tupichan's billboard hot 100

 iPodに入れて楽しんでいたビルボードNo.1ソングでしたが、2008年にiPhoneを購入し、今までのiPodよりも容量が大きいので新しく入れ直しました。せっかくだからと自分用のリストを作ろうと思い立ったのがこのページです。(でも初代iPhoneだから容量が小さくて、もう1000曲を超えるナンバーワンソングに、1位になれなかった2位の曲まで入っているから、もうパンパン状態です。次をなんとか考えなくちゃ…)
 私がチャートをリアルタイムで聞いていたのは1983年暮れ。イエスの“ロンリー・ハート”が上位にねらいを付けている頃でした。その頃聴いていたのは湯川れい子さんがDJを務める「アメリカントップ40」でしたが、まだその番組を知らず、FM東京でオンエアされていたキャッシュボックス誌のチャートでした。DJは声優の野沢那智さんでした。

 そして本格的にチャートを聴くようになったのは“ロンリー・ハート”がナンバーワンにになった頃。その後、私が洋楽にのめり込むきっかけを作った出来事が英国で始まりました。ボブ・ゲルドフが提唱した「バンド・エイド」このイベントのおかげで、芋蔓式に(そして今もそのスタイルであれやこれやと手を出してしまう癖が付いてしまった)アーティストからアーティストへと繋がっていったのです。 ブルース・スプリングスティーンがかつて語ったように、「3分間のレコードから世の中を知った」ということを身をもって感じました。これからも私はロックと共に転がり続けてゆくのだと思います。

 たかがヒットチャートですが、その時その時に流行っていた曲を聴けば時代が見えてくる。個人的には当時の自分も見えてきます。こう書くとオーバーなと笑われるかもしれませんが、特定のアーティストのアルバムを丸々聴いているときと違って、前後のヒット曲が絡んで聞こえ、ヒットチャートのドラマが生まれてくるのです。これが、何の脈絡もない曲で並んだ「ビルボードナンバーワンソングリレー」の醍醐味でもあるのです。そして、この並び順に大きな意味が見えきます。これがナンバーワンばかりを集めた曲集でも、トップに立った順番ではなく、バラバラに並べられていると(たとえばアーティスト順とか)、その楽しみが半減してしまいます。

この曲の次に1位になったのがこの曲で、それを抜いたのがこの曲、というようにリレーで聴くからこそ意味があるのです。

 たとえば1973年にはポール・マッカートニーの「マイ・ラヴ」の後を次いだのは、同じファブ・フォーのジョージ・ハリスンが放った「ギヴ・ミー・ラヴ」だったり。
1986年のジェネシスの「インビジブル・タッチ」を抜いたのが、ジェネシスを脱退したピーター・ガブリエルの「スレッジ・ハンマー」だったり。これって意図的に組まれた順番ではなく、時代が創り上げたドラマです。たまたまそういうヒットが重なっただけなのに、あまりにも皮肉な順番ではないでしょうか。
他にもまだドラマは隠されて入るんでしょうけど、コレからも何度も何度も繰り返しながらおもしろい発見をするのだろうなぁと、ワクワクしながら現在、過去、そして未来のビルボードを楽しみにしているのです。

このページでは2016年の全米ナンバーワンソングを紹介します。

 2018年から、ストリーミングデータ(音楽配信)の集計方法を変更しました。また、これまではチャートの日付の1週間前の火曜日(つまり11日前)に発表されていましたが、データ集計から発表までの期間が短くなり、日付の4日前に発表され、よりリアルタイムに近い発表になりました。たとえば最新チャートなら2021年10月30日、発表は10月26日となります。(最新の1位はコチラ)。

Billboard.com|2021/10/26更新|

 20年ぶりにリアルタイムでチャートを追いかけられるようになりました。それにしても音楽性が大きく変わったことに驚いています。最初はとまどいもありましたが、「ナンバーワンソングだから」という偏った思考でありながら、聴き続けていると耳に馴染むようになってきました。さすがはビルボードナンバーワンソング! 今まではレンタルCDなどで曲の収集をしていましたが、ネット時代の昨今、日本国内のサイトでは実現はまだまだ先の事でしょうが、海外のサイトではチャートのナンバーワンを始めとする、ほとんどの曲がネット上からダウンロードして聴く事が出来るようになりました。私もその恩恵を受けた一人です。本当ならちゃんとした音質で手元に置いておきたいところですが、まぁ、iPodで聴く分にはmp3で充分かな(笑)

Peak ナンバーワンの期間 ♪ひとつが1週間、5週目毎にです。
Song 曲目 / アーティスト
Writter 作詞・作曲 etc.
Action Top10圏内の動き(Top10圏内初登場の日付)
Weeks Hot100内の総週(*最新チャートにてランク中、及び初登場と最週位のランクと日付)
Top100 年間チャートの順位

Peak 2015/11/14 - 2016/01/02 ♪♪♪♪♪♪♪♪
Song Hello/ Adel
Writter Adele Adkins, Greg Kurstin
Action 1(2015/11/14)、1、1、1、1、1、1、1、1、1、
                   2、2、3、4、5、6、7、8(2016/03/12)
Weeks 26(No.1; 2015/11/14 - No.36; 2016/05/07)
Top100 No.35 2015 No.7 2016

Taken from Album 25



 初登場1位。アルバムタイトルもわかりやすく25歳だから「25」。まだこの歳だからいいけど… なんて、海外アーティストは考えないでしょうね。うん

Adele.com

☆25(1位、2015/12/12 - 2016/01/23、02/1303/05 - 03/12 ♪♪♪♪♪♪♪♪)
♪Hello(1位)
♪When We Were Young(14位)
♪Send My Love (To Your New Lover)(8位)
♪Water Under the Bridge(58位)
2016年度第59回グラミー
♪Record Of The Year ; Hello/Adele
♪Album Of The Year ; 25/Adele
♪Song Of The Year ; Hello/Adele Adkins & Greg Kurstin
♪Best Pop Solo Performance
♪Best Pop Vocal Album

★アデル・ナンバーワン・ソング(2011-2016)
♪Rolling In The Deep(2011)
♪Someone Like You(2011)
♪Set Fire To The Rain(2012)
♪Hello(2015/2016)






Peak 2016/01/23 - 02/06 ♪♪♪
Song Sorry / Justin Bieber
Writter Justin Bieber、Julia Michaels、Justin Tranter、Sonny Moore、Michael Tucker
Action 2(2015/11/14)4、3、2、2、2、2、2、2、2、1、1、1、
2、3、3、4、4、5、8、8(2016/04/02)
Weeks 42(No.2; 2015/11/14 - No.50; 2016/08/27)
Top100 No.2 2016

Taken from Album PURPOSE



 初登場2位でしたが、4位まで落ち(それでも大ヒットです!)込みましたが、7週にわたり2位にAdeleを追い続け、念願の2曲目のナンバーワンです(初登場時の1位は The Weekndの♪The Hills)。

そして2月6日付けでは1、2位独占。12/5以降Top10内に3曲ランクインという快挙を打ち立てています。 (2015/09/26のThe Weeknd以来)

Justin Bieber.com

PURPOSE(1位、2015/12/05 ♪)
♪What Do You Mean? (1位)
♪Sorry(1位)
♪Love Yourself(1位)
♪Company(53位)
2015年度第58回グラミー
♪Best Dance Recording; Where Are U Now/ Justin Bieber with Skrillex & Diplo






Peak 2016/02/1302/27 ♪♪
Song Love Yourself/ Justin Bieber
Writter Justin Bieber、Ed Sheeran、Benjamin Levin
Action 4(2015/12/05)、7、7、5、4、3、3、3、3、21、2、1、2、2、2、2、
2、3、5、689(05/07)。10(2016/05/21)
Weeks 41(No.4; 2015/12/05 - No.48; 2016/09/10)
Top100 No.1 2016

Taken from Album PURPOSE



 時の人(笑)Ed Sheeranと共作したバラード。

 2月6日付での♪Sorryと1、2位独占。そしてTop10内に3曲ランクインしていましたが、2月13日付では自らの♪Sorryを抜いてトップの座に。2015年のThe Weeknd以来11組目のアーティスト。そして返り咲き(2/27付)。2016/05/21付けのチャートで、史上4曲目となるTop10内全ランクという記録が生まれました。

♪Truly Madly Deeply
/ Savage Garden(1997/12/28-1998/06/20)
♪Buy U a Drank (Shawty Snappin')
/ T-Pain featuring Yung Joc(2007/04/21-2007/08/11)
♪ Down/ Jay Sean featuring Lil Wayne
(2009/08/15-2010/01/23)
♪ Love Yourself/ Justin Bieber(2015/12/05-2016/05/21)


Justin Bieber.com

PURPOSE(1位、2015/12/05 ♪)
♪What Do You Mean? (1位)
♪Sorry(1位)
♪Love Yourself(1位)
♪Company(53位)
2015年度第58回グラミー
♪Best Dance Recording; Where Are U Now/ Justin Bieber with Skrillex & Diplo

★ジャスティン・ビーバー・ナンバーワン・リスト(2015-2016)
♪What Do You Mean?(2015)
♪Sorry(2016)
♪Love Yourself(2016)







Peak 2016/02/20
Song Pillowtalk/ Zayn
Writter Zayn Malik、Anthony Hannides、Michael Hannides、Levi Lennox、Joe Garrett
Action 1(2016/02/20)、7、6、6、6、6、6、8、4、4、5、8、9、8、9、9(2016/06/04)
Weeks 24(No.1; 2016/02/20 - No.48; 2016/07/30)
Top100 No.22 2016

Taken from Album MIND OF MINE



元ワン・ダイレクションのゼイン。私はまったくもって知識なし。

唯一このページでのかかわりは
2012年に2位まで上昇した♪Best Song Everぐらいなもの(キャッチ―でいい曲だと思います)

初登場1位でエントリーされたときは「誰?これ?」の浦島太郎状態でした(笑い)その初登場1位としては、今年最初にトップの座に立ったAdelのHello以来26曲目。アルバム・リリースの影響(初登場1位)で、シングルチャートも再浮上(4/16付)

Zayn.com

☆MIND OF MINE(1位、2016/04/16 ♪)
♪Pillowtalk (1位)
♪Like I Would"(1位)
♪Wrong(53位)








Peak 2016/03/05 - 04/30 ♪♪♪♪♪♪♪♪
Song Work/ Rihanna featuring Drake
Writter Jahron Braithwaite, Matthew Samuels, Allen Ritter, Rupert Thomas, Aubrey Graham, Robyn Fenty, Monte Moir
Action 9(2016/02/13)、7、4、1、1、1、1、1、1、1、1、1、
                      4、6、6、8、8、10(2016/06/11)

Weeks 36(No.9; 2016/02/13 - No.45; 2016/10/15)
Top100 No.4 2016

Taken from Album ANTI


 来ました(笑)。1/27付のアルバムは初登場1位だったので、いつかいつか!と思っていましたが、シングルは9位という意外な低さからのスタートでした。もっとも、初登場でTop10入り自体、凄いことなんですけどね。Rihannaにとって14曲目、Drakeにとって2曲目のポジションとなりました(今のところ、Drakeのリーダートラックでの1位はなく、相手は2曲ともRihanna…)。

Rihanna.com

☆ANTI(1位、2016/02/20、04/02 ♪♪)
♪Work / Rihanna featuring Drake (1位)

★リアーナ・ナンバーワン・リスト(2006-2016)
♪SOS (2006)
♪Umbrella / Rihanna featuring Jay-Z (2007)
♪Take A Bow (2008)
♪Disturbia (2008)
♪Live Your Life / T.I. featuring Rihanna (2008)
♪Rude Boy (2010)
♪Love The Way You Lie / Eminem featuring Rihanna (2010)
♪What's My Name? / Rihanna featuring Drake (2010)
♪Only Girl/ Rihanna (2010)
♪S & M / Rihanna featuring Britney Spears (2011)
♪We Found Love / Rihanna featuring Calvin Harris (2011)
♪Diamonds (2012)
♪The Monster / Eminem featuring Rihanna(2013)
♪Work / Rihanna featuring Drake(2016)

Drake.com



★ドレイク・ナンバーワン・リスト(2010-2016)
♪What's My Name? / Rihanna featuring Drake (2010)
♪Work / Rihanna featuring Drake(2016)






Peak 2016/05/07 - 05/14 ♪♪
Song Panda/ Desiigner
Writter Sidney Selby III, Adnan Khan
Action 5(2016/04/23)、2、1、1、
         2、3、2、2、2、2、3、3、4、6、8、9、10(2016/08/13)
Weeks 40(No.96; 2016/03/12-No.44; 2016/12/10)
Top100 No.6 2016

Taken from Album NEW ENGLISH


 8/13の時点で残り「7位」に位置していれば、1~10位のポジションを取ることになります。こういった曲が好みでない私には、チャートファンの楽しみとして期待しているのですが、次週はどうなるでしょう?

結果はごらんあれ。

Desiigner.com

☆NEW ENGLISH(22位)
♪Panda/ Desiigner (1位)







Peak 2016/05/2106/04 - 07/23 ♪♪♪♪♪♪♪♪
Song One Dance / Drake featuring WizKid & Kyla
Writter Aubrey Graham, Paul Jefferies, Noah Shebib, Ayodeji Balogun, Kyla Smith, Errol Reid
Action

3(2016/05/07)、2、1、2、1、1、1、1、1、1、1、1、1、
                   2、3、2、5、7、8、9(2016/09/17)

Weeks 36(No.21; 2016/04/23 - No.47; 2016/12/24)
Top100 No.3 2016

Taken from Album VIEWS



 Drakeにとって初の1位。今まではゲスト参加(相手はRhihanna)として、このポジションに来たことはありましたが、アルバム初登場1位に合わせて、初のリード・シングルナンバーワンにもなりました。後からきたジャスティンに一時トップの座を譲りますが、そのあと9週連続1位、トータルで10週というロングランになりました。

5/21付のHot100にランクされた曲は以下の通り。は初登場
♪One Dance/Drake featuring WizKid & Kyla(1位)
♪Work/Rihanna featuring Drake(6位)
♪Pop Style/Drake featuring The Throne(21位)
Hype(33位)
Controlla(34位)
Grammys/Drake featuring Future(38位)
Still Here(40位)
U With Me?(44位)
9(45位)
With You/ Drake featuring PARTYNEXTDOOR(47位)
Childs Play(49位)
Too Good/Drake featuring Rihanna(52位)
Feel No Ways(53位)
Weston Road Flows(54位)
Redemption(61位)
Keep The Family Close(68位)
Faithful/Drake featuring Pimp C & dvsn(72位)
Fire & Desire(75位)

Drake.comWizKid.com|Kyla.com|

☆VIEWS(1位、2016/05/21 - 07/16、7/30 - 08/13、10/08 ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪)
♪Hotline Bling(2位)
♪One Dance / Drake featuring WizKid & Kyla(1位)
♪Pop Style/Drake featuring The Throne(16位)
♪Controlla(16位)
♪Too Good/Drake featuring Rihanna(14位)


★ドレイク・ナンバーワン・リスト(2010-2016)
♪What's My Name/ Rihanna featuring Drake(2010)
♪Work/ Rihanna featuring Drake(2010)
♪One Dance/ Drake featuring Wizkid & Kyla)(2016)







Peak 2016/05/28
Song Can't Stop the Feeling!/ Justin Timberlake
Writter Justin Timberlake, Max Martin, Shellback
Action 1(2016/05/28)、3、3、3、3、2、2、2、2、2、4、5、4、9、9(2016/09/03)
Weeks 52(No.1; 2016/05/28 - No.39; 2017/05/20)
Top100 No.9 2016

Taken from Album TROLLS



 Justin Timberlakeにとって初登場1位。今年の秋に公開予定の映画『トロール』に声優として参加していますが、他にも歌手が数人参加している模様です。ティンバーブレイクはブランチ役。
2006年3月3日の♪What Goes Around... Comes Around以来のポジションです。共作は、稀代のヒット・メーカー、マックス・マーティンとシェルバックのコンビ。マックス・マーティンは22曲目、シェルバックにとっては10曲目のナンバーワンソングです。


Justin Timberlake.com



☆TOROLLS(3位)
♪Can't Stop the Feeling!/ Justin Timberlake(1位)
2016年度第59回グラミー
♪Best Song Written For Visual Media

★ジャスティン・ティンバーブレイク・ナンバーワン・リスト(2006-2016)
♪SexyBack / Justin Timberlake(2006)
♪My Love / Justin Timberlake featuring T.I.(2006)
♪What Goes Around/Comes Around /Justin Timberlake(2007)
♪Can't Stop the Feeling! / Justin Timberlake(2016)

マックス・マーティン・ナンバーワン・リスト(1999-2016)多いのでリストはこちら(笑)

★シェルバック・ナンバーワン・リスト(2006-2016)
♭So What / P!nk(2008)
♭3 / Britney Spears(2009)
♭Raise Your Glass / P!nk(2010)
♭Moves Like Jagger / Maroon 5 featuring Christina Aguilera(2011)
♭We Are Never Ever Getting Back Together / Taylor Swift(2012)
♭One More Night / Maroon 5(2012)
♭Shake It Off / Taylor Swift(2014)
♭Blank Space / Taylor Swift(2014/2015)
♭Bad Blood / Taylor Swift featuring Kendrick Lamar(2015)
♭Can't Stop the Feeling! / Justin Timberlake(2016)







Peak 2016/08/06 - 08/27 ♪♪♪♪
Song Cheap Thrills/ Sia featuring Sean Paul
Writter Sia Furler, Greg Kurstin
Action 8(2016/07/02)、6、6、5、3、1、1、1、1、
               2、3、4、4、4、5、5、8、9(2016/10/29)
Weeks 52(No.81; 2016/03/05 - No.32; 2017/02/25)
Top100 No.11 2016

Taken from Album THIS IS ACTING



 ここ最近では珍しいぐらいにゆっくりとしたチャートアクションで、23週目にしてトップの座につきました。リーダーのSiaは「顔を出さない」ミュージシャンとして、テレビで取り上げられていたことを思いだしました。確か日本人の空手の女の子がビデオに出てましたっけ?いろいろミステリアスなアーティストですが、ルックス重視の音楽界に一石を投じる意味なのか、楽曲(歌詞)に注目してもらいたいからなのか?アルバムジャケットも、本人以外の人々が登場(笑)。←これはこれでコレクター泣かせか?

コレクター泣かせの
アルバム収録とは異なるシングル・ナンバーワン


フューチャーされているSean Paulにとっては通算4曲目のポジションですが、実に10年ぶりの返り咲き。


Sia.comSean Paul.com



☆THIS IS ACTING(4位)
♪Alive(56位)
♪Cheap Thrills/ Sia featuring Sean Paul(1位)
♪The Greatest/ Sia featuring Kendrick Lamar(18位)

★ショーン・ポール ナンバーワン・リスト(2003-2016)
♪Get Busy(2003)
♪Baby Boy / Beyonce featuring Sean Paul (2003)
♪Temperature (2006)
♪Cheap Thrills / Sia featuring Sean Paul (2016)







Peak 2016/09/03 - 11/19 ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
Song Closer/ The Chainsmokers featuring Halsey
Writter Andrew Taggart, Shaun Frank, Frederic Kennett
Action 9(2016/08/20)、6、1、1、1、1、1、1、1、1、1、1、1、1、
2、2、2、3、3、3、3、4、3、5、4、3、5、7、5、5(2017/03/11)
Weeks 52(No.81; 2016/03/05 - No.39; 2017/08/12)
Top100 No.10 2016

Taken from Album COLLAGE



 初登場9位にランクインして3週目からは実に12週連続のナンバーワンソングになりました。覚醒感のある不思議な曲…

The Chainsmokers.comHalsey.com

☆COLLAGE(6位)
♪Don't Let Me Down/ The Chainsmokers featuring Daya)(3位)
♪Closer/ The Chainsmokers featuring Halsey(1位)
♪All We Know/ The Chainsmokers featuring Phoebe Ryan(18位)
♪Setting Fires/ The Chainsmokers featuring XylO(71位)






Peak 2016/11/26 - 12/31、2017/01/14 ♪♪♪♪♪♪
Song Black Beatles/ Rae Sremmurd featuring Gucci Mane
Writter Khalif Brown, Aaquil Brown, Radric Davis, Michael Williams
Action 9(2016/11/19)、1、1、1、1、1、1、2、1、2、3、3、6、9(2017/02/18)
Weeks 27(No.96; 2016/10/08 - No.40; 2017/04/01)
Top100 No.19 2017

Taken from Album SREMMLIFE 2



 前曲の♪Closerのジャケットとよく似たジャケット。まぁ、それはさておき、タイトルのビートルズとは、あのリバプールの4人組のこと。歌の内容は彼らと今の自分たちを比較しているといった内容。ビデオもオマージュ的な雰囲気がありました。
なんでも「マネキン・チャレンジ」がブームになっていて、ポール・マッカートニーが、この曲に合わせてチャレンジしているとのことで話題になっています。

Rae Sremmurd.comGucci Mane.com

☆SREMMLIFE 2(4位)
♪Look Alive(72位)
♪Black Beatles(1位)
♪Swang(26位)


 ビルボードでナンバーワンソングになったかならなかったかは、「金メダルと銀メダル」の違いほどの差があるようです。たかがチャート上の話ですが、聴き手も「1位」と「2位」を意識させられてしまいます(私か? メディアに踊らされてるなぁ)。  さて、コチラ(2016)ページでは全米ナンバーワンになれなかった曲を紹介します。

 

年間チャート2016
YE
HP
WK
Songs / Airtists>
1
1
46
Love Yourself / Justin Bieber
2
1
42
Sorry / Justin Bieber
3
1
36
One Dance / Drake featuring WizKid & Kyla
4
1
36
Work / Rihanna featuring Drake
5
2
51
Stressed Out/ Twenty One Pilots
6
1
40
Panda / Desiigner
7
1
26
Hello / Adel
8
3
52
Don't Let Me Down / The Chainsmokers featuring Daya
9
1
49
Can't Stop the Feeling! / Justin Timberlake
10
1

40

Closer / The Chainsmokers featuring Halsey
YE: Year End / HP: High Posision / WK: Weeks /


2016年度第59回グラミー主要四部門受賞アーティストおよび作品
♪Record Of The Year ; Hello/Adele
♪Album Of The Year ; 25/Adele
♪Song Of The Year ; Hello/Adele Adkins & Greg Kurstin
♪Best New Artist ; Chance The Rapper
 

 Adele3冠。新人部門、私はまったく知りませんでした。

 ビルボードでナンバーワンソングになったかならなかったかは、「金メダルと銀メダル」の違いほどの差があるようです。たかがチャート上の話ですが、聴き手も「1位」と「2位」を意識させられてしまいます(私か? メディアに踊らされてるなぁ)。さて、コチラ(2016)ページでは全米ナンバーワンになれなかった曲を紹介します。

もどる2016年レビューアルバムチャート



home(一番星のなる木)