンバーワンソングになったかならなかったかは、「金メダルと銀メダル」の違いほどの差があるようです。たかがチャート上の話ですが、聴き手も「1位」と「2位」を意識させられてしまいます(私か? メディアに踊らされてるなぁ)。

 さて、このページでは2005年度のチャートでナンバーワンになれなかった曲を紹介します。

  2018年から、ストリーミングデータ(音楽配信)の集計方法を変更しました。また、これまではチャートの日付の1週間前の火曜日(つまり11日前)に発表されていましたが、データ集計から発表までの期間が短くなり、日付の4日前に発表され、よりリアルタイムに近い発表になりました。 たとえ最新チャートは2021年7月10日です。発表は7月6日(最新の1位はコチラ)。



Billboard.com|2021/07/10更新|

 20年ぶり(←このように書いてから10年以上経っていますねぇ、しみじみ)にリアルタイムでチャートを追いかけられるようになりました。それにしても音楽性が大きく変わったことに驚いています。最初はとまどいもありましたが「ナンバーワンソングだから」という偏った思考でありながら、聴き続けていると耳に馴染むようになってきました。さすがはビルボード・ナンバー・ワン・ソング!
 何年もの間、図書館も含めたレンタルCDなどで曲の収集をしていましたが、今やネット時代の昨今。日本国内のサイトでは実現はまだまだ先の事でしょうが、海外のサイトではチャートのナンバーワンを始めとする、ほとんどの曲がネット上からダウンロードして聴く事が出来るようになりました。私もその恩恵を受けた一人です。本当ならちゃんとした音質で手元に置いておきたいところですが、まぁ、iPodで聴く分にはmp3で充分かなということで(笑)

 

Song 曲目 / アーティスト(オフィシャル・ビデオにリンク)
Writter 作詞・作曲 etc.
Peak 2位に留まった期間 ♪ひとつが1週間、5週目毎にです(第1週目のみBillboad.com)
Action Top10圏内の動き(Top10圏内初登場の日付)
No.1 その時1位だった曲
Weeks Hot100内の総週(初登場と最終位のランクと日付)
Top100 年間チャート


Song 1,2 Step / Ciara featuring Missy Elliott
Writter Phalon Alexander, Missy Elliott, Ciara Harris
Peak Highest charted position No.2, 2005/01/08 - 02/19♪♪♪♪♪♪
Action 9(2004/12/04)6、5、3、3、2、2、2、2、2、2、2、
                    4、5、6、7、9(2005/03/26)
No.1 Let Me Love You / Mario
Weeks 38(No.74 ; 2004/10/30 - No.44 ; 2005/07/16)
Top100 No.5 2005

Taken from Album GOODIES



 サウンドが面白く、特にヘッドホンやイヤホンで聴くと妙に耳に残る曲です。そんなテンポの良い曲ですが、よ〜く聴くとクイーンの「We Will Rock You」の一説が歌われ、オマージュとなっています。

2004/12/04
No9 ; 1,2 Step / Ciara featuring Missy Elliott
No10 ; Goodies / Ciara featuring Petey Pablo

Ciara.comMissy Elliott.com

☆GOODIES(3位
♪Goodies / Ciara featuring Petey Pablo(1位)
♪1,2 Step / Ciara featuring Missy Elliott(2位)
♪Oh / Ciara featuring Ludacris)(2位)
♪And I(96位)







Song Boulevard Of Broken Dreams/ Green Day
Writter Billie Joe Armstrong, Mike Dirnt,Tre Cool
Peak Highest charted position No.2, 2005/03/05 - 04/02 ♪♪♪♪
Action 8(2005/01/29)、8、4、3、3、2、2、2、2、2、5、6、6、7(2005/04/30)
No.1 Candy Shop/ 50 Cent featuring Olivia
Weeks 36(No.71 ; 2004/11/27 - No.45 ; 2005/07/30)
Top100 No.7 2005

Taken from Album AMERICAN IDIOT



 先の(といっても実際は繋がっているわけではなく、あくまでも個人所有のiPod上での繋がり)曲から続けて聴くと、私のような人間には砂漠の上に垂らされた一滴の水のように感じてしまいます。それにしても驚いたのは、このグリーンデイというバンドって、こんなにも分厚いゴージャスなサウンドだったけ?と思っていまいました。

 そんなグリーンデイが、2006年にはリック・ルービンプロデュースの下、U2と共演というショッキング(笑)なニュースを2006年に提供してくれます。

Green Day.com

☆AMERICAN IDIOT(1位、2005/01/22 - 01/29 ♪♪)
♪American Idiot(61位)
♪Boulevard Of Broken Dreams(2位)
♪Holiday(19位)
♪Wake Me Up When September Ends(6位)







Song Since U Been Gone/ Kelly Clarkson
Writter Max Martin, Dr.Luke
Peak Highest charted position No.2, 2005/04/09
Action 9(2005/02/12)、9、9、8、7、6、5、4、2、
             3、3、5、6、8、9、8、7、9、9、9(2005/06/25)
No.1 Candy Shop / 50 Cent featuring Olivia
Weeks 46(No.70 ; 2004/12/18 - No.43 ; 2005/10/29)
Top100 No.4 2005

Taken from Album BREAKAWAY



 コレはまたイメージ(まさに日本で言うところのアイドル的なポートレイト)にそぐわないパワフルな歌唱でありサウンドだこと。元アメリカンアイドル出身。
  Hot100は総週46、Top10に20週ランクイン。そのおかげで、ケリーの歌がTop10に2曲ランクインするという現象も発生しました。歌唱といい、楽曲といい、後世に残るのではないでしょうか?

Kelly Clarkson.com

☆BREAKAWAY(3位)
♪Breakaway(6位)
♪Since U Been Gone(2位)
♪Behind These Hazel Eyes(6位)
♪Because of You(7位)
♪Walk Away(12位)
2005年度第48回グラミー賞
♪Best Pop Vocal Album
♪Best Female Pop Vocal Performance; Since U Been Gone







Song Hate It Or Love It/ The Game featuring 50 Cent
Writter J.Taylor, Curtis Jackson
Peak Highest charted position No.2, 2005/04/16 - 05/14 ♪♪♪♪
Action 6(2005/04/02)、3、2、2、2、2、2、4、5、6、7、10(2005/06/18)
No.1 Candy Shop / 50 Cent featuring Olivia
Hollaback Girl / Gwen Stefani
Weeks 23(No.85 ; 2005/02/12 - No.47 ; 2005/07/16)
Top100 No.24 2005

Taken from Album GOODIES



 04/02〜04/09の間、50CentはTop10に4曲ランクイン。そして04/16〜4/30まで1、2位独占という大ヒットとなっています。

The Game.facebook50 Cent.com

☆THE DOCUMENTARY(1位、2005/02/05、 02/19 ♪♪)
♪Breakaway(6位)
♪Since U Been Gone(2位)
♪Behind These Hazel Eyes(6位)







Song Oh/ Ciara featuring Ludacris
Writter Phalon Alexander, Missy Elliott, Ciara Harris
Peak Highest charted position No.2, 2005/05/21
Action 8(2005/04/30)、5、3、2、3、3、3、4、5、7、9(2005/07/09)
No.1 Hollaback Girl / Gwen Stefani
Weeks 23(No.75 ; 2005/03/26 - No.41 ; 2005/08/27)
Top100 No.21 2005

Taken from Album GOODIES



 先のヒットとはひと味の違う雰囲気の曲。うねるような踏み方は覚醒作用があるなぁ。フーチャーされているリュダクリスは後半登場、いつ来るんだいつ来るんだ、というワクワク感が(笑)

Ciara.comLudacris.com

☆GOODIES(3位
♪Goodies / Ciara featuring Petey Pablo(1位)
♪1,2 Step / Ciara featuring Missy Elliott(2位)
♪Oh / Ciara featuring Ludacris(2位)
♪And I(96位)







Song Inside Your Heaven/ Bo Bice
Writter Andreas Carlsson, Pelle Nylen, Savan Kotecha
Peak Highest charted position No.2, 2005/07/09
Action 2(2005/07/09)、5(07/16)
No.1 We Belong Together / Mariah Carey
Weeks 7(No.2 ; 2005/07/09 - No.89 ; 2005/08/20)
Top100 ランクインせず




 アメリカンアイドル出身のアーティストが揃ってチャートインするのは、人気の高さを知る上で、あってしかるべき現象とは思いますが(7/9-7/16付けでは3組のアメリカン・アイドルがそろい踏みしました)、なんとこの「Inside Your Heaven」に関しては例外中の例外といえるのではないでしょうか?チャート史上初となる同曲異演によるTop10同時ランクインという珍記録を生み出してしまいました。(1、2独占だったら、もっと面白かったのに!)

 男性ヴォーカルが好きか?女性ヴォーカルが好きか?によって評価は分かれるかもしれません。なかなか面白いチャートアクションでした。 07/09
No2 ; Inside Your Heaven / Bo Bice
No3 ; Inside Your Heaven / Carrie Underwood

07/16
No4 ; Inside Your Heaven / Carrie Underwood
No5 ; Inside Your Heaven / Bo Bice

|Bo Bice.com|








Song Pon de Replay/ Rihanna
Writter Vada Nobles, Carl Sturken, Evan Rogers, Alisha Brooks, R. Fenty
Peak Highest charted position No.2, 2005/07/30 - 08/13 ♪♪♪
Action 9(2005/07/16)、5、2、2、2、3、3、3、6、7、8、7、9(10/08)
No.1 We Belong Together / Mariah Carey
Weeks 27 (No.97 ; 2005/06/11 - No.44 ; 2005/12/10)
Top100 No.18 2005

Taken from Album MUSIC OF THE SUN


Rihanna.com

☆MUSIC OF THE SUN(10位
♪Pon de Replay(2位)
♪If It's Lovin' That You Want(36位)







Song Don't Cha/ The Pussycat Dolls featuring Busta Rhymes
Writter Thomas Callaway, Anthony Ray, Trevor Smith
Peak Highest charted position No.2, 2005/08/20 - 09/03 ♪♪♪
Action 8(2005/07/09)、7、4、4、3、3、2、2、2、3、5、6(2005/09/24)
No.1 We Belong Together / Mariah Carey
Weeks 39(No.95 ; 2005/05/07 - No.39 ; 2006/01/28)
Top100 No.9 2005

Taken from Album PCD



 ラッパーのバスタ・ライムスのMC。主人公はNicole Scherzinger(リード・シンガー)を中心とした6人組。みるからにエロ路線と思ってビデオ見たら、やっぱりそんな感じ(笑)。ためし(笑)他のヒット曲もYoutubeでみたら、みんなそんな感じ。それを売りにして、それが売れちゃうんだからカリカリすんなって。アルバムからカットされたシング裏には当代きってのラッパーがこぞって参加してくれているのもイイジャン!

The Pussycat Dolls.com

☆PCD(5位
♪Don't Cha / The Pussycat Dolls featuring Busta Rhymes(2位)
♪Stickwitu(5位)
♪Beep / The Pussycat Dolls featuring will.i.am(13位)
♪Buttons / The Pussycat Dolls featuring Snoop Dogg(3位)
♪I Don't Need A Man(93位)
♪Wait A Minute / The Pussycat Dolls featuring Timbaland(28位)






Song Shake It Off/ Mariah Carey
Writter Mariah Carey, Jermaine Dupri, Bryan-Michael Cox, Johnt Austin
Peak Highest charted position No.2, 2005/09/10 - 10/15 ♪♪♪♪
Action 6(2005/08/28)、4、2、2、2、2、2、3、5、7、9、9(11/19)
No.1 We Belong Together / Mariah Carey
Gold Digger / Kanye West featuring Jamie Foxx
Weeks 25(No.66 ; 2005/07/30 - No.47 ; 2006/01/21)
Top100

Taken from Album THE EMANCIPATION OF MIMI



なんと自身がトップの座に鎮座していたおかげで17曲目のナンバーワンを記録することが出来ず、その代わりに1、2位独占という記録を達成しました。

2005/09/10
No1 ; We Belong Together
No2 ; Shake It Off

Mariah Carey.com

☆THE EMANCIPATION OF MIMI (1位、2005/04/30、06/18♪♪)
♪It's Like That(16位)
♪We Belong Together (1位)
♪Shake It Off (2位)
♪Don't Forget About Us (1位)
2005年度第48回グラミー賞
♪Best Contemporary R&B Album
♪Best Female R&B Vocal Performance; We Belong Together
♪Best R&B Song; We Belong Together







Song Photograph/ Nickelback
Writter Chad Kroeger, Ryan Peake, Mike Kroeger,Daniel Adair
Peak Highest charted position No.2, 2005/10/22
Action 4(2005/10/08)、3、2、
          5、4、5、5、5、5、6、4、5、6、5、5、8(2006/01/28)
No.1 We Belong Together / Mariah Carey
Weeks 33(No.75 ; 2005/09/10 - No.48 ; 2006/05/20)
Top100 No.9 2005

Taken from Album ALL THE RIGHT REASONS



 このアルバムにはZZ Topのビリー・ギボンズが参加している名演・名曲が収録されています。この「Photograph」のヒットも嬉しいですが、ロックファンならばバラードよりも、そちらの曲に身をよじらせて欲しいなぁ、と思います。「Rockstar」にはPVキッスのジーン・シモンズなども出演しています(笑)

Nickelback.com

☆ALL THE RIGHT REASONS(1位、2005/10/22♪)
♪Photograph(2位)
♪Animals(97位)
♪Savin' Me(19位)
♪Far Away(8位)
♪Rockstar(6位)
♪If Everyone Cared(17位)





コチラ(2005)ページでは全米ナンバーワンになった曲を紹介しています。

もどる|2005年レビュー|


home(一番星のなる木)