iPodに入れて楽しんでいたビルボードNo.1ソングでしたが、2008年にiPhoneを購入し、今までのiPodよりも容量が大きいので新しく入れ直しました。せっかくだからと自分用のリストを作ろうと思い立ったのがこのページです(でも初代iPhoneだから容量が小さくて、もう1000曲を超えるナンバーワンソングに、1位になれなかった2位の曲まで入っているから、もうパンパン状態です。現在はiPod Classicに入れて流していますが、ジャケット表示が小さくて、なんだか物足りなさも感じてます…)。

 私がチャートをリアルタイムで聞いていたのは昭和時代の1983年暮れ。イエスの“ロンリー・ハート”が上位にねらいを付けている頃でした。
  その頃聴いていたのは湯川れい子さんがDJを務めるラジオ日本(AM1422kHz)「アメリカントップ40」でしたが、まだその番組を知らず、FM東京(FM80.0MHz)でオンエアされていたキャッシュボックス誌のチャートでした。DJは声優の野沢那智さんでした。湯川さんの番組はFEN(AM810kHz)でもオン・エアしてましたね。

 そして本格的にチャートを聴くようになったのは“ロンリー・ハート”がナンバーワンにになった頃。その後、私が洋楽にのめり込むきっかけを作った出来事が英国で始まりました。ボブ・ゲルドフが提唱した「バンド・エイド」このイベントのおかげで、芋蔓式に(そして今もそのスタイルであれやこれやと手を出してしまう癖が付いてしまった)アーティストからアーティストへと繋がっていったのです。

 ブルース・スプリングスティーンがかつて語ったように「3分間のレコードから世の中を知った」ということを身をもって感じました。これからも私はロックと共に転がり続けてゆくのだと思います。

 たかがポップス、たかがヒットチャートですが、その時その時代に流行っていた曲を耳にするだけで、時代が見えてくる。そして個人的にも当時の自分も見えてきます。
  こう書くと「そんなオーバーな!」と笑われるかもしれませんが、特定のアーティストのアルバムを丸々聴いているときと違って、前後のヒット曲との絡みまでもが聞こえ、ヒットチャートのドラマが生まれてくるのです。

  これが、曲同士、アーティスト同士が何の脈絡もない曲の並んだ「ビルボード・ナンバー・ワン・ソング・リレー」の醍醐味でもあるのです。そうすることで、この並び順に大きな意味が見えきます。これがナンバーワンばかりを集めた曲集でも、トップに立った順番ではなく、バラバラに並べられていると(たとえばアーティスト順とか)、その楽しみが半減してしまいます。

この曲の次に1位になったのがこの曲で、それを抜いたのがこの曲、というようにリレーで聴くからこそ意味があるのです。

 たとえば1973年にはポール・マッカートニーの「マイ・ラヴ」の後を次いだのは、同じファブ・フォーのジョージ・ハリスンが放った「ギヴ・ミー・ラヴ」だったり。1986年のジェネシスの「インビジブル・タッチ」を抜いたのが、ジェネシスを脱退したピーター・ガブリエルの「スレッジ・ハンマー」だったり。これって意図的に組まれた順番ではなく、時代が創り上げたドラマです。たまたまそういうヒットが重なっただけなのに、あまりにも皮肉な順番ではないでしょうか。

  他にもまだチャート上のドラマは隠されて入るんでしょうけど、コレからも何度も何度も繰り返しながらおもしろい発見をするのだろうなぁと、ワクワクしながら現在、過去、そして未来のビルボードを楽しみにしているのです。

 このページでは2005年の全米ナンバーワンソングを紹介します。

  2018年から、ストリーミングデータ(音楽配信)の集計方法を変更しました。また、これまではチャートの日付の1週間前の火曜日(つまり11日前)に発表されていましたが、データ集計から発表までの期間が短くなり、日付の4日前に発表され、よりリアルタイムに近い発表になりました。 たとえば最新チャートは2021年10月9日です。発表は10月5日(最新の1位はコチラ)。

Billboard.com|2021/10/05更新|

 20年ぶり(←このように書いてから10年以上経っていますねぇ、しみじみ)にリアルタイムでチャートを追いかけられるようになりました。それにしても音楽性が大きく変わったことに驚いています。最初はとまどいもありましたが「ナンバーワンソングだから」という偏った思考でありながら、聴き続けていると耳に馴染むようになってきました。さすがはビルボード・ナンバー・ワン・ソング!
 何年もの間、図書館も含めたレンタルCDなどで曲の収集をしていましたが、今やネット時代の昨今。日本国内のサイトでは実現はまだまだ先の事でしょうが、海外のサイトではチャートのナンバーワンを始めとする、ほとんどの曲がネット上からダウンロードして聴く事が出来るようになりました。私もその恩恵を受けた一人です。本当ならちゃんとした音質で手元に置いておきたいところですが、まぁ、iPodで聴く分にはmp3で充分かなということで(笑)

Peak ナンバーワンの期間 ♪ひとつが1週間、5週目毎にです
Song 曲目 / アーティスト
Writter 作詞・作曲 etc.
Action Top10圏内の動き(Top10圏内初登場の日付)
Weeks Hot100内の総週(初登場と最終位のランクと日付)
Top100 年間チャートの順位


Peak 2005/01/01 - 02/26 ♪♪♪♪♪♪♪♪
Song Let Me Love You/ Mario
Writter Scott Storch, Shaffer Crimere Smith
Action 9(2004/11/27)、5、3、3、2、1、1、1、1、1、1、1、1、1、
                     3、3、3、6、7、7、8(2005/04/16)
Weeks 36(No.97 ; 2004/10/23 - No.46 ; 2005/06/25)
Top100 No.3 2005

Taken from Album TURNING POINT



 Shaffer Crimere Smithは、Ne-Yoというアーティスト名でこのあと活動を始めますが、ここではマリオへの楽曲提供です。リズム&ブルースらしいバラードを決めてくれ、新年から2ヶ月に渡りトップを独走しました。
  裏方の話題として共作者に名を連ねているScott Storchは、この次のナンバーワンソングの作者でもあるため、2/26付では1、2位独占という記録となりました。

Mario.comNe-Yo.com

☆TURNIG POINT(13位
♪Let Me Love You(1位)

★スコット・ストーチ・ナンバーワン・リスト(2003 - 2005)
♭Baby Boy/ Beyonce featuring Sean Paul(2003)
♭Let Me Love You/ Mario(2005)







Peak 2005/03/05 - 04/30 ♪♪♪♪♪♪♪♪
Song Candy Shop / 50 Cent featuring Olivia
Writter 50 Cent, Scott Storch
Action 8(2005/02/19)、2、1、1、1、1、1、1、1、1、1、3、6、10(2005/05/21)
Weeks 23(No.53 ; 2005/02/05 - No.49 ; 2005/07/09)
Top100 No.8 2005

Taken from Album THE MASSACRE



 9週に渡り1位の座を保守し続けた楽曲ですが、実はこのロング・ヒット以外にもチャートを賑わせていました。しかも4/2付けのチャートでは4曲がランクインするという偉業を打ち立てています。
 
 また、ソングライターのScott Storchは2月26日付けのチャートで1、2位独占という記録を作り、翌週自らの曲で1位を蹴落とすという記録を作りました。1月から4ヶ月間、彼の曲がトップに居座ったということになります。

03/05(ソングライターのScott Storchが自作の蹴落としで1位に)
No1 ; Candy Shop / 50 Cent featuring Olivia
No4 ; How We Do / The Game featuring 50 Cent
No6 ; Disco Inferno / 50 Cent

04/02(50 Centが4曲チャートイン!)
No1 ; Candy Shop / 50 Cent featuring Olivia
No5 ; Disco Inferno / 50 Cent
No6 ; Hate It Or Love It / The Game featuring 50 Cent
No8 ; How We Do / The Game featuring 50 Cent

04/16 - 04/23(50 Centが1、2位独占
No1 ; Candy Shop / 50 Cent featuring Olivia
No2 ; Hate It Or Love It / The Game featuring 50 Cent
No7 ; Disco Inferno / 50 Cent

04/30(50 Centが1、2位独占
No1 ; Candy Shop / 50 Cent featuring Olivia
No2 ; Hate It Or Love It / The Game featuring 50 Cent
No9 ; Disco Inferno / 50 Cent

50 Cent.com

☆THE MASSACCRE (1位、2005/03/19-04/23♪♪♪♪♪)
♪Disco Inferno(3位)
♪Candy Shop / 50 Cent featuring Olivia (1位)
♪Just a Lil Bit (3位)
♪Outta Control / 50 Cent featuring Mobb Deep) (6位)

★50セント・ナンバーワン・リスト(2003 - 2005)
♪In da Club(2003)
♪21 Questions / 50 Cent featuring Nate Dogg(2003)
♪Candy Shop / 50 Cent featuring Olivia(2005)

★スコット・ストーチ・ナンバーワン・リスト(2003 - 2005)
♭Baby Boy/ Beyonce featuring Sean Paul(2003)
♭Let Me Love You/ Mario(2005)
♭Candy Shop / 50 Cent featuring Olivia(2005)







Peak 2005/05/07 - 05/28 ♪♪♪♪
Song Hollaback Girl/ Gwen Stefani
Writter Gwen Stefani, Chad Hugo, Pharrell Williams
Action 10(2005/04/30)、3、1、1、1、1、
       2、2、2、2、3、4、2、2、3、6、6、9(2005/08/20)
Weeks 31(No.82 ; 2005/04/02 - No.45 ; 2005/10/29)
Top100 No.2 2005

Taken from Album THE EMANCIPATION OF MIMI



 ダンサブルでリズミカルなナンバー。この頃はヒットチャートとは無縁の生活を送っていたので(笑)、このジャケットを見掛けたときは「ああ、マドンナね」などと勘違いしていました。

Gwen Stefani.comPharrell Williams.com

☆LOVE, ANGEL, MUSIC, BABY(5位
♪What You Waiting For?(47位)
♪Rich Girl / Gwen Stefani featuring Eve(7位)
♪Hollaback Girl(1位)
♪Cool(13位)
♪Luxurious / Gwen Stefani featuring Slim Thug(21位)
♪Crash(49位)


★ファレル・ウィリアムス・ナンバーワン・ソング(2002 - 2005)
♭Hot In Herre/ Nelly(2002)
♪Drop It Like It's Hot/ Snoop Dogg feautring Pharrell (2004)
♭Hollaback Girl/ Gwen Stefani (2005)





Peak 2005/06/04 - 06/25、07/09 - 09/10
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪ Year End No.1 of 2005
Song We Belong Together/ Mariah Carey
Writter Mariah Carey, Terius 'The-Dream' Nash, Crystal 'CrStyle'Johnson
Action 7(2005/05/14)、3、2、1、1、1、1、
       2、1、1、1、1、1、1、1、1、1、1、4、3、5、6、9(2005/10/15)
Weeks 42(No.81 ; 2005/04/16 - No.44 ; 2006/01/28)
Top100 No.1 2005

Taken from Album THE EMANCIPATION OF MIMI



 通算18曲目のナンバーを獲得し、長いチャート誌上1位、2位は不動のアーティストが並んでいましたが、とうとうエルヴィスとビートルズの間に90年代の歌姫と言われるマライア・キャリーが入ってきました。歴代1位のビートルズ(20曲)にじわりじわりと歩み寄っていきます。現役(ただし一頃の勢いは無くなったと言われていますが)なので、ひょっとすると20曲目の1位を獲得するのは、そう遠くないかも知れません。

 この曲は、そんなマライアの復活作となる作品で、7月2日に若いアメリカン・アイドルに首位を1週だけ明け渡しましたが、その後も2ヶ月間首位に返り咲きました。しかも復活の狼煙とも言える初の1、2位独占という快挙も達成。


Mariah Carey.com

☆THE EMANCIPATION OF MIMI (1位、2005/04/30、06/18♪♪)
♪It's Like That(16位)
♪We Belong Together (1位)
♪Shake It Off (2位)
♪Don't Forget About Us (1位)
2005年度第48回グラミー賞
♪Best Contemporary R&B Album
♪Best Female R&B Vocal Performance; We Belong Together
♪Best R&B Song; We Belong Together


★マライア・キャリー・ナンバーワン・ソング(1990-2005)
♪Vision Of Love (1990)
♪Love Takes Time (1990)
♪Someday (1991)
♪I Don't Wanna Cry (1991)
♪Emotions (1991)
♪I'll Be There (1992)
♪Dreamlover (1993)
♪Hero (1993/1994)
♪Fantasy (1995)
♪One Sweet Day / Mariah Carey & Boyz II Men(1995/1996)
♪Always Be My Baby (1996)
♪Honey (1997)
♪My All (1998)
♪Heartbreake / Mariah Carey featuring Jay-Z (1999)
♪Thank God I Found You / Mariah Carey featuring Joe & 98 Degrees (2000)
♪We Belong Together (2005)
♪Don't Forget About Us (2005/2006)




Peak 2005/07/02
Song Inside Your Heaven/ Carrie Underwood
Writter Andreas Carlsson, Pelle Nylen, Savan Kotecha
Action 1(2005/07/02)、3、4、10(2005/07/23)
Weeks 12(No.1 ; 2005/07/02 - No.98 ; 2005/09/17)
Top100 No.71 2005

Taken from Album SOME HEARTS

 アメリカンアイドル出身のアーティストが揃ってチャートインするのは、人気の高さを知る上で、あってしかるべき現象とは思いますが(7/9-7/16付けでは3組のアメリカン・アイドルがそろい踏みしました)、なんとこの「Inside Your Heaven」に関しては例外中の例外といえるのではないでしょうか?チャート史上初となる同曲異演によるTop10同時ランクインという珍記録を生み出してしまいました。(1、2独占だったら、もっと面白かったのに!)

 女性ヴォーカルが好きか?男性ヴォーカルが好きか?によって評価は分かれるかもしれません。なかなか面白いチャートアクションでした。キャリー・アンダーウッドのシングルが先行リリースされ、直後に初登場1位となり、翌週ボ・ヴァイスの曲がリリース直後に初登場2位となりました。

Carrie Underwood.com

☆SOME HEARTS(2位
♪Inside Your Heaven (1位)
♪Jesus, Take the Wheel(20位)
♪Don't Forget to Remember Me(49位)
♪Before He Cheats(8位)
♪Wasted(37位)
2006年度第49回グラミー賞
♪Best New Artist
♪Best Female Country Vocal Performance; Jesus, Take the Wheel
♪Best Country Song; Jesus, Take the Wheel







Peak 2005/09/17 - 11/19♪♪♪♪♪♪♪♪
Song Gold Digger/ Kanye West featuring Jamie Foxx
Writter Kanye West, Ray Charles, Renald Richard
Action 1(2005/09/17)、1、1、1、1、1、1、1、1、1、
          2、2、2、3、6、7、8、4、7(2006/01/21)
Weeks 39(No.92 ; 2005/07/30 - No.50 ; 2006/04/22)
Top100 No.6 2005

Taken from Album LATE REGISTRATION

 19位からのジャンプアップで、通算14週間首位を守り続けたマライアを追い抜きました。レイ・チャールズばりのヴォーカルを披露しているのは、映画『レイ』でレイを演じたジェミー・フォックス。最初はレイ本人が歌っているもんだとばかり思っていました。

Kanye West.com

☆LATE REGISTRATION (1位、2005/09/17 - 09/24♪♪)
♪Diamonds From Sierra Leone(43位)
♪Gold Digger / Kanye West featuring Jamie Foxx(1位)
♪Heard 'Em Say / Kanye West featuring Adam Levine(26位)
♪Touch The Sky / Kanye West featuring Lupe Fiasco(42位)
2005年度第48回グラミー賞
♪Best Rap Album
♪Best Rap Solo Performance; Gold Digger
♪Best Rap Song; Diamonds From Sierra Leone

★カニエ・ウエスト・ナンバーワン・リスト(2003-2004)
♭Stand Up/ Ludacris featuring Shawnna (2003)
♪Slow Jamz/ Twista featuring Kanye West & Jamie Foxx (2004)
♪Gold Digger / Kanye West featuring Jamie Foxx(2005)

Jamie Foxx.com

★ジェミー・フォックス・ナンバーワン・リスト(1960-1999)
♪Slow Jamz / Twista featuring Kanye West & Jamie Foxx (2004)
♪Gold Digger / Kanye West featuring Jamie Foxx(2005)

Ray Charles.com

★レイ・チャールズ・ナンバーワン・リスト(1960-2005)
♪Georgia On My Mind (1960)
♪Hit The Road Jack (1961)
♪I Can't Stop Lovin You (1962)
♭Gold Digger / Kanye West featuring Jamie Foxx(2005)







Peak 2005/11/26 - 12/24♪♪♪♪
Song Run It/ Chris Brown featuring Juelz Santana
Writter Scott Storch, Sean Garrett, LaRon James
Action 8(2005/10/22)、2、2、2、2、1、1、1、1、1、
               2、2、2、2、3、3、7(2006/02/11)
Weeks 42(No.92 ; 2005/08/27 - No.48 ; 2006/05/20)
Top100 No.42 2005

Taken from Album CHRIS BROWN



 ソングライターScott Storchは、この曲で今年度3曲目の全米ナンバーワンを獲得しました。また、2位を通算8週間とどまり根強い人気を伺わせます。

Chris Brown.com

☆CHRIS BROWN (2位
♪Run It! / Chris Brown featuring Juelz Santana(1位)
♪Yo (Excuse Me Miss(7位)
♪Gimme That / Chris Brown featuring Lil' Wayne(15位)
♪Say Goodbye(10位)
♪Poppin'(42位)

★スコット・ストーチ・ナンバーワン・リスト(2003 - 2005)
♭Baby Boy/ Beyonce featuring Sean Paul(2003)
♭Let Me Love You/ Mario(2005)
♭Candy Shop / 50 Cent featuring Olivia(2005)
♭Run It! / Chris Brown featuring Juelz Santana (2005)







Peak 2005/12/31 - 2006/01/07 ♪♪
Song Don't Forget About Us/ Mariah Carey
Writter Mariah Carey, Jermaine Dupri, Johnta Austin, Bryan-Michael Cox
Action 7(2005/12/14)、2、1、1、7、4、4、7(2006/02/04)
Weeks 21(No.81 ; 2005/10/22 - No.47 ; 2006/04/08)
Top100 No.50 2006

Taken from Album THE EMANCIPATION OF MIMI



 通算18曲目のナンバーを獲得し、長いチャート誌上1位、2位は不動のアーティストが並んでいましたが、とうとうエルヴィスとビートルズの間に90年代の歌姫と言われるマライア・キャリーが入ってきました。歴代1位のビートルズ(20曲)にじわりじわりと歩み寄っていきます。現役(ただし一頃の勢いは無くなったと言われていますが)なので、ひょっとすると20曲目の1位を獲得するのは、そう遠くないかも知れません。

 この曲は、そんなマライアの復活作となる作品で、7月2日に若いアメリカン・アイドルに首位を1週だけ明け渡しましたが、その後も2ヶ月間首位に返り咲きました。しかも復活の狼煙とも言える初の1、2位独占という快挙も達成。


Mariah Carey.com

☆THE EMANCIPATION OF MIMI (1位、2005/04/30、06/18♪♪)
♪It's Like That(16位)
♪We Belong Together (1位)
♪Shake It Off (2位)
♪Don't Forget About Us (1位)
2005年度第48回グラミー賞
♪Best Contemporary R&B Album
♪Best Female R&B Vocal Performance; We Belong Together
♪Best R&B Song; We Belong Together


★マライア・キャリー・ナンバーワン・ソング(1990-2005)
♪Vision Of Love (1990)
♪Love Takes Time (1990)
♪Someday (1991)
♪I Don't Wanna Cry (1991)
♪Emotions (1991)
♪I'll Be There (1992)
♪Dreamlover (1993)
♪Hero (1993/1994)
♪Fantasy (1995)
♪One Sweet Day / Mariah Carey & Boyz II Men(1995/1996)
♪Always Be My Baby (1996)
♪Honey (1997)
♪My All (1998)
♪Heartbreake / Mariah Carey featuring Jay-Z (1999)
♪Thank God I Found You / Mariah Carey featuring Joe & 98 Degrees (2000)
♪We Belong Together (2005)
♪Don't Forget About Us (2005/2006)



2005年度第48回グラミー主要四部門受賞アーティストおよび作品
♪Record Of The Year ; Boulevard Of Broken Dreams/Green Day
♪Album Of The Year ; How To Dismantle An Atomic Bomb/U2
♪Song Of The Year ; Sometimes You Can't Make It On Your Own/U2
♪Best New Artist ; John Legend
 


 ビルボードでナンバーワンソングになったかならなかったかは、「金メダルと銀メダル」の違いほどの差があるようです。たかがチャート上の話ですが、聴き手も「1位」と「2位」を意識させられてしまいます(私か? メディアに踊らされてるなぁ)。さて、コチラ(2005)ページでは全米ナンバーワンになれなかった曲を紹介します。

もどる|2005年レビュー|アルバムチャート



home(一番星のなる木)