tupichan's billboard hot 100


 このページは、ビルボードの楽しみ方の一つとしてある「1位の座をいったんほかの曲に明け渡した後、再び返り咲いた曲」という激動の(笑)楽曲のリストです。ここでは2021年以降のリストを紹介しています。

 なお、ビルボードの歴史は長いのですが、あまりにも長過ぎて個人の調査では当然追いきれない部分もあり、 1958年8月4日からのHot100という方式に変更されたチャートからはじめています。気になる方は、wikiなどで調べて見るとよいと思います。Billboard.comでも調べることはできますが、有料購読すると、その辺のデータを見ることができるようです(私は未加入)。

 2018年から、ストリーミングデータ(音楽配信)の集計方法を変更しました。また、これまではチャートの日付の1週間前の火曜日(つまり11日前)に発表されていましたが、データ集計から発表までの期間が短くなり、日付の4日前に発表され、よりリアルタイムに近い発表になりました。たとえば最新チャートなら2023年1月14日、発表は1月10日となります。
 
Song(通算)
曲名 / アーティスト
Peak

No.1の期間、♪ひとつが1週間、5週目毎にです。日付が返り咲き。

Fend off
一時的に入れ替わったナンバーワンソング
Action
Top10圏内の動き(Top10圏内初登場の日付)
Weeks
Top100内
Hot100
年間チャートの順位
Billboard.com|2022/12/31更新|
 





Peak 2019/12/21 - 2020/01/04。2021/01/02
2021/12/25 - 2022/01/08。
2022/12/17 - 2022/12/31♪♪♪♪♪♪♪♪
Song All I Want For Christmas Is You/ Mariah Carey
Writter Mariah Carey, Walter Afanasieff
Action 3(2019/12/14)、1、1、1(2020/01/04)。
2(2020/12/12)、1、2、1、9(2021/01/09)。
3(2021/12/11)、2、1、1、1(2022/01/08)。
5(2022/12/03)、2、1、1、1(2022/12/31)
Weeks
58 (No.32; 2019/12/07-No.1; 2020/01/04)
  (No.29; 2020/11/28 - No.9; 2021/01/09)
  (No.36; 2021/11/27 - No.1; 2022/01/08)
  (No.25; 2022/11/26 - No.1; 2023/01/07)
Hot100 No.65 2022

 

 まさかとは思いましたが、2019、2020のシーズンヒットにより返り咲きの記録達成となりました。返り咲きの記録としては87曲目で、珍しい現象ではなくなりましたが、シーズンをまたいでのリヴァイヴァル・ヒットという点では、チェビー・チェッカー以来の快挙です。そして2021年最初のチャートで3度目のナンバーワン返り咲きというオマケのような記録達成(今後もどしどし増える予感…)

 この曲がシーズン後にランキングから外れた場合に関しての「蹴落とした曲(Fend off)は記載していません。


Mariah Carey.com

 





Song(88)
Leave The Door Open/ Silk Sonic
Peak
2021/04/1705/22 ♪♪
Fend off
Rap Star/ Polo G(2021/04/24 - 2021/05/01)
Save Your Tears/The Weeknd & Ariana Grande Perry(2021/05/08 - 2021/05/15)
Action
4(2021/03/20)、2、3、3、1、3、2、2、2、1、
                 4、5、4、5、6、6、6、7(2021/07/17)
Weeks
39(No.4; 2021/03/20 - No.50; 2021/12/04。No.49; 2022/01/15)

 2曲が2週間ずつ。トータル4週間トップの座を明け渡していましたが見事に返り咲き。最近にしては珍しいソフルフルなナンバー。



Bruno Mars.com

AN EVENING WITH SILK SONIC





Song(89)
Peak
2021/06/05 - 07/17、07/31 - 08/07、09/11 ♪♪♪♪♪♪♪♪
Fend off
Permission to Dance/ BTS(2021/07/24)
Action
1(2021/06/05 )、1、1、1、1、1、1、7、1、1、4、7、8、7、1(2021/09/11)
Weeks
20(No.1; 2021/06/05 - No.58; 2021/10/16)

 自らの曲を抜去り再びナンバーワンの座へ。トータル79曲目の栄冠。カップリング曲だからなのか、完璧なまでの入れ替わり(7位→1位/1位→7位)。そして9月11日付けで3度目の返り咲きの記録も追加されました。

過去に三度ナンバーワンになった曲は…
♪Le Freak/Chic(1978/1979)
♪Bleeding Love / Leona Lewis(2008)
♪Whatever You Like / T.I.(2008)
♪Live Your Life / T.I. featuring Rihanna(2008)
♪Grenade / Bruno Mars(2011)
♪Can't Feel My Face/ The Weeknd(2015)
♪Mood/ 24kGoldn featuring Iann Dior(2020)※4度1位

歴代7組目(8曲目)の快挙です。



BTS.com






Song(90)
Peak
2021/08/14 - 09/04、09/25 - 10/02、10/16 ♪♪♪♪♪♪
Fend off
Butter/ BTS(2021/09/11)
Way 2 Sexy/ Drake featuring Future & Young Thug(2021/09/18)
Action
3(2021/07/24)、4、4、1、1、1、1、2、6、1、1、2、1、2、2、2、2、2、3、2、
2、4、6、9、6、2、2、4、4、4、5、5、6、5、5、2、2、2、
4、6、6、6、9(2022/05/14)。10(2022/06/11)
Weeks
63(No.3; 2021/07/24 - No.23; 2022/10/01)

 Drakeの嵐(2021年9月18日付けでTop10のうち9曲を独占!)が去って、本来の(?)チャートに戻ったんじゃないかなと…。恐らく、先週もこの場所にいたんじゃないかなと(笑)


The Kid Laroi.comJustin Bieber.com






Song(91)
Peak
2021/10/30 - 11/20、12/04 - 12/18、2022/01/29♪♪♪♪♪♪♪♪
Fend off
All Too Well/ Taylor Swift(2021/11/27)
All I Want For Christmas Is You/ Mariah Carey(2021/12/25)
Action
1(2021/10/30)、1、1、1、2、1、1、1、3、5、2、1、1、1、
                 2、2、3、3、4、6、6、7、10(2022/04/02)
Weeks
31(No.68; 2021/10/23 - No.46; 2022/05/21)

 リ・レコーディングシリーズ第2弾のテイラー・スウィフト、また、この時期に毎年起こるホリデーの女王マライアに譲りましたが、ホリデー明けに三度トップに返り咲き、トータル8週目と伸ばし名曲の匂いが…

過去に三度ナンバーワンになった曲は…
♪Le Freak/Chic(1978/1979)
♪Bleeding Love / Leona Lewis(2008)
♪Whatever You Like / T.I.(2008)
♪Live Your Life / T.I. featuring Rihanna(2008)
♪Grenade / Bruno Mars(2011)
♪Can't Feel My Face/ The Weeknd(2015)
♪Mood/ 24kGoldn featuring Iann Dior(2020)※4度1位
♪Butter/ BTS(2021)

歴代8組目(9曲目)の快挙です。


Adele.com






Song(92)
Peak
2022/04/16、04/30 - 05/07、06/04 - 06/25、07/09 - 07/23、
                09/03 - 10/01 ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
Fend off
First Class/ Jack Harlow(2022/04/23、05/21 - 05/28)
Wait for U/ Future featuring Drake & Tems (2022/05/14)
Jimmy Cooks/ Drake featuring 21 Savage(2022/07/02)
About Damn Time/ Lizzo(2022/07/30 - 08/06)
Break My Soul/ Beyoncé (2022/08/13 - 08/20)
Super Freaky Girl/ Nicki Minaj(2022/08/27)
Action
1(2022/04/16)、2、1、1、2、2、2、1、1、1、1、2、1、1、1、
        2、2、3、2、2、1、1、1、1、1、2、3、3、3(2022/10/29)
5(2022/11/12)。
5(2022/11/26)、8(2022/12/03)
Weeks
39*(No.1; 2022/04/16 - No.31; 2023/01/07)

 初登場1位の1日天下(04/16)となってしまいましたが、その後、ビルボード史上初となる四度目の返り咲きと、五度目のナンバーワンという大記録を樹立。アルバムも初登場ナンバーワン。


Harry Styles.com






Song(93)
First Class/ Jack Harlow
Peak
2022/04/23、05/21 - 05/28♪♪♪
Fend off
As It Was/ Harry Styles(2022/04/30 - 05/07)
Fend off
Wait for U/ Future featuring Drake & Tems(2022/05/14)
Action
1(2022/04/23)、2、2、3、1、1、
           2、2、2、2、3、2、3、3、4、4、6、9(2022/08/20)
Weeks
28(No.1; 2022/04/23 - No.44; 2022/10/29)

 2006年にナンバーワンになったファーギーのGlamorousがサンプリングされています。


Jack Harlow.com






Song(94)
Anti-Hero/ Taylor Swift
Peak
2022/11/05 - 12/10、2023/01/14 ♪♪♪♪♪♪
Fend off
All I Want For Christmas Is You/ Mariah Carey(2022/12/17 - 2023/01/07)
Action
1(2022/11/05)、1、1、1、1、1、6、7、9、8、1(2023/01/14)
Weeks
11*(No.1; 2022/11/05 - No.1; 2023/01/14)

 初登場1位を6週連続後、ホリデーの名曲にその座を譲り、8位にまで後退しつつも返り咲き。


Taylor Swift.com





1958 - 19601961 - 1970

1971 - 19801981 - 19901991 - 2000

2001 - 20102011 - 2020|2021 - |

もどるBillboard


home(一番星のなる木)