tupichan's billboard hot 100

 このページでは、チャートの楽しみ方の一つとして、1位の座をいったんほかの曲に明け渡した後、再び返り咲いた曲を紹介します。そのうち、2001〜2010年の間に返り咲いた楽曲のリストです。

 2018年から、ストリーミングデータ(音楽配信)の集計方法を変更しました。また、これまではチャートの日付の1週間前の火曜日(つまり11日前)に発表されていましたが、データ集計から発表までの期間が短くなり、日付の4日前に発表され、よりリアルタイムに近い発表になりました。 たとえば最新チャートなら2022年4月30日、発表4月26日となります。
Billboard.com|2022/04/26更新|


Song(通算)
曲名 / アーティスト
Peak

No.1の期間、♪ひとつが1週間、5週目毎にです。日付が返り咲き。

Fend off
一時的に入れ替わったナンバーワンソング
Action
Top10圏内の動き(Top10圏内初登場の日付)
Weeks
Top100内
Top100
年間チャートの順位

 






Song(23)
The Sign / Ace Of Base
Peak
1994/03/12-04/02、05/07-05/14 ♪♪♪♪
Fend off
Bump n' Grind / R.Kelly(1994/04/09-04/30)
Action

5(1994/02/05)、5、3、2、2、1、1、1、1、2、2、2、2、1、1、2、3、3、5、8、8(1994/06/25)

Weeks
41(No.68 ; 1994/01/01 - No.50 ; 1994/10/08)
Top100
No.1 1994

 前回から11年ぶりとなる再1位。1994年最大のヒットとなり年間チャート1位にも輝きました。スウェーデン・アーティストとしてはアバ以来の世界ヒットにつながりました。



 


Song(24)
On Bended Knee / Boyz II Men
Peak
1994/12/03-12/10、12/31-1995/01/21 ♪♪♪♪
Writter
Jimmy Jam, Terry Lewis
Action

3(1994/11/29)、1、1、2、2、1、1、1、1、
     2、2、2、3、3、3、7、10(1995/03/18)

Weeks
27(No14 ; 1994/11/19 - No.50 ; 1995/03/18)
Top100
No.5 1995

 08/27から続いたボーイズIIメンの大記録(♪I'll Make Love To Youが15週連続1位)それを引き継ぐ形でこの♪On Bended Kneeが2週連続ナンバーワン)を途中で阻止した形となったのはIni Kamozeの♪Here Comes The Hotstepperでした。そして2週間1位を譲った後に再び4週間返り咲くという快挙。この年はBoyz II Menの当たり年でした。

Boyz II Men.com



 


Song(25)
Too Close / Next
Peak
1998/04/25-05/16、05/30 ♪♪♪♪Year End No.1 of 1998
Fend off
My All / Mariah Carey(1998/05/23)
Action
10(1998/04/04)、4、3、1、1、1、1、2、1、2、2、3、3、3、3、4、6、7、6、8、9、9(1998/08/29)。9 (1998/09/26)
Weeks
53(No.45 ; 1998/02/14 - No.50 ; 1999/02/13)
Top100
No.1 1998

 1990年代後半は、ソロアーティストよりも複数のヴォーカルによるコーラスというスタイルが大流行となった間があります。このグループもしかり。 最初は「このグループって一体どういう構成してんの?」と思えるような構成で、三人のメンバー以外の女声コーラスの登場。しかも主役をも食ってしまうようなサビ。 年間チャートの1位となった曲で、53週間、つまり丸々1年間ランクインしていました。Top10圏内も24週間。しかも途中2週ほど圏外に出て、再び再登場するなどの根強い人気が伺えます。

Next.com



 


Song(26)
Peak
1998/10/03-10/10、10/24-11/07 ♪♪♪♪
Fend off
One Week / Barenaked Ladies(1998/10/17)
Action
5(1998/08/22)、3、2、2、2、2、1、1、2、1、1、1、3、4、5、7(1998/12/05)
Weeks
23(No.14 ; 1998/08/15 - No.35 ; 1999/01/16)
Top100
No.18 1998

若干18歳とは思えない歌唱力。アメリカではこの後にアメリカン・アイドルなる歌番がはやることになりますが、すでに土壌は出来上がっていたわけです。

Monica.com



 


Song(27)
Peak
2000/01/29-02/12、02/26 ♪♪♪♪
Fend off
Thank God I Found You/Mariah Carey featuring Joe and 98 Degrees(2000/02/19)
Action
7(1999/12/04)、6、4、4、5、6、4、2、1、1、1、2、
                     1、2、4、8、8(2000/03/25)
Weeks
33(No.71; 1999/10/23-No.47; 2000/06/03)
Top100
No.7 2001

3週連続でナンバーワンとなり、いったんは首位の座をマライヤに明け渡したものの、ふたたび1位に返り咲き、都合4週1位となりました。 2001年にこのデュオは解散し、ダレンはソロへ転向し、ダニエルは裏方(プロデュース業)に回り、若手アーティストの育成をしています。

Darren Hayes.comLevel 7 Studios.com



1961〜19701971〜19801981〜1990|1991〜2000|
2001〜20102011〜20202021〜2022

もどるBillboard

home(一番星のなる木)