iPodに入れて楽しんでいたビルボードNo.1ソングでしたが、2008年にiPhoneを購入し、今までのiPodよりも容量が大きいので新しく入れ直しました。せっかくだからと自分用のリストを作ろうと思い立ったのがこのページです(でも初代iPhoneだから容量が小さくて、もう1000曲を超えるナンバーワンソングに、1位になれなかった2位の曲まで入っているから、もうパンパン状態です。現在はiPod Classicに入れて流していますが、ジャケット表示が小さくて、なんだか物足りなさも感じてます…)。

 私がチャートをリアルタイムで聞いていたのは昭和時代の1983年暮れ。イエスの“ロンリー・ハート”が上位にねらいを付けている頃でした。
  その頃聴いていたのは湯川れい子さんがDJを務めるラジオ日本(AM1422kHz)「アメリカントップ40」でしたが、まだその番組を知らず、FM東京(FM80.0MHz)でオンエアされていたキャッシュボックス誌のチャートでした。DJは声優の野沢那智さんでした。湯川さんの番組はFEN(AM810kHz)でもオン・エアしてましたね。

 そして本格的にチャートを聴くようになったのは“ロンリー・ハート”がナンバーワンにになった頃。その後、私が洋楽にのめり込むきっかけを作った出来事が英国で始まりました。ボブ・ゲルドフが提唱した「バンド・エイド」このイベントのおかげで、芋蔓式に(そして今もそのスタイルであれやこれやと手を出してしまう癖が付いてしまった)アーティストからアーティストへと繋がっていったのです。

 ブルース・スプリングスティーンがかつて語ったように「3分間のレコードから世の中を知った」ということを身をもって感じました。これからも私はロックと共に転がり続けてゆくのだと思います。

 たかがポップス、たかがヒットチャートですが、その時その時代に流行っていた曲を耳にするだけで、時代が見えてくる。そして個人的にも当時の自分も見えてきます。
  こう書くと「そんなオーバーな!」と笑われるかもしれませんが、特定のアーティストのアルバムを丸々聴いているときと違って、前後のヒット曲との絡みまでもが聞こえ、ヒットチャートのドラマが生まれてくるのです。

  これが、曲同士、アーティスト同士が何の脈絡もない曲の並んだ「ビルボード・ナンバー・ワン・ソング・リレー」の醍醐味でもあるのです。そうすることで、この並び順に大きな意味が見えきます。これがナンバーワンばかりを集めた曲集でも、トップに立った順番ではなく、バラバラに並べられていると(たとえばアーティスト順とか)、その楽しみが半減してしまいます。

この曲の次に1位になったのがこの曲で、それを抜いたのがこの曲、というようにリレーで聴くからこそ意味があるのです。

 たとえば1973年にはポール・マッカートニーの「マイ・ラヴ」の後を次いだのは、同じファブ・フォーのジョージ・ハリスンが放った「ギヴ・ミー・ラヴ」だったり。1986年のジェネシスの「インビジブル・タッチ」を抜いたのが、ジェネシスを脱退したピーター・ガブリエルの「スレッジ・ハンマー」だったり。これって意図的に組まれた順番ではなく、時代が創り上げたドラマです。たまたまそういうヒットが重なっただけなのに、あまりにも皮肉な順番ではないでしょうか。

  他にもまだチャート上のドラマは隠されて入るんでしょうけど、コレからも何度も何度も繰り返しながらおもしろい発見をするのだろうなぁと、ワクワクしながら現在、過去、そして未来のビルボードを楽しみにしているのです。

 このページでは2004年の全米ナンバーワンソングを紹介します。

  2018年から、ストリーミングデータ(音楽配信)の集計方法を変更しました。また、これまではチャートの日付の1週間前の火曜日(つまり11日前)に発表されていましたが、データ集計から発表までの期間が短くなり、日付の4日前に発表され、よりリアルタイムに近い発表になりました。 たとえば最新チャートは2021年7月17日です。発表は7月13日(最新の1位はコチラ)。

Billboard.com|2021/07/15更新|

 20年ぶり(←このように書いてから10年以上経っていますねぇ、しみじみ)にリアルタイムでチャートを追いかけられるようになりました。それにしても音楽性が大きく変わったことに驚いています。最初はとまどいもありましたが「ナンバーワンソングだから」という偏った思考でありながら、聴き続けていると耳に馴染むようになってきました。さすがはビルボード・ナンバー・ワン・ソング!
 何年もの間、図書館も含めたレンタルCDなどで曲の収集をしていましたが、今やネット時代の昨今。日本国内のサイトでは実現はまだまだ先の事でしょうが、海外のサイトではチャートのナンバーワンを始めとする、ほとんどの曲がネット上からダウンロードして聴く事が出来るようになりました。私もその恩恵を受けた一人です。本当ならちゃんとした音質で手元に置いておきたいところですが、まぁ、iPodで聴く分にはmp3で充分かなということで(笑)

 

Peak ナンバーワンの期間 ♪ひとつが1週間、5週目毎にです
Song 曲目 / アーティスト
Writter 作詞・作曲 etc.
Action Top10圏内の動き(Top10圏内初登場の日付)
Weeks Hot100内の総週(初登場と最終位のランクと日付)
Top100 年間チャートの順位

Peak 2003/12/13 - 2004/02/07 ♪♪♪♪♪♪♪♪
Song Hey Ya!/ OutKast
Writter Andre Lauren Benjamin
Action 5(2003/11/22)、3、2、1、1、1、1、1、1、1、1、1、1、
                      3、5、5、6、10(2004/03/13)
Weeks 32(No.57 ; 2003/10/18 - No.45 ; 2004/05/22)
Top100 No.8 2004


こういうノリの歌は大好き。

One two three uh!
My baby don't mess around
Because she loves me so
And this I know for shooo..

  先行シングルを追い越してTop10入しましたが、2002年のネリー以来4組目の快挙1、2位を9週に渡り独占しました。♪Ms.Jackson(1位)

OutKast.com

☆SPEAKERBOXXX/THE LOVE BELOW(1位、2003/10/11 - 10/18、
          11/152004/01/10 - 01/17、01/31 - 02/07♪♪♪♪♪♪)
♪Hey Ya!(1位)
♪The Way You Move / OutKast with Sleepy Brown(1位)
♪Roses (9位)
2003年度第46回グラミー賞
♪Album Of The Year


★アウトキャスト・ナンバーワン・リスト(2001-2004)
♪Ms.Jackson(2001)
♪Hey Ya!(2003/2004)








Peak 2004/02/14
Song The Way You Move / OutKast with Sleepy Brown
Writter Big Boi, Carl-Mo, Sleepy Brown
Action 10(2003/11/08)、8、5、4、3、2、2、2、2、2、2、2、2、2、1、
                         3、3、3、4、7、8(2004/03/27)
Weeks 39(No.83 ; 2003/09/27 - No.45 ; 2004/06/19)
Top100 No.5 2004


 前出の「Hey Ya !」とは全く異なるタイプの曲で、8週連続で2位にとどまり、「Hey Ya !」の陰りで遅まきながら(シングルカットの順番はこちらが先行)ナンバーワンに。トップに辿りついたからいいようなものの、さもなければ不運の2位という肩書きがついてしまったかもしれません。一緒にパフォーマンスしているのは、プロデューサーのスリーピー・ブラウン。本作で2曲目のナンバーワンソングとなりました(Waterfall/ TLC)。

OutKast.comOrganized Noize.com

☆SPEAKERBOXXX/THE LOVE BELOW(1位、2003/10/11 - 10/18、
          11/152004/01/10 - 01/17、01/31 - 02/07♪♪♪♪♪♪)
♪Hey Ya!(1位)
♪The Way You Move / OutKast with Sleepy Brown(1位)
♪Roses (9位)
2003年度第46回グラミー賞
♪Album Of The Year

★アウトキャスト・ナンバーワン・リスト(2001-2004)
♪Ms.Jackson(2001)
♪Hey Ya!(2003/2004)
♪The Way You Move / OutKast with Sleepy Brown(2004)

★スリーピー・ブラウン・ナンバーワン・リスト(1995-2004)
♪Waterfall/ TLC(1995)
♪The Way You Move / OutKast with Sleepy Brown(2004)







Peak 2004/02/21
Song Slow Jamz/ Twista featuring Kanye West & Jamie Foxx
Writter C.C.Mitchell, Kanye West, Burt Bacharach, Hal David
Action 9(2003/01/03)、9、8、5、4、3、2、1、2、2、3、3、5(2004/03/27)
Weeks 22(No.62 ; 2003/12/06 - No.45 ; 2004/05/01)
Top100 No.16 2004

Taken from Album KAMIKAZE

 まるで機械で早廻しにしたかのような早口ラップ。それはそれでスゲーと思ったりして。ゲスト陣が豪華。最近やっと分かってきました(笑) どこでどう巡り会ったのか、意外にもスティングと共演しています。また、この曲では、作曲者にバート・バカラックのクレジットがあり、実に18年振りに、このポジションへ帰還を果たしました(サンプリングですけど…)。

Twista.comKanye West.comJamie Foxx.com

☆KAMIKAZE(1位、2004/02/14♪)
♪Slow Jamz / Twista featuring Kanye West & Jamie Foxx(1位)
♪Overnight Celebrity(6位)
♪So Sexy / Twista featuring R. Kelly(25位)
♪So Sexy: Chapter II (Like This) / Twista featuring R. Kelly(92位)

★バート・バカラック・ナンバーワン・リスト(1968-1986)
♭This Guy’s in Love With You / Herb Alpert (1968)
♭Raindrops Keep Fallin' On My Head / B.J.Thomas (1970)
♭(They Long To Be You)Close To You / The Carpenters (1970)
♭Arthur's Theme(Best That You Can Do) (1981)
♭That's What Friends Are For / Dione & Friends (1986)
♭On My Own / Patti LaBelle & Michael McDonald (1986)
♭Slow Jamz / Twista featuring Kanye West & Jamie Foxx (2004)


★カニエ・ウエスト・ナンバーワン・リスト(2003-2004)
♭Stand Up/ Ludacris featuring Shawnna (2003)
♪Slow Jamz / Twista featuring Kanye West & Jamie Foxx (2004)







Peak 2004/02/28 - 05/15 ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪ Year End No.1 of 2004
Song Yeah!/ Usher featuring Lil Jon & Ludacris
Writter Lil Jon, Sean Garrett, Patrick J. Que Smith, Ludacris, Robert McDowell,
James Phillips, LaMarquis Jefferson
Action 7(2004/01/31)、6、4、2、1、1、1、1、1、1、1、1、1、1、1、1、
                     3、3、4、4、6、10、8、7(2004/07/10)
Weeks 45(No.53 ; 2004/01/10 - No.49 ; 2004/11/13)
Top100 No.1 2004

Taken from Album CONFESSIONS


 オープニングのリフが印象的で、アッシャー以下、3人がヴォーカルを分け合って、そのスタイル(個性)を見Hot100のランクイン(45 週間)のうち、実に半分以上がTop10(24週間)に居座り続けました(その半分が1位ですから、当然年間チャートを制しますね)。

Usher.com

☆CONFESSIONS(1位、2004/04/10 - 05/08、05/22 - 06/05、06/19 ♪♪♪♪♪♪♪♪)
♪Yeah! / Usher featuring Lil Jon & Ludacris(1位)
♪Burn
♪Confessions Part II
♪Caught Up / Usher

★アッシャー・ナンバーワン・リスト(1998-2004)
♪Nice and Slow(1998)
♪U Remind Me(2001)
♪U Got It Bad(2001/2002)
♪Yeah! / Usher featuring Lil Jon & Ludacris(2004)

 






Peak 2004/05/22 - 07/03、07/17 ♪♪♪♪♪♪♪
Song Burn/ Usher
Writter Usher Raymond, Jermaine Dupri, Bryan-Michael Cox
Action 10(2004/04/10)、5、4、3、3、3、1、1、1、1、1、1、1、2、1、
                              3、3、8(2004/08/07)
Weeks 30(No.65 ; 2004/03/13 - No.47 ; 2004/10/02)
Top100 No.2 2004

Taken from Album CONFESSIONS


 前曲を引き継ぐ形で再びアッシャー。今度はソロ名義。「Nice & Slow」以来のR&Bという感じの曲。この曲は色々な記録を生み出しました。

自らの曲が1位を蹴落とす(2004/05/22)
1、2位独占(2004/06/26>)
1、2位独占(2004/07/03)
・3曲同時ランクイン(2004/06/05~2004/07/10)
♪Burn / Usher
♪Yeah! / Usher featuring Lil Jon & Ludacris
♪Confessions Part II / Usher featuring Lil Jon & Ludacris
・2004年年間チャート1、2位独占
1位:Yeah! / Usher featuring Lil Jon & Ludacris
2位:Burn / Usher

Usher.com

☆CONFESSIONS(1位、2004/04/10 - 05/08、05/22 - 06/05、06/19 ♪♪♪♪♪♪♪♪)
♪Yeah! / Usher featuring Lil Jon & Ludacris(1位)
♪Burn
♪Confessions Part II
♪Caught Up / Usher

★アッシャー・ナンバーワン・リスト(1998-2004)
♪Nice and Slow(1998)
♪U Remind Me(2001)
♪U Got It Bad(2001/2002)
♪Yeah! / Usher featuring Lil Jon & Ludacris(2004)
♪Burn/ Usher(2004)

 






Peak 2004/07/10
Song I Believe/ Fantasia
Writter Louis Biancaniello, Tamyra Gray, Sam Watters
Action 1(2004/07/10)、6(2004/07/17)
Weeks 10(No.1 ; 2004/07/10 - No.98 ; 2004/09/11)
Top100 ランクインせず

Taken from Album FREE YOURSELF


アメリカンアイドル出身の実力派。アッシャー政権を見事に打ち砕く、初登場1位です。とはいえ、時の勢いというのでしょうか、Top10圏内わずかに2週、Hot100は10週間という、1960年代を髣髴とさせるアクションという、短命に終わってしまいました。

Fantasia.com

☆FREE YOURSELF(8位
♪I Believe(1位)

 






Peak 2004/07/24 - 07/31 ♪♪
Song Confessions Part II/ Usher
Writter Usher Raymond, Jermaine Dupri, Bryan-Michael Cox
Action 9(2004/06/05)、8、5、2、2、3、2、1、1、2、3、7、8(2004/08/28)
Weeks 25(No.48 ; 2004/05/01 - No.48 ; 2004/10/16)
Top100 No.12 2004

Taken from Album CONFESSIONS


 この曲がTop10にランクインしたことで、先行ヒットしている曲と併せて3曲がTop10に顔を揃えています。アッシャーの人気ぶりが伺えます。さらにこの曲は自らの1位を蹴落とすという偉業も達成しています。アッシャーにとって3曲目となる記録です。

・3曲同時ランクイン(2004/06/05~2004/07/10)
♪Burn / Usher
♪Yeah! / Usher featuring Lil Jon & Ludacris
♪Confessions Part II / Usher featuring Lil Jon & Ludacris


Usher.com

☆CONFESSIONS(1位、2004/04/10 - 05/08、05/22 - 06/05、06/19 ♪♪♪♪♪♪♪♪)
♪Yeah! / Usher featuring Lil Jon & Ludacris(1位)
♪Burn
♪Confessions Part II
♪Caught Up / Usher

★アッシャー・ナンバーワン・リスト(1998-2004)
♪Nice & Slow(1998)
♪U Remind Me(2001)
♪U Got It Bad(2001/2002)
♪Yeah! / Usher featuring Lil Jon and Ludacris(2004)
♪Burn(2004)
♪Confessions Part II(2004)

 






Peak 2004/08/07 - 08/14 ♪♪
Song Slow Motion/ Juvenile featuring Soulja Slim
Writter Terius Gray, James Tapp Jr.
Action 5(2004/07/03)、6、3、2、2、1、1、2、4、6、7、7(2004/09/18)
Weeks 28(No.70 ; 2004/05/01 - No.44 ; 2004/11/06)
Top100 No.13 2004

Taken from Album JUVE THE GREAT


抑揚がないというか、これぞラップといった曲。タイトルに反して、やはりラップは早口。



☆JUVE THE GREAT(28位
♪Slow Motion/ Juvenile featuring Soulja Slim(1位)
♪In My Life(46位)

 






Peak 2004/08/21 - 08/28 ♪♪
Song Lean Back/ Terror Squad
Writter J.Cartagena, R.Smith, S.Storch
Action 7(2004/07/24)、4、3、2、1、1、1、
             2、2、2、2、3、3、3、4、7、9(2004/11/13)
Weeks 31(No.52 ; 2004/06/26 - No.48 ; 2005/01/22)
Top100 No.10 2004

Taken from Album TRUE STORY


 かなり低音のサウンドにラップが重なって覚醒効果が抜群。このシングルではソロ名義になっていますが、実際にはFat Joe、Remy Maらがフューチャーされています。



☆TRUE STORY(7位
♪Lean Back(1位)

 






Peak 2004/09/11 - 10/23 ♪♪♪♪♪♪
Song Goodies/ Ciara featuring Petey Pablo
Writter Ciara Harris, Sean Garrett, LaMarquis Jefferson, Craig Love
Action 10(2004/08/14)、6、3、3、1、1、1、1、1、1、1、
                   2、2、3、5、6、10(2004/12/04)
Weeks 38(No.94 ; 2004/06/26 - No.50 ; 2005/03/12)
Top100 No.9 2004

Taken from Album GOODIES


デビューアルバムからのナンバーワンで、他に2曲も1位を逃した曲を放っています。

2004/12/04
No9 ; 1,2 Step / Ciara featuring Missy Elliott
No10 ; Goodies / Ciara featuring Petey Pablo



☆GOODIES(3位
♪Goodies / Ciara featuring Petey Pablo(1位)
♪1,2 Step / Ciara featuring Missy Elliott(2位)
♪Oh / Ciara featuring Ludacris)(2位)
♪And I(96位)

 






Peak 2004/10/30 - 12/04 ♪♪♪♪
Song My Boo / Usher featuring Alicia Keys
Writter Usher Raymond
Action 7(2004/09/25)、5、2、2、2、1、1、1、1、1、1、
              2、2、4、6、6、6、6、9(2005/01/29)
Weeks 26(No.29 ; 2004/09/11 - No.41 ; 2005/03/05)
Top100 No.24 2004

Taken from Album CONFESSIONS


 元々は『CONFESSIONS』に収録されていなかった楽曲で、追加レコーディングされたもの。なので、通常版には収録されておらず、2ndエディション、つまりスペシャルエディション盤に収録されているシングル。勢いあるアーティストは、なんでもヒットしてしまうのでしょうか。それも曲が良ければの話で、ここには旬のアーティスト同士のデュエットが堪能できます。

Usher.comAlicia Keys.com

☆CONFESSIONS(1位、2004/04/10 - 05/08、05/22 - 06/05、06/19 ♪♪♪♪♪♪♪♪)
♪Yeah! / Usher featuring Lil Jon & Ludacris(1位)
♪Burn(1位)
♪Confessions Part II(1位)
♪My Boo / Usher featuring Alicia Keys(1位)
♪Caught Up / Usher(8位)

★アッシャー・ナンバーワン・リスト(1998-2004)
♪Nice and Slow(1998)
♪U Remind Me(2001)
♪U Got It Bad(2001/2002)
♪Yeah! / Usher featuring Lil Jon & Ludacris(2004)
♪Burn/ Usher(2004)
♪My Boo / Usher & Alicia Keys (2004)

★アリシア・キーズ・ナンバーワン・リスト(2001-2004)
♪Fallin' (2001)
♪My Boo / Usher & Alicia Keys (2004)







Peak 2004/12/11 - 12/25 ♪♪♪
Song Drop It Like It's Hot/ Snoop Dogg featuring Pharrell
Writter Chad Hugo, Calvin Broadus, Pharrell Williams
Action 7(2004/10/30)、4、2、2、2、2、1、1、1、
                 2、3、3、4、5、5、8、10(2005/02/19)
Weeks 48(No.51 ; 2004/10/02 - No.40 ; 2005/04/23)
Top100 No.71 2004



 まるで人間楽器を思わせるサウンド。これもラップ。なんとなく、思い出の80年代に登場する回数の多いマシュー・ワイルダーを思わせるメロディラインが出てきたりして。

Snoop Dogg.com

☆R & G -RHYTHM AND GANGSTA : THE MASTERPIECE(6位
♪Drop It Like It's Hot / Snoop Dogg featuring Pharrell(1位)
♪Let's Get Blown / Snoop Dogg featuring Pharrell(54位)
♪Signs / Snoop Dogg featuring Charlie Wilson and Justin Timberlake(46位)


Pharrell Williams.com

★ファレル・ナンバーワン・リスト(2002 - 2004)
♭Hot In Herre/ Nelly(2002)
♪Drop It Like It's Hot/ Snoop Dogg featuring Pharrell(2004)





2004年度第47回グラミー主要四部門受賞アーティストおよび作品
♪Record Of The Year ; Here We Go Again/Ray Charles & Norah Jones
♪Album Of The Year ; Genius Loves Company/Ray Charles
♪Song Of The Year ; Daughters/John Mayer
♪Best New Artist ; Maroon 5
 

 

 ビルボードでナンバーワンソングになったかならなかったかは、「金メダルと銀メダル」の違いほどの差があるようです。たかがチャート上の話ですが、聴き手も「1位」と「2位」を意識させられてしまいます(私か? メディアに踊らされてるなぁ)。さて、コチラ(2004)ページでは全米ナンバーワンになれなかった曲を紹介します。

もどる|2004年レビュー|アルバムチャート



home(一番星のなる木)