iPodに入れて楽しんでいたビルボードNo.1ソングでしたが、2008年にiPhoneを購入し、今までのiPodよりも容量が大きいので新しく入れ直しました。せっかくだからと自分用のリストを作ろうと思い立ったのがこのページです(でも初代iPhoneだから容量が小さくて、もう1000曲を超えるナンバーワンソングに、1位になれなかった2位の曲まで入っているから、もうパンパン状態です。現在はiPod Classicに入れて流していますが、ジャケット表示が小さくて、なんだか物足りなさも感じてます…)。

 私がチャートをリアルタイムで聞いていたのは昭和時代の1983年暮れ。イエスの“ロンリー・ハート”が上位にねらいを付けている頃でした。
  その頃聴いていたのは湯川れい子さんがDJを務めるラジオ日本(AM1422kHz)「アメリカントップ40」でしたが、まだその番組を知らず、FM東京(FM80.0MHz)でオンエアされていたキャッシュボックス誌のチャートでした。DJは声優の野沢那智さんでした。湯川さんの番組はFEN(AM810kHz)でもオン・エアしてましたね。

 そして本格的にチャートを聴くようになったのは“ロンリー・ハート”がナンバーワンにになった頃。その後、私が洋楽にのめり込むきっかけを作った出来事が英国で始まりました。ボブ・ゲルドフが提唱した「バンド・エイド」このイベントのおかげで、芋蔓式に(そして今もそのスタイルであれやこれやと手を出してしまう癖が付いてしまった)アーティストからアーティストへと繋がっていったのです。

 ブルース・スプリングスティーンがかつて語ったように「3分間のレコードから世の中を知った」ということを身をもって感じました。これからも私はロックと共に転がり続けてゆくのだと思います。

 たかがポップス、たかがヒットチャートですが、その時その時代に流行っていた曲を耳にするだけで、時代が見えてくる。そして個人的にも当時の自分も見えてきます。
  こう書くと「そんなオーバーな!」と笑われるかもしれませんが、特定のアーティストのアルバムを丸々聴いているときと違って、前後のヒット曲との絡みまでもが聞こえ、ヒットチャートのドラマが生まれてくるのです。

  これが、曲同士、アーティスト同士が何の脈絡もない曲の並んだ「ビルボード・ナンバー・ワン・ソング・リレー」の醍醐味でもあるのです。そうすることで、この並び順に大きな意味が見えきます。これがナンバーワンばかりを集めた曲集でも、トップに立った順番ではなく、バラバラに並べられていると(たとえばアーティスト順とか)、その楽しみが半減してしまいます。

この曲の次に1位になったのがこの曲で、それを抜いたのがこの曲、というようにリレーで聴くからこそ意味があるのです。

 たとえば1973年にはポール・マッカートニーの「マイ・ラヴ」の後を次いだのは、同じファブ・フォーのジョージ・ハリスンが放った「ギヴ・ミー・ラヴ」だったり。1986年のジェネシスの「インビジブル・タッチ」を抜いたのが、ジェネシスを脱退したピーター・ガブリエルの「スレッジ・ハンマー」だったり。これって意図的に組まれた順番ではなく、時代が創り上げたドラマです。たまたまそういうヒットが重なっただけなのに、あまりにも皮肉な順番ではないでしょうか。

  他にもまだチャート上のドラマは隠されて入るんでしょうけど、コレからも何度も何度も繰り返しながらおもしろい発見をするのだろうなぁと、ワクワクしながら現在、過去、そして未来のビルボードを楽しみにしているのです。

 このページでは2013年の全米ナンバーワンソングを紹介します。

 2018年から、ストリーミングデータ(音楽配信)の集計方法を変更しました。また、これまではチャートの日付の1週間前の火曜日(つまり11日前)に発表されていましたが、データ集計から発表までの期間が短くなり、日付の4日前に発表され、よりリアルタイムに近い発表になりました。たとえば最新チャートなら2021年10月9日、発表は10月5日となります。(最新の1位はコチラ)。

Billboard.com|2021/10/05更新|

 20年ぶり(←このように書いてから10年以上経っていますねぇ、しみじみ)にリアルタイムでチャートを追いかけられるようになりました。それにしても音楽性が大きく変わったことに驚いています。最初はとまどいもありましたが「ナンバーワンソングだから」という偏った思考でありながら、聴き続けていると耳に馴染むようになってきました。さすがはビルボード・ナンバー・ワン・ソング!
 何年もの間、図書館も含めたレンタルCDなどで曲の収集をしていましたが、今やネット時代の昨今。日本国内のサイトでは実現はまだまだ先の事でしょうが、海外のサイトではチャートのナンバーワンを始めとする、ほとんどの曲がネット上からダウンロードして聴く事が出来るようになりました。私もその恩恵を受けた一人です。本当ならちゃんとした音質で手元に置いておきたいところですが、まぁ、iPodで聴く分にはmp3で充分かなということで(笑)


Peak ナンバーワンの期間 ♪ひとつが1週間、5週目毎にです
Song 曲目 / アーティスト
Writter 作詞・作曲 etc.
Action Top10圏内の動き(Top10圏内初登場の日付)
Weeks Hot100内の総週(初登場と最終位のランクと日付)
Top100 年間チャートの順位

Peak 2012/12/22 - 2013/01/26 ♪♪♪♪
Song Locked Out Of Heaven/ Bruno Mars
Writter Mark Ronson, Jeff Bhasker, Emile Haynie, Bruno Mars, Philip Lawrence, Ari Levine
Action 7(2012/11/10)、7、6、4、4、2、1、1、1、1、1、1、
                2、2、2、2、7、9、9、10(2013/03/23)
Weeks 36(No.34 ; 2012/10/20 - No.50; 2013/03/09)

Taken from Album UNORTHODOX JUKEBOX



 曲調といいサウンドといい、まるでポリスの「Massage In A Bottle」のような曲です。こうした歌い方(ソウルフルな)は、スティングやコリン・ヘイなどを思い浮かべてしまいますが、♪Somebody That I Used to Knowをヒットさせたゴーティエとも似ているかも(と、思うのは私だけ?)。で、ブルーノ・マーズにとって4曲目のナンバーワンソング。

Bruno Mars.com

☆UNORTHDOX JUKEBOX (1位、2013/03/16)
♪Locked Out Of Heaven (1位)
♪When I Was Your Man (1位)
♪Treasure (5位)
♪Gorilla (22位)
♪Young Girls (32位)
2013年度第56回グラミー
♪Best Pop Vocal Album

★ブルーノ・マーズ ナンバー・ワン・リスト(2010-2021)
♪Nothin' On You / B.o.B featuring Bruno Mars (2010)
♪Just The Way You Are (2010)
♪Grenade (2011)
♪Locked Out Of Heaven (2012/2013)







Peak 2013/02/02 - 02/23、04/06 - 04/13 ♪♪♪♪Year End No.1 of 2013
Song Thrift Shop. / Macklemore & Ryan Lewis featuring Wanz
Writter Ben Haggerty
Action 10(2013/01/05)、10、5、2、1、1、1、1、2、2、2、2、2、1、1、2、2、3、4、6、7(2013/05/25)
Weeks 49(No.96 ; 2012/09/15、No.96 ; 2012/10/27 - No.47; 2013/09/21)
Top100 No.1 2013

Taken from Album THE HEIST



 4週連続ナンバー・ワンの座にいながら、YouTubeヒットによる次の「ハーレム・シェイク」にその座を譲り、耐えること5週間。通算5週目のナンバー・ワンに返り咲きました。1、2位のポジションには実に11週間! この手の曲は苦手なので、この現象はちょっとびっくり。だってサックスのメロディしか耳に入ってこないんだから!
 とはいえ、やっぱり歌詞を読まなくちゃですよね。この「スリフト・ショップ」というタイトルになっている単語は古着屋、リサイクル・ショップの意味があります。うちの近所にもこの看板出ています。だからこの曲がトップに出てきたとき「あれ?」って感じ。歌詞を読んだら、「ああ、やっぱり」という具合。

Macklemore & Ryan Lewis.comWanz.com

☆THE HEIST (2位)
♪Thrift Shop/Macklemore & Ryan Lewis featuring Wanz (1位)
♪Same Love/Macklemore & with Ryan Lewis, featuring Mary Lambert(1位)
♪Can't Hold Us/Macklemore & Ryan Lewis featuring Ray Dalton (1位)
♪White Walls/Macklemore & with Ryan Lewis, featuring Schoolboy Q and Hollis(15位)
2013年度第56回グラミー
♪Best New Airtist
♪Best Rap Performance; Thrift Shop
♪Best Rap Song
♪Best Rap Album







Peak 2013/03/02 - 03/30 ♪♪♪♪
Song Harlem Shake /Baauer
Writter Harry Rodriques, Hector Delgado, Jayson Musson, Kurt Hunte
Action 1(2013/03/02)、1、1、1、2、4、6(2013/04/20)
Weeks 20(No.1 ; 2013/03/02 - No.70; 2013/07/13)
Top100 No.4 2013




 シングルとしては久しぶりの初登場1位となりました。というのも、ビルボードの集計がYouTubeの再生回数も集計の対象になったためです。時代は変わりますねぇ。で、この曲に合わせて踊るビデオをYouTubeに投稿したことがきっかけとなり、大ヒットとあいなりました。これに乗じてWWEのレッスルマニア29でギネスを狙ったようですが、ボツになったようで…

 サンプリングされた曲は2001年にPlastic Littleがリリースした
「Miller Time」とHector Delgadoの「Los Terroristas」

Baauer.com







Peak 2013/04/20
Song When I Was Your Man/ Bruno Mars
Writter Kesha Sebert, Lukasz Gottwald, Benjamin Levin, Henry Walter, Nate Ruess
Action 9(2012/02/23)、8、3、3、3、2、1、3、4、6、5、4、4、10(2013/06/08)
Weeks 35(No.69 ; 2012/12/22、No.62 ; 2013/01/05 - No.94; 2013/01/12。
   No.89 ; 2013/01/23 - No.94; 2013/01/12)
Top100 No.8 2013

Taken from Album UNORTHODOX JUKEBOX



 まだ2013年は4分の1しか終わっていませんが、すでに2曲目のナンバーワンに輝いたブルーノ・マーズ。通算5曲目。この曲がナンバーワンに輝く1ヶ月ほど前、トップ10内に3曲ランクインしていました。

Bruno Mars.com

☆UNORTHDOX JUKEBOX (1位、2013/03/16)
♪Locked Out Of Heaven (1位)
♪When I Was Your Man (1位)
♪Treasure (5位)
♪Gorilla (22位)
♪Young Girls (32位)
2013年度第56回グラミー
♪Best Pop Vocal Album

★ブルーノ・マーズ ナンバー・ワン・リスト(2010-2013)
♪Nothin' On You / B.o.B featuring Bruno Mars (2010)
♪Just The Way You Are (2010)
♪Grenade (2011)
♪Locked Out Of Heaven (2012/2013)
♪When I Was Your Man (2013)







Peak 2013/04/27 - 05/11 ♪♪♪
Song Just Give Me A Reason/ P!nk featuring Nate Ruess
Writter Pink, Jeff Bhasker, Nate Ruess
Action

9(2013/03/30)6、5、3、3、1、1、1、2、2、2、2、4、7、7、10(2013/07/06)

Weeks 36(No.84 ; 2013/03/02 - No.48; 2013/11/02)
Top100 No.7 2013

Taken from Album TRUTH ABOUT LOVE

 昨年リリースされたアルバムからはTop10ヒットが次々生まれましたが、ここにきてナンバーワンソングが誕生しました。通算4曲目の冠。P!nk姉御のロッカバラードです。

P!nk.comNate Ruess.com

☆TRUTH ABOUT LOVE(1位、2012/10/06 ♪)
♪Blow Me (One Last Kiss) (5位)
♪Try (9位)
♪Just Give Me A Reason/P!nk featuring Nate Ruess (1位)

★ピンク・ナンバーワン・リスト(2001-2013)
♪Lady Marmalade / Christina Aguilera, Lil'Kim, Mya & P!nk (2001)
♪So What (2008)
♪Raise Your Glass (2010)
♪Just Give Me A Reason/P!nk featuring Nate Ruess (2013)







Peak 2013/05/18 - 06/15 ♪♪♪♪
Song Can't Hold Us/ Macklemore & Ryan Lewis featuring Ray Dalton
Writter Ben Haggerty
Action 7(2013/04/20)、5、2、2、1、1、1、1、1、
                 2、3、6、5、6、5、6、9(2013/08/10)
Weeks 39(No.97 ; 2013/02/16 - No.94 ; 2013/02/23。
   No.92 ; 2013/03/09 - No.50; 2013/12/14)
Top100 No.5 2013

Taken from Album THE HEIST



 もしかしたら今年の年間チャートのトップに輝くんじゃないかと思わせる「Thrift Shop」よりは、まだこちらの方が親しみやすいかなぁ。でもラップだしなぁ……


Macklemore & Ryan Lewis.comRay Dalton.com

☆THE HEIST (2位)
♪Thrift Shop/Macklemore & Ryan Lewis featuring Wanz (1位)
♪Same Love/Macklemore & with Ryan Lewis, featuring Mary Lambert(1位)
♪Can't Hold Us/Macklemore & Ryan Lewis featuring Ray Dalton (1位)
♪White Walls/Macklemore & with Ryan Lewis, featuring Schoolboy Q and Hollis(15位)
2013年度第56回グラミー
♪Best New Airtist
♪Best Rap Performance; Thrift Shop
♪Best Rap Song
♪Best Rap Album







Peak 2013/06/22 - 09/07 ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
Song Blurred Lines/ Robin Thicke featuring T.I. & Pharrell
Writter Robin Thicke, Pharrell Williams, Clifford Harris, Jr.
Action 6(2013/06/15)、1、1、1、1、1、1、1、1、1、1、1、1、
                  2、2、4、5、7、8、9、10(2013/11/02)
Weeks 48(No.94 ; 2013/05/04 - No.48; 2014/03/29)
Top100 No.2 2013

Taken from Album BLURRED LINES


 マイケル・ジャクソンの「Don't Stop Till You Get Enough(今夜はドント・ストップ)」をほうふつとさせるような雄叫びに始まり、ライオネル・リッチ―の「All Night Long」を思わせるような要素が絡み合って、なんとなく80年代テイストの香りが漂う楽曲。日本の梅雨空にはちょうどいいような軽めのサウンド。(梅雨明けは7/6でした)
 フューチャヴォーカリストですが、PharrellことPharrell WilliamsはDaft Punkの♪Get Luckyにも名を連ねているので、1、2位独占のアーティストになっています。2009のThe Balck Eyed Peas以来の快挙。

Robin Thicke.com

☆BLURRED LINES(1位、2013/08/17 ♪)
♪Blurred Lines/ Robin Thicke featuring T.I. & Pharrell (1位)
♪Give It 2 U/Robin Thicke featuring Kendrick Lamar) (25位)

T.I..com
★T.I.ナンバーワン・リスト(2006-2013)
♪My Love / Justin Timberlake featuring T.I.(2006)
♪ Whatever You Like / T.I. (2008)
♪Live Your Life / T.I. featuring Rihanna (2008)
♪Blurred Lines/ Robin Thicke featuring T.I. & Pharrell (2013)

Pharrell Williams.com
★ファレル・ウィリアムス・ナンバーワン・リスト(2004-2013)
♪Drop It Like It's Hot / Snoop Dogg featuring Pharrell (2004)
♪Money Maker / Ludacris featuring Pharrell(2006)

♪Blurred Lines/ Robin Thicke featuring T.I. & Pharrell(2013)
2013年度第56回グラミー
♪Record Of The Year; Get Lucky/Daft Punk featuring Pharrell Williams & Nile Rodgers
♪Producer Of The Year, Non-Classical; Pharrell





Peak 2013/09/14 - 09/21 ♪♪
Song Roar/ Katy Perry
Writter Katy Perry, Lukasz Gottwald, Max Martin, Bonnie McKee, Henry Walter
Action 2(2013/08/31)、2、1、1、2、2、2、2、3、2、2、4、4、5、7、9(2013/12/14)。
8(2014/01/11)
Weeks 35(No.85 ; 2013/08/24 - No.49; 2014/04/19)
Top100 No.10 2013

Taken from Album PRISM



 初登場1位になってもおかしくない勢いでしたけどね。集計上のからくりで初登場は85位でした。


Katy Perry.com

☆PRISM(1位、2013/11/09 ♪)
♪Roar(1位)
♪Unconditionally (14位)
♪Dark Horse/ Katy Pery featuring Juicy J (1位)
♪Birthday(17位)
♪This Is How We Do (24位)

★ケティ・ペリー・ナンバーワン・リスト(2008-2013)
♪I Kissed A Girl (2008)
♪California Gurls / Katy Perry featuring Soop Dogg (2010)
♪Teenage Dream (2010)
♪Firework (2010/2011)
♪E.T. / Katy Perry featuring Kanye West (2011)
♪Last Friday Night (2011)
♪Part Of Me(2012)
♪Roar (2013)


マックス・マーティン・ナンバー・ワン・ソング(1999-2013)
♭...Baby One More Time/ Britney Spears(1999)
♭It's Gonna Be Me/ NSYNC(2000)
♭I Kissed a Girl/ Katy Perry(2008)
♭So What/ P!nk(2008)
♭My Life Would Suck Without You/ Kelly Clarkson(2009)
♭3/ Britney Spears(2009)
♭California Gurls/ Katy Perry featuring Snoop Dogg(2010)
♭Teenage Dream/ Katy Perry(2010)
♭Raise Your Glass/ P!nk(2010)
♭Hold It Against Me/ Britney Spears(2011)
♭E.T./ Katy Perry featuring Kanye West(2011)
♭Last Friday Night (T.G.I.F.)/ Katy Perry(2011)
♭Part Of Me/ Katy Perry(2012)
♭We Are Never Ever Getting Back Together/ Taylor Swift(2012)
♭Roar/ Katy Perry (2013)





Peak 2013/09/28 - 10/05、12/14 ♪♪♪
Song Wrecking Ball/ Miley Cyrus
Writter Lukasz Gottwald, Maureen Anne McDonald, Stephan Moccio,
Sacha Skarbek, Henry Russell Walter
Action

1( 2013/09/28)、1、3、3、2、3、3、2、3、3、3、1、
                   5、8、9(2014/01/04)。9(2014/01/18)

Weeks 32(No.50 ; 2013/09/07 - No.48; 2014/04/12)
Top100 No.18 2013

Taken from Album BANGERZ



 先週22位からのジャンプアップでの初ナンバーワン。ついに2位のジンクスを突き破ってのトップです。
  ボスことブルース・スプリングスティーンも同名の曲を書いていますが、鋼鉄の球(矛盾で見慣れた人も)のことですが、我武者らに突き進んで行く人のことを指す様です。12/14に、1位の座を明け渡してから2か月後に再び1位となったのはビルボード史上最長記録です。
(チェビー・チェッカーの♪Twistを除く)。

歴代返り咲きNo.1ソングリスト

返り咲きは歴代31曲目です。



Miley Cyrus.com

☆BANGERZ(1位、2013/10/26 ♪)
♪We Can't Stop (2位)
♪Wrecking Ball (1位)






Peak 2013/10/12 - 12/07 ♪♪♪♪♪♪♪♪
Song Royals/ Lorde
Writter Ella Yelich O'Connor Joel Little
Action 8(2013/09/14)、3、3、3、1、1、1、1、1、1、1、1、1、
              3、4、5、5、4、4、7、7、9、9(2014/02/15)
Weeks 44(No.90 ; 2013/07/20 - No.49; 2014/05/17)
Top100 No.15 2013

Taken from Album THE LOVE CLUB EP



 低音が心地よい多重録音。本人が全音程をうたっているそうですが、なんと若干16歳だそうです!音域がが安定してますねー なんかいろいろミックスされそうな曲です。

 新人さんではありますが、Top10の中に2曲ランクインされると、さすがにうわべだけのヒットとは思えませんね。


Lorde.com



☆PURE HEROINE(3位)
☆THE LOVE CLUB EP(65位)
♪Royals (1位)
♪Team(6位)
♪Tennis Court(71位)

2013年度第56回グラミー
♪Song Of The Year; Royals
♪Best Pop Solo Performance; Royals







Peak 2013/12/21 - 2014/01/11 ♪♪♪♪
Song The Monster/ Eminem featuring Rihanna
Writter Marshall Mathers, Bryan Fryzel, Aaron Kleinstub, M.Athanasiou Robyn,
Fenty Jon Bellion, Bebe Rexha
Action 3(2013/11/16)、2、2、2、2、1、1、1、1、3、3、5、5(2014/02/08)

Weeks 29(No.3 ; 2013/11/16 - No.49; 2014/05/17)

Taken from Album
THE MARSHALL MATHERS LP 2


 このコンビによる2曲目のナンバーワン・ソングになりました。リアーナは通算13曲目のナンバーワンです。女性アーティストの歴代1位であるマライア・キャリーの18曲にじわりじわりと迫ってきています。

 ところでエミネムのニューアルバムをリック・ルービンがプロデュースしているというニュースが飛び込んできて喜んでいたのですが、結局はフル・アルバムを担当したわけではなかったですねー(ちょっと残念)。

リックがプロデュースしたのは以下の曲
♪Rhyme or Reason
♪Berzerk
♪So Far...
♪Love Game featuring Kendrick Lamar


Eminem.com

☆THE MARSHALL MATHERS LP 2(1位、2013/11/23 ♪)
♪The Monster / Eminem featuring Rihanna(1位)

★エミネム・ナンバーワン・リスト(2002-2013)
♪Loose Yourself / Eminem (2002/2003)
♪Crack A Bottle / Eminem, Dr.Dre & 50 Cent (2009)
♪Not Afraid (2010)
♪The Monster / Eminem featuring Rihanna(2013)

Rihanna.com

★リアーナ・ナンバーワン・リスト(2006-2013)
♪SOS (2006)
♪Umbrella / Rihanna featuring Jay-Z (2007)
♪Take A Bow (2008)
♪Disturbia (2008)
♪Live Your Life / T.I. featuring Rihanna (2008)
♪Rude Boy (2010)
♪Love The Way You Lie / Eminem featuring Rihanna (2010)
♪What's My Name? / Rihanna featuring Drake (2010)
♪Only Girl/ Rihanna (2010)
♪S & M / Rihanna featuring Britney Spears (2011)
♪We Found Love / Rihanna featuring Calvin Harris (2011)
♪Diamonds (2012)
♪The Monster / Eminem featuring Rihanna(2013)


 

年間チャート2013
YE
HP
WK
Songs / Airtists
1
1
49
Thrift Shop. / Macklemore & Ryan Lewis featuring Wanz
2
1
35
Blurred Lines/ Robin Thicke featuring T.I. & Pharrell
3
3
80
Radioactive / Imageine Dragons
4
1
20
Harlem Shake /Baauer
5
1
38
Can't Hold Us / Macklemore & Ryan Lewis featuring Ray Dalton
6
2
42
Mirrors / Justin Timberlake
7
1
36
Just Give Me A Reason / P!nk featuring Nate Ruess
8
1
35
When I Was Your Man / Bruno Mars
9
4
35
Cruise / Florida Georgia Line featuring Nelly
10
1
35
Roar / Katy Perry
YE: Year End / HP: High Posision / WK: Weeks / *: 最新チャートにランク中

 

2013年度第56回グラミー主要四部門受賞アーティストおよび作品
♪Record Of The Year ; Get Lucky/ Daft Punk featuring Pharrell Williams & Nile Rodgers
♪Album Of The Year ; Random Access Memories/Daft Punk
♪Song Of The Year ; Royals/ Lorde
♪Best New Artist ; Macklemore & Ryan Lewis
 

 

 ビルボードでナンバーワンソングになったかならなかったかは、「金メダルと銀メダル」の違いほどの差があるようです。たかがチャート上の話ですが、聴き手も「1位」と「2位」を意識させられてしまいます(私か? メディアに踊らされてるなぁ)。さて、コチラ(2013)ページでは全米ナンバーワンになれなかった曲を紹介します。

もどる2013年レビューアルバムチャート




home(一番星のなる木)