tupichan's billboard hot 100

 このページでは2023年の全米ナンバーワンソングを紹介します(このページついて)。ここ数年、音楽の聞き方が変わって来たことが、チャート集計にも影響を与えているようです。

 2018年から、ストリーミングデータ(音楽配信)の集計方法を変更しました。また、これまではチャートの日付の1週間前の火曜日(つまり11日前)に発表されていましたが、データ集計から発表までの期間が短くなり、日付の4日前に発表され、よりリアルタイムに近い発表になりました。たとえば最新チャートなら2024年5月25日、発表は5月21日となります。
(最新の1位はコチラ)。

Billboard.com|2024/05/21更新|


Peak ナンバーワンの期間 ♪ひとつが1週間、5週目毎にです
Song 曲目 / アーティスト(オフィシャル・ビデオ)
Writter 作詞・作曲 etc.
Action Top10圏内の動き(Top10圏内初登場の日付)
Weeks Hot100内の総週(*最新チャートにてランク中、及び初登場と最週位のランクと日付)
Hot100 年間チャートの順位

Peak 2019/12/21 - 2020/01/04。2021/01/02
2021/12/25 - 2022/01/08。
2022/12/17 - 2023/01/07。2023/12/23 - 12/30 ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
Song All I Want For Christmas Is You/ Mariah Carey
Writter Mariah Carey, Walter Afanasieff
Action

3(2019/12/14)、1、1、1(2020/01/04)。
2(2020/12/12)、1、2、1、9(2021/01/09)。
3(2021/12/11)、2、1、1、1(2022/01/08)。
5(2022/12/03)、2、1、1、1、1(2023/01/07)。
4(2023/12/02)、2、2、1、1、2(2024/01/06)。

Weeks
65 (No.32; 2019/12/07-No.1; 2020/01/04)
  (No.29; 2020/11/28 - No.9; 2021/01/09)
  (No.36; 2021/11/27 - No.1; 2022/01/08)
  (No.25; 2022/11/26 - No.1; 2023/01/07)
  (No.17; 2023/11/25 - No.2; 2024/01/06)
Hot100 No.65 2022 / No.55 2023

Taken from Album MERRY CHRISTMAS



 2023年のシーズンは11月25日の17位からエントリーし、これまでに最も高いランクインです。クリスマス・イヴのチャート以降は恒例の位置へ。トータル14週目となりました。自身の歴代2位となる14週という記録に並びました。


Boyz II Men:
♪End of the Road(1992)13週
♪I'll Make Love to You(1994)14週
♪One Sweet Day/ with Carey(1995-96)16週


Drake:
♪One Dance/ featuring WizKid & Kyla(2016)10週
♪God's Plan(2018)11週
♪In My Feelings(2018)10週


Mariah Carey:
♪One Sweet Day/ with Boyz II Men(1995-96)16週
♪We Belong Together(2005)14週
♪All I Want For Christmas Is You(2019-23)トータル14週

これまでのコメントは2022年のページ以降をご覧ください(笑)




2023年のシーズンは11/25付で17位、翌12/2でTop10入りとなりました。

Mariah Carey.comMariah Carey(Billboard chart history)

★マライア・キャリー・ナンバーワン・ソング(1990 - 2023)
♪Vision Of Love (1990)
♪Love Takes Time (1990)
♪Someday (1991)
♪I Don't Wanna Cry (1991)
♪Emotions (1991)
♪I'll Be There (1992)
♪Dreamlover (1993)
♪Hero (1993/1994)
♪Fantasy (1995)
♪One Sweet Day / Mariah Carey & Boyz II Men(1995/1996)
♪Always Be My Baby (1996)
♪Honey (1997)
♪My All (1998)
♪Heartbreake / Mariah Carey featuring Jay-Z (1999)
♪Thank God I Found You / Mariah Carey featuring Joe & 98 Degrees (2000)
♪We Belong Together (2005)
♪Don't Forget About Us (2005/2006)
♪Touch My Body (2008)
♪All I Want For Christmas Is You(2019/2020/2021/2022/2023)






Peak 2022/11/05 - 12/10、2023/01/14 - 01/21 ♪♪♪♪♪♪♪
Song Anti-Hero/ Taylor Swift
Writter Taylor Swift, Jack Antonoff
Action 1(2022/11/05)、1、1、1、1、1、6、7、9、8、
1、1、3、3、4、7、8、8、9(2023/03/11)。7、
7、9、8、9(2023/04/22)。10、10、10、10(2023/05/27)
Weeks 53(No.1; 2022/11/05 - No.20; 2023/11/04)
Hot100 No.4 2023


Taken from Album MIDNIGHTS
    
Taylor Swift.comTaylor Swift(Billboard chart history)

 昨年11月のニュー・アルバム・リリース時に、史上初の「Top10」占拠という現象となりましたが、ホリデーシーズン中はトップの座をスタンダード(?)に譲り、約1か月後に再びトップに返り咲きました。


2023/10/28付でいよいよ52週目、1年間以上のランクインとなりました。


☆MIDNIGHTS(1位、2022/11/05 - 11/12、11/26 - 12/10、2023/06/10 ♪♪♪♪♪)
♪Anti-Hero(1位)
♪Lavender Haze(2位)
♪Maroon(3位)
♪Snow On The Beach/ Taylor Swift featuring Lana Del Rey(4位)
♪Midnight Rain(5位)
♪Bejeweled(6位)
♪Question...?(7位)
♪You're On Your Own, Kid(8位)
♪Karma/ Taylor Swift featuring Ice Spice(2位)
♪Vigilante Shit(10位)

★テイラー・スイフト ナンバー・ワン・リスト(2012-2023)
♪We Are Never Ever Getting Back Together(2012)
♪Shake It Off (2014)
♪Blank Space (2014/2015)
♪Bad Blood / Taylor Swift featuring Kendrick Lamar(2015)
♪Look What You Made Me Do(2017)
♪Cardigan(2020)
♪Willow(2020)
♪All Too Well(2021)
♪Anti-Hero(2022/2023)








Peak 2023/01/28 - 2023/03/04、03/25 - 04/01♪♪♪♪♪♪♪
Song Flowers/ Miley Cyrus
Writter Miley Cyrus, Gregory Aldae, HeinMichael Pollack
Action 1(2023/01/28)、1、1、1、1、1、2、2、1、1、
2、3、3、3、3、3、3、3、2、3、
2、2、4、4、5、6、9(2023/07/29)。9(2023/08/19)。
10(2024/02/10)、9(2024/02/17)
Weeks
55 (No.32; 2019/12/07 - No47; 2023/12/02)
  (No.15; 2024/01/13 - No21; 2024/03/16)
Hot100 No.2 2023


Taken from Album
ENDLESS SUMMER VACATION

Miley Cyrus.comMiley Cyrus(Billboard chart history)

 マイリ―にとっては久々!10年ぶりとなるナンバー・ワンで、初登場1位!マイリ―にとって2曲目、ファミリーにとって(笑)は父の大記録に次いで3曲目。3月リリース予定の8枚目のアルバムからの先行シングルです。2週に渡りトップを譲ったものの、3/25付で再びトップへ。2023年のホリデーシーズンが終了するとともに、再びHot100にランクインしました。

 2024年のグラミー受賞に反応して、昨年8月以来のTop10入りとなりました。


☆ENDLESS SUMMER VACATION(3位)
♪Flowers(1位)
♪River(32位)
♪Jaded(56位)


★マイリ―・サイラス・ナンバーワン・ソング(2013-2023)
♪Wrecking Ball(2013)
♪Flowers(2023)








Peak 2023/03/11 ♪
Song Die for You(Remix)/The Weeknd & Ariana Grande
Writter Abel Tesfaye, Martin McKinney, Mejdi Rhars, Dylan Wiggins, Magnus Høiberg, William Thomas Walsh, Henry Walter
Action 8(2023/01/14)、6、7、7、6、8、7、6、1、4、
         4、5、6、5、7、8、8、8、9(2023/05/20)
Weeks 52(No.43; 2016/12/17 - No.93; 2016/12/31、
31*(No.71; 2022/09/03 - No.26; 2023/08/05)
Hot100 No.7 2023


    
Ariana Grande.comAriana Grande(Billboard chart history)

The Weeknd.comThe Weeknd(Billboard chart history)

 オリジナルリリースは2016年12月。そこでは3週のみランクイン。前作(Save Your Tears)もリミックスにアリアナ・グランデを迎えバージョンがナンバーワンになっています。いかにもデジタル時代の現象か?

2023/08/05付で52週。つまり1年間ランクインとなりました。ただし、この曲は連続記録ではなくトータルでの記録です。


☆STARBOY(1位、2016/12/17、2017/01/21 - 02/11 ♪♪♪♪
♪Starboy/ The Weeknd featuring Daft Punk(1位)
♪I Feel It Coming/ The Weeknd featuring Daft Punk(4位)
♪Party Monster(16位)
♪Reminder(31位)
♪Rockin(44位)
♪Die for You(Remix)/The Weeknd & Ariana Grande(1位)
♪Secrets(47位)


★アリアナ・グランデ・ナンバーワン・ソング(2018-2023)
♪Thank U, Next(2018/2019)
♪7 Rings(2019)
♪Stuck with U/ Ariana Grande & Justin Bieber(2020)
♪Rain On Me/ Lady Gaga & Ariana Grande(2020)
♪Positions(2020)
♪Save Your Tears(Remix)/ The Weeknd & Ariana Grande (2021)
♪Die For You(Remix)/ The Weeknd & Ariana Grande (2023)


★ザ・ウィークエンド・ナンバーワン・ソング(2015-2023)
♪The Hills(2015)
♪Can't Feel My Face(2015)
♪Starboy/ The Weeknd featuring Daft Punk(2017)
♪Heartless (2019)
♪Blinding Lights (2020)
♪Save Your Tears(Remix)/ The Weeknd & Ariana Grande (2021)
♪Die For You(Remix)/ The Weeknd & Ariana Grande (2023)






Peak 2023/03/18、04/15 - 04/22、05/06 - 07/08、
07/22、08/12 - 08/19 ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
Song Last Night/ Morgan Wallen
Writter John Byron, Ashley Gorley, Jacob Kasher Hindlin, Ryan Vojtseak
Action 3(2023/02/18)、5、5、5、12、2、3、1、1、2、1、1、1、1、1、1、1、1、1、1、2、1、3、2、1、1、3、3、4、5、68、6、7(2023/10/14)。9、6(2023/11/04)。
10、9(2023/11/25)。8、10(2024/01/20)
Weeks 60(No.27; 2023/02/11 - No.16; 2024/03/30)
Hot100 No.1 2023


Taken from Album
ONE THING AT A TIME

Morgan Wallen.comMorgan Wallen(Billboard chart history)

 久々に「らしい」カントリーがトップに立ちました。その名もモーガン・ウォーレン。アルバムチャートでは常連。カントリーのチャートでは7曲のナンバーワンソングを保持しています。特に2021年のWasted On Youは75週に渡りランクイン、You Proofは19週ナンバーワンです。


"Hot Country Songs" No.1 Song List(Hot 100の最高位)
Wasted On You -2021- 11weeks(Hot100: No.9)
Whiskey Glasses -2019-(Hot100: No.17)
7 Summers -2020-(Hot100: No.6)
Don't Think Jesus -2021-(Hot100: No.7)
Thought You Should Know -2022-(Hot100: No.7)
You Proof -2022- 19weeks(Hot100: No.5)
Last Night -2023- 25weeks(Hot100: No.1)


 2023/04/15付で再びトップに返り咲きし、同曲のカントリーチャートでも13週ナンバーワンとなっています。そして2023/07/22付では、4度目のトップ。そして2023/08/12付からは5度目のトップの座です。

 年間チャート(集計期間2022年11月19日〜2023年10月21日付)で、年間1位に輝きました。

 2023年のクリスマス・シーズン終了後に4度目のTop10入りし、Top10内41週(歴代3位)となりました。Top10全ランクを制覇しています。


☆ONE THING AT A TIME
(1位、2023/03/18 - 06/03、06/24 - 07/08、10/14、2024/01/20、02/10、03/16
                       ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪)
♪Last Night(1位)
♪You Proof(5位)
♪Thought You Should Know(7位)
♪One Thing at a Time(10位)
♪Thinkin' Bout Me(7位)








Peak 2023/04/08♪
Song Like Crazy/ Jimin
Writter Pdogg, Blvsh, Chris James, Ghstloop, Jimin, RM, Evan
Action 1(2023/04/08)
Weeks 5(No.1; 2023/04/08 - No.97; 2023/05/06)


Taken from Album FACE
    
Jimin(Billboard chart history)

BTS.comBTS(Billboard chart history)

  BTSのジミン。ソロ発表も1位に。しかも初登場ナンバーワン。。Kポップ出身のソロアーティストとして初の快挙です。しかし、その後は伸び悩み… 言葉の壁もありますが、JiminとBTSは初登場1位を記録するも、10週未満でHot100から早々に姿を消してしまう傾向があります…

♪Life Goes On/ BTS(2020/ 3週)
♪Permission to Dance/ BTS(2021/ 7週)
♪Like Crazy/ Jimin(2023/ 5週)


☆FACE(2位)

♪Like Crazy(1位)
♪Set Me Free Pt. 2"(7位)


★ジミン・ナンバーワン・ソング(2020-2023)
♪Dynamite/ BTS(2020)
♪Savage Love (Laxed - Siren Beat)/ Jawsh 685 x Jason Derulo x BTS(2020)
♪Life Goes On/ BTS(2020) 
♪Butter/ BTS(2021)
♪Permission to Dance/ BTS(2021)
♪Like Crazy(2023)







Peak 2023/04/29 ♪
Song Kill Bill/ SZA
Writter Solána RoweCarter LangRob Bisel
Action 3(2022/12/24)、7(2022/12/31)。3(2023/01/14)、2、2、2、2、2、2、2、
3、3、3、3、4、2、4、1、2、2、2、4、3、6、6、7、8、9(2023/07/08)
Weeks
52 (No.3; 2022/12/24 - No.49; 2023/12/02)
  (No.31; 2024/01/13 - No33; 2024/01/20)
Hot100 No.3 2023


Taken from Album SOS

SZA.comSZA(Billboard chart history)

 タランティーノ監督の『キル・ビル』に触発された楽曲。トータルで8週も2位にいましたが、19週目にして悲願の1位になりました。後からリリースされた曲に次々に抜かれ、「不運の」という肩書きが代々(笑)にまで渡って語り継がれることになるのかと思っていました。05/13付の2位で、とうとう10週2位(下記参照)となりました。

 アルバム『SOS』から2曲目のHot100に1年以上ランクするという偉業を達成(2024/01/20)


Waiting for a Girl Like You/ Foreigner
1981/11/28 - 1982/01/30
Freak Me / Silk
1993/03/27 - 04/24、05/15 - 06/12
Work It / Missy Misdemeanor Elliott
2002/11/16 - 2003/01/18
That's What I Like/ Bruno Mars
2017/04/01 - 04/15、04/29、05/20 - 06/24
Bad Guy / Billie Eilish
2019/06/08 - 06/22、07/13 - 08/17
As It Was/ Harry Styles 2022/04/23、2022/05/14 - 05/28、2022/07/02、
2022/07/30 - 08/06、2022/08/20 - 08/27、10/08
Kill Bill/ SZA 2023/01/21 - 03/04、04/15、05/06 - 05/13
赤文字は2位で力つきてしまった不運な曲です。


 続報(笑)05/20付でも2位にとどまり、上記の10週に渡る2位の楽曲から一歩リードした形で、ナンバーワンになりつつも、2位に11週間という異例の記録を樹立しました。

Exhale / Whitney Houston
1995/12/02 - 1996/11/18
Good 4 U/ Olivia Rodrigo
2021/06/05 - 2021/07/31、08/14 - 08/21
Kill Bill/ SZA 2023/01/21 - 03/04、04/15、05/06 - 05/20


☆SOS(1位、2022/12/24 - 2023/02/04、02/18 - 03/04 ♪♪♪♪♪♪♪♪
♪Kill Bill(1位)
♪I Hate U(7位)
♪Good Days(9位)
♪Shirt(11位)
♪Nobody Gets Me(10位)
♪Snooze(2位)








Peak 2023/07/15、09/23 ♪♪
Song Vampire/ Olivia Rodrigo
Writter Olivia Rodrigo Dan Nigro
Action 1(2023/07/15)、3、7、10、9、6、6、8(2023/09/02)。
9(2023/09/16)、1、7、7、9(2023/10/14)
Weeks
35 (No.1; 2023/07/15 - No.45; 2023/12/16)
  (No.21; 2024/01/13 - No46; 2024/03/30)
Hot100 No.30 2023


Taken from Album GUTS

Olivia Rodrigo.comOlivia Rodrigo(Billboard chart history)

 3曲目の初登場1位です。そしてまさかの1日天下でしたが、アルバムリリースに合わせて、再びのナンバーワンへ返り咲きました。すごい体力!(笑)

  2023年のホリデーシーズンが終了するとともに、再びHot100にランクインしました。


☆GUTS(1位、2023/09/23♪)
♪ Vampire(1位)

★オリヴィア・ロドリゴ・ナンバーワン・ソング(2021-2023)
♪Drivers License(2021)
♪Good 4 U/ Olivia Rodrigo(2021)
♪Vampire(2023)







Peak 2023/07/29 ♪
Song Seven/ Jungkook featuring Latto
Writter Andrew Watt, Cirkut, Jon Bellion, Latto Theron, Makiel Thomas
Action 1(2023/07/29)、9(2023/08/05)
Weeks
15 (No.1; 2023/07/29 - No.99; 2023/10/21。
   No.49; 2023/11/18 - No.91; 2023/11/25)
Hot100 No.82 2023


Taken from Album GOLDEN
    
Jungkook(Billboard chart history)

BTS.comBTS(Billboard chart history)

 最近は(兵役の影響で)バンドとしてではなくソロ活動が目立つBTSのメンバーたちのソロ活動。ジミンに続き、次はジョングクのソロ。そして同じく初登場1位。そしてBTSと合わせるとトータルで6曲目のナンバーワン。彼らは今後、色々な記録を作るんだろうなぁー、というあくまでもチャートファンとしての楽しみを提供してくれました。BTS全員のソロが初登場1位を取るだろうか…とか。

 さて、そんなことより私が注目したいのはプロデューサーの方。アンドルー・ワットにとって4曲目となるナンバーワンです。私が驚いたのは、最近のお仕事でオジー・オズボーンのアルバムで目にした名前の響きだったから、同じ?別人?と思っていたら、同一人物であり、チャートにもちょくちょくインパクトのある楽曲に関わっていることが判明し、今後は裏方注目したランクを調べてみるか、といった気分が高まるのでした(笑)。

2023/11/18付でアルバムと共にHot100にリ・エントリー。(ライバル?のジミンと同じポジションでよかったのかな?)


☆GOLDEN(2位)

♪ Seven/ Jungkook featuring Latto(1位)
♪ 3D(5位)
♪ Standing Next to You(5位)


★ジョングク・ナンバーワン・ソング(2020-2023)
♪Dynamite/ BTS(2020)
♪Savage Love (Laxed - Siren Beat)/ Jawsh 685 x Jason Derulo x BTS(2020)
♪Life Goes On/ BTS(2020) 
♪Butter/ BTS(2021)
♪Permission to Dance/ BTS(2021)
♪Seven(2023)

★アンドルー・ワット・ナンバーワン・ソング(2017 - 2023)
♭Havana/ Camila Cabello featuring Young Thug(2017)
♭Señorita/ Shawn Mendes & Camila Cabello(2019)
♭Peaches/ Justin Bieber(2020) 
♭Seven(2023)







Peak 2023/08/05 ♪
Song Try That In A Small Town/ Jason Aldean
Writter Kelley Lovelace, Neil Thrasher, Tully Kennedy, Kurt Allison
Action 2(2023/07/29)、1(2023/08/05)
Weeks 20(No.2; 2023/07/29 - No.79; 2023/12/09)
Hot100 No.66 2023


Taken from Album HIGHWAY DESPERADO

Jason Aldean.comJason Aldean(Billboard chart history)

 カントリー勢が勢いにノってます。先週の初登場2位に続き、翌週(2023/08/05)は堂々のナンバーワンに輝きました。Top10はわずか2週のみに止まっただけでしたが、これもカントリー流行の影響でしょう。


☆HIGHWAY DESPERADO(19位)

♪ Try That In A Small Town(1位)
♪ Let Your Boys Be Country





Peak 2023/08/26 - 09/02  ♪♪
Song Rich Men North of Richmond/ Oliver Anthony Music
Writter Oliver Anthony Music
Action 1(2023/08/26)、1、6(2023/09/09)
Weeks 17(No.1; 2023/08/26 - No.97; 2023/12/16)
Hot100 No.78 2023



Oliver Anthony Music.com

 まさかの展開(音楽の動向)にワクワクが止まりません!今度はバンジョーの弾き語りによるカントリー・ソング。知らないのは、「カントリーは好きだけど、それほど浸かってるわけじゃ無いしなー」などと思っていたら、なんとこれがデビューシングルで、初ランクインでいきなりの初登場1位になったという記録づくめのシンガーです(2023年度5曲目)。カントリーが吹き荒れてるって感じで、嬉しい(笑)。










Peak 2023/09/09 
Song I Remember Everything/ Zach Bryan featuring Kacey Musgraves
Writter Zach Bryan, Kacey Musgraves
Action 1(2023/09/09)、2、3、5、5、6(2023/10/14)。6、4(2023/11/04)。
6(2023/11/18)、6、6(2023/12/02)。
5(2024/01/13)、4、6、5、6、6、8、9、7、7、9、7(2024/03/30)
Weeks 38*(No.1; 2023/09/09 - No.18; 2024/05/25)
Hot100 No.74 2023


Taken from Album ZACH BRYAN

Zach Bryan.comZach Bryan(Billboard chart history)

Kacey Musgraves.comKacey Musgraves(Billboard chart history)

 ザック・ブライアン! 初登場1位! アルバム・チャートも制覇!(収録曲全てがHot100にエントリー) デュエットのお相手は歌姫ケイシー・マスグレイヴス。二人揃ってHot100は初。カントリーの勢いが止まりません!

2024/03/09付でTop10内、トータルで20週ランクインとなりました。




☆ZACH BRYAN(1位、2023/09/09 - 09/16♪♪)
♪ I Remember Everything/ Zach Bryan featuring Kacey Musgraves(1位)
♪ Fear and Friday's (Poem)(39位)
♪ Overtime(22位)
♪ Summertime's Closeast Side of Sorrow(23位)
♪ Hey Driver/ Zach Bryan featuring the War and Treaty(14位)
♪ Fear and Friday's(24位)
♪ Ticking(29位)
♪ Holy Roller/ Zach Bryan featuring Sierra Ferrell(37位)
♪ Jake's Piano – Long Island(41位)
♪ El Dorado(31位)
♪ Tourniquet(20位)
♪ Spotless/ Zach Bryan featuring the Lumineers(17位)
♪ Tradesman(44位)
♪ Smaller Acts(38位)
♪ Oklahoman Son(47位)








Peak 2023/09/16、10/07- 10/14  ♪♪♪
Song Paint the Town Red/ Doja Cat
Writter Burt Bacharach, Hal David Isaac, Earl Bynum, Jean-Baptiste Kouame, Karl Rubin, Ryan Buendia
Action 5(2023/09/02)、3、1、2、2、1、1、
  4、2、2、2、4、2、3、3、8、10(2023/12/16)。
4(2024/01/13)、5、7、8(2024/02/03)
Weeks 37(No.15; 2023/08/19 - No.40; 2024/04/27)
Hot100 No.52 2023


Taken from Album SCARLET

Doja Cat.comDoja Cat(Billboard chart history)

Burt Bacharach(Billboard chart history)

 ディオンヌ・ワーウィックの♪Walk On By(バート・バカラックの楽曲、1964年6月13日付6位)をサンプリングに使用した2020年の♪Say So以来2曲目ナンバーワンソング。今回はソロで。




☆SCARLET(4位)
♪ Paint the Town Red(1位)
♪ Agora Hills(7位)

★ドージャ・キャット・ナンバーワン・リスト(2020-2023)
♪Say So/ Doja Cat featuring Nicki Minaj(2020)
♪Paint the Town Red (2023)



★バート・バカラック・ナンバーワン・リスト(1968-2023)
♭This Guy's in Love with You/ Herb Alpert (1968)
♭Raindrops Keep Fallin' on My Head/ B.J.Thomas(1970)
♭Arthur's Theme (Best That You Can Do)/ Christopher Cross (1980)
♭On My Own/ Patti LaBelle & Michael McDonald (1986)
♭Paint the Town Red/ Doja Cat(2023)











Peak 2023/09/30 ♪
Song Slime You Out/ Drake featuring SZA
Writter Aubrey Graham, Solána Rowe, Noah Shebib, Benjamin Saint-Fort, Noel Cadastre, Dalton Tennant, C.Powell, G. Lapointe
Action 1(2023/09/30)。6(2023/10/21)
Weeks 12(No.1; 2023/09/30 - No.96; 2023/12/16)


Taken from Album FOR ALL THE DOGS

Drake.comDrake(Billboard chart history)

SZA.comSZA(Billboard chart history)

 チャート常連Drakeの2023年初のナンバーワンは、通算8曲目の初登場1位。お相手のSZAは2023年に限って、唯一の2曲目のトップを送り出してきました。

 10/21付でアルバム・リリースに乗っかってTop10に戻ってきました。



☆FOR ALL THE DOGS(1位、2023/10/21♪)
♪ Slime You Out/ Drake featuring SZA(1位)
♪ First Person Shooter/ Drake featuring J.Cole(1位)
♪ IDGAF/ Drake featuring YEAT(2位)
♪ Virginia Beach(3位)
♪ Calling For You/ Drake featuring 21 Savage(5位)
♪ Daylight(8位)
♪ Fear Of Heights(10位)
♪ Rich Baby Daddy/ Drake featuring Sexyy Red & SZA(11位)
♪ Gently/ Drake featuring Bad Bunny(12位)
♪ Amen/ Drake featuring Teezo Touchdown(15位)
♪ 7969 Santa(16位)
♪ 8am In Charlotte(17位)
♪ What Would Pluto Do(18位)
♪ Bahamas Promises(20位)
♪ Tried Our Best(21位)
♪ Members Only/ Drake featuring PARTYNEXTDOOR(24位)
♪ All The Parties/ Drake featuring Chief Keef(26位)
♪ Drew A Picasso(27位)
♪ Another Late Night/ Drake featuring Lil Yachty(29位)
♪ Away From Home(32位)
♪ BBL Love Interlude(36位)
♪ Polar Opposites(37位)
♪ Screw The World Interlude(42位)

★ドレイク・ナンバーワン・ソング(2010-2023)
♪ What's My Name? / Rihanna featuring Drake(2010)
♪ Work/ Rihanna featuring Drake(2016)
♪ One Dance / Drake featuring WizKid & Kyla(2016)
♪ God's Plan(2018)
♪ Nice For What(2018)
♪ In My Feelings(2018)
♪ Toosie Slide(2020)
♪ What's Next(2021)
♪ Way 2 Sexy/ Drake featuring Future & Young Thug(2021)
♪ Wait for U/ Future featuring Drake & Tems(2022)
♪ Jimmy Cooks/ Drake featuring 21 Savage(2022)
♪ Slime You Out/ Drake featuring SZA(2023)










Peak 2023/10/21 ♪
Song First Person Shooter/ Drake featuring J.Cole
Writter Aubrey Graham, Jermaine Cole、 Matthew Samuels、 Anderson Hernandez, Brytavious Chambers, Michael Mulé, Isaac de Boni, Ozan Yıldırım, Scotty Coleman
Action 1(2023/10/21)、8(2023/10/28)
Weeks 20(No.1; 2023/10/21 - No.56; 2024/03/02)


Taken from Album FOR ALL THE DOGS

Drake.comDrake(Billboard chart history)

J.Cole.comJ.Cole(Billboard chart history)

 チャート常連Drakeの2023年2曲目のナンバーワンであり、通算9曲目の初登場1位。今度のお相手はJ.コール。そのしてこの曲がナンバーワンになったことで、これまでソロ・アーティストとして記録を持っていたマイケル・ジャクソンと並び(13曲)ました。

  また、アルバムもリリースされたことから、ドレイクにとって3度目の1、2位独占も記録しましたが、残念ながらテイラー・スイフトのようにTop10全てをドレイクに染めることはできなかったようです(それでも7曲!)。


☆FOR ALL THE DOGS(1位、2023/10/21♪)
♪ Slime You Out/ Drake featuring SZA(1位)
♪ First Person Shooter/ Drake featuring J.Cole(1位)
♪ IDGAF/ Drake featuring YEAT(2位)
♪ Virginia Beach(3位)
♪ Calling For You/ Drake featuring 21 Savage(5位)
♪ Daylight(8位)
♪ Fear Of Heights(10位)
♪ Rich Baby Daddy/ Drake featuring Sexyy Red & SZA(11位)
♪ Gently/ Drake featuring Bad Bunny(12位)
♪ Amen/ Drake featuring Teezo Touchdown(15位)
♪ 7969 Santa(16位)
♪ 8am In Charlotte(17位)
♪ What Would Pluto Do(18位)
♪ Bahamas Promises(20位)
♪ Tried Our Best(21位)
♪ Members Only/ Drake featuring PARTYNEXTDOOR(24位)
♪ All The Parties/ Drake featuring Chief Keef(26位)
♪ Drew A Picasso(27位)
♪ Another Late Night/ Drake featuring Lil Yachty(29位)
♪ Away From Home(32位)
♪ BBL Love Interlude(36位)
♪ Polar Opposites(37位)
♪ Screw The World Interlude(42位)

★ドレイク・ナンバーワン・ソング(2010-2023)
♪ What's My Name? / Rihanna featuring Drake(2010)
♪ Work/ Rihanna featuring Drake(2016)
♪ One Dance / Drake featuring WizKid & Kyla(2016)
♪ God's Plan(2018)
♪ Nice For What(2018)
♪ In My Feelings(2018)
♪ Toosie Slide(2020)
♪ What's Next(2021)
♪ Way 2 Sexy/ Drake featuring Future & Young Thug(2021)
♪ Wait for U/ Future featuring Drake & Tems(2022)
♪ Jimmy Cooks/ Drake featuring 21 Savage(2022)
♪ Slime You Out/ Drake featuring SZA(2023)
♪ First Person Shooter/ Drake featuring J.Cole(2023)








Peak 2023/10/28 - 11/04、11/18 - 11/25 ♪♪♪♪
Song Cruel Summer/ Taylor Swift
Writter Taylor Swift, Jack Antonoff, Annie Clark
Action 7(2023/07/15)、98643、4、4、5、4、5、6、4、3、9、
         1、1、6、1、1、2、7、7(2023/12/16)。
2(2024/01/13)、2、3、2、3、4、6、7、10、10(2024/03/16)。10(2024/03/30)
Weeks
54* (No.29; 2019/09/07 - No.71; 2019/09/14)
  (No.49; 2023/06/03 - No.20; 2024/05/25)
Hot100 No.18 2023


Taken from Album LOVER
    
Taylor Swift.comTaylor Swift(Billboard chart history)

 最新(といってもリリースは2022年)アルバムからのカットではなく、コロナ前にリリースされていた『LOVER』(2019年)からのリ・エントリー(2023/06/03)。24週目、3年越しのナンバーワン、彼女にとっての10曲目のトップですが、このアルバムからは初のナンバーワンソングです(他は2位止まり)。

ちなみに2019年のチャートヒストリーはこちら
1位
2位
アルバム
年間チャート(Billboard.com)


 2023/11/18付では、彼女にとって4曲目の1位返り咲き。2024/03/09では、Top10内全順位制覇になりました。

☆LOVERS(1位、2019/09/07 ♩)
♪ME!/ Taylor Swift featuring Brendon Urie of Panic! at the Disco(2位)
♪You Need To Calm Down(2位)
♪Lovers(10位)
♪Cruel Summer(1位)

★テイラー・スイフト ナンバー・ワン・リスト(2012-2023)
♪We Are Never Ever Getting Back Together(2012)
♪Shake It Off (2014)
♪Blank Space (2014/2015)
♪Bad Blood / Taylor Swift featuring Kendrick Lamar(2015)
♪Look What You Made Me Do(2017)
♪Cardigan(2020)
♪Willow(2020)
♪All Too Well(2021)
♪Anti-Hero(2022/2023)
♪Cruel Summer(2023)









Peak 2023/11/11 ♪
Song Is It Over Now?/ Taylor Swift
Writter Taylor Swift, Jack Antonoff
Action 1(2023/11/11)、3、5、9(2023/12/02)
Weeks 22(No.1; 2023/11/11 - No.47; 2024/04/06)


Taken from Album 1989(TAYLOR'S VERSION)

Taylor Swift.comTaylor Swift(Billboard chart history)

 自身の曲を飛び越えて初登場ナンバーワン。曲はリ・レコーディングの『1989』からですが、元のアルバムには収録されていなかった曲(From The Vault)。アルバムも揃ってナンバーワンで登場。Top10をこのアルバムから7曲占拠。もう1曲は先週のナンバーワンだったCruel Summer、計8曲が彼女の曲。Top3を独占は10/21のドレイク以来の快挙。彼女に取っては2度目。

 この曲で以下の記録を達成、更新しています。
 ・ナンバーワン・ソング11曲目(歴代6位、ホイットニー・ヒューストンと並ぶ)
 ・初登場1位(6曲目)
 ・自らの1位を追い抜く(2度目は女性アーティストとしては初)
 ・1、2位独占(2回目、ちょうど一年ぶり)

 2023年に3曲のナンバーワンを送り出していますが、3枚とも違うアルバムからリリースされており、女性アーティストとしては初。1970年のジャクソン5以来。



☆1989 TAYLOR'S VERSION (1位、2023/11/11 - 2023/11/18♩♩)
♪Is It Over Now?(1位)
♪Now That We Don't Talk(Taylor's Version)(2位)
♪Slut! (Taylor's Version)(3位)
♪Say Don't Go(Taylor's Version)(5位)
♪Bad Blood(Taylor's Version)(7位)
♪Style(Taylor's Version)(9位)
♪Suburban Legends(Taylor's Version)(10位)
♪Blank Space(Taylor's Version)(12位)
♪Welcome To New York(Taylor's Version)(14位)
♪Out Of The Woods(Taylor's Version)(16位)
♪Wildest Dreams(Taylor's Version)(12位)
♪All You Had To Do Was Stay(Taylor's Version)(20位)
♪Shake It Off(Taylor's Version)(28位)
♪New Romantics(Taylor's Version)(29位)
♪Clean(Taylor's Version)(30位)
♪I Wish You Would(Taylor's Version)(31位)
♪I Know Places(Taylor's Version)(36位)
♪Wonderland(Taylor's Version)(39位)
♪How You Get The Girl(Taylor's Version)(40位)
♪This Love(Taylor's Version)(42位)
♪You Are In Love(Taylor's Version)(43位)

★テイラー・スイフト ナンバー・ワン・リスト(2012-2023)
♪We Are Never Ever Getting Back Together(2012)
♪Shake It Off (2014)
♪Blank Space (2014/2015)
♪Bad Blood / Taylor Swift featuring Kendrick Lamar(2015)
♪Look What You Made Me Do(2017)
♪Cardigan(2020)
♪Willow(2020)
♪All Too Well(2021)
♪Anti-Hero(2022/2023)
♪Cruel Summer(2023)
♪Is It Over Now?(2023)











Peak 2023/12/02、2024/01/13 - 01/20、02/03、02/17 - 02/24 ♪♪♪♪
Song Lovin on Me/ Jack Harlow
Writter Jackman Harlow, Ozan Yildirim, Sean Momberger, Nik Frascona, Nickie Jon Pabón,
Delbert M Greer, Reginald Nelton
Action 2(2023/11/25)、1、3、5、6、6、9、1、1、2、1、2、1、1、
  2、3、3、5、4、7、8、7、6(2024/04/27)
Weeks 27*(No.2; 2023/11/25 - No.17; 2023/05/25)



Jack Harlow.comJack Harlow(Billboard chart history)

 初登場2位、3曲目のナンバーワン。今回も既存曲をサンプリングしています。最初聞いた時はマイケル・ジャクソン?(Smooth Criminal)と思いましたが、Cadillac Daleが1995年にリリースしたWhatever (Bass Solique)だそう。



★ジャック・ハーロウ・ナンバーワン・ソング(2021-2023)
♪Industry Baby/ Lil Nas X & Jack Harlow(2021)
♪First Class(2022)
♪Lovin on Me(2023)









Peak 2023/12/09 - 12/16、2024/01/06 ♪♪♪
Song Rockin' Around The Christmas Tree/ Brenda Lee
Writter Johnny Marks
Action 8(2023/12/02)、1、1、2、2、1(2024/01/06)
Weeks
58 (No.8; 2019/12/14 - No.2; 2020/01/04)
  (No.43; 2020/11/28 - No.12; 2021/01/09)
  (No.14; 2021/12/04 - No.3; 2022/01/08)
  (No.41; 2022/11/26 - No.2; 2023/01/07)
  (No.8; 2023/12/02 - No.1; 2024/01/06)
Hot100 No.80 2022/No.60 2023



Brenda Lee.comBrenda Lee(Billboard Data base)

 これまで2019年からマライア・キャリーの♪とピッタリ寄り添うように2位(9週)に甘んじていましたが、2023年のクリスマス・シーズンにいよいよナンバーワンとなりました。65年前の曲がナンバー・ワンというものすごい記録ですが、ホリデーソングとはいえ、実に63年ぶり(1960/10/24)にナンバーワンとなる記録(前回のナンバーワンとの間隔)も樹立。通算3曲目。
 実は私がこの曲を初めて聞いたのは、シンディ・ローパーが1988年のクリスマス・アルバムの中でカバー(MERRY CHRISTMAS)した方でした。シンディも相変わらずな可愛らしい(当時1987年にリリースされた『A VERY SPECIAL CHRISTMAS』のマドンナが、マリリン・モンローを真似た声でSanta Babyをカバーしたお返しに?)声でカバーしていたので、こっちに耳が馴染んでました。

 というわけで、これまで2位のページの常連だったこの曲もこちらに移ることになります(笑)。そして通算100曲目となる1位返り咲きもマークしています。





★ブレンダ・リー・ナンバーワン・ソング(1960-2024)
♪I'm Sorry(1960)
♪I Want to Be Wanted(1960)
♪Rockin' Around The Christmas Tree(2023/24)







 ビルボードでナンバーワンソングになったかならなかったかは、「金メダルと銀メダル」の違いほどの差があるようです。たかがチャート上の話ですが、聴き手も「1位」と「2位」を意識させられてしまいます(私か? メディアに踊らされてるなぁ)。さて、コチラ(2023)ページでは全米ナンバーワンになれなかった曲を紹介します。



年間チャート2023
YE
HP
WK
Songs / Airtists(アーティストへのリンクはBillboard.comのChart Historyです)
1
1
43
Last Night/ Morgan Wallen
2
1
45
Flowers/ Miley Cyrus
3
1
50
Kill Bill/ SZA
4
1
53
Anti-Hero/ Taylor Swift
5
3
47
Creepin'/ Metro Boomin, The Weeknd & 21 Savage
6
3
57
Calm Down/ Rema & Selena Gomez
7
1
52
Die for You(Remix)/The Weeknd & Ariana Grande
8
2
35
Fast Car/ Luke Combs
9
2
42
Snooze/ SZA
10
4
48
I'm Good (Blue)/ David Guetta & Bebe Rexha
YE: Year End / HP: High Posision / WK: Weeks

もどる|2023年レビュー|アルバムチャート


home(一番星のなる木)