ウィンダム・ヒルの掲示板
Photo by Toshiharu Minagawa.


WH-1002
MARY'S GARDEN / Linda Waterfall
Produced by Jim Bredouw.

01. Country Bar(for Jimi Norton)
02. Mary's Garden
03. Song for Elizabeth
04. The Spell
05. Gary
01. Grandma's Crumbcake
07. Cherry Tomato
08. The Bird Song
09. Lullaby
10. All Alone Tonight

Windham Hill Records, 1976



 今回このコーナーで取り上げるのは、(もしかしたら日本で始めて取り上げる?)レーベル初期にリリースされつつも、直後に自身のレーベルを立ち上げて、そちらに移籍してしまったため、ウィンダム・ヒルのカタログからすぐに外れてしまったアルバムです。

 ウィンダム・ヒルといえば、風景画をジャケットにしたものが多く、「風景が音になる。音が風景になる」という印象が強いのですが、ファーストアルバムとなるウィルのアルバムも、このリンダのアルバムも共に本人のポートレイトというのも、今にして思えば面白い関係があるかもしれません。ウィルのアルバムは今もってレーベルの歴史の中でも取り上げられる一枚なので、目にする機会も多く、なんの違和感もありませんが、2枚並べて飾ってみると、「これがウィンダム・ヒル」とは、なかなか想像しづらいかもしれません。





♪ ♪ ♪

リンダ・ウォーターフォール。

 現在もフォークシンガーとして、地道にコンサートを続け、アルバムもコンスタンスにリリースしているアーティストです(2007年現在11作品)。ウィンダム・ヒルからは、このアルバム一枚のみ、そして以降、特にレーベルとは関わりを持っていません。ウィリアム・アッカーマンとはスタンフォード大学からの旧友で、彼がリンダを引っ張ってきました。彼女にとってはセカンド・アルバムとなります。

 手元にあるアルバムには、これといったインフォメーションもなく、ウィルとは大学時代からの友人といったぐらいの情報しかありませんが、「いい音楽を作る」ことがレーベルのポリシーだった頃の作品です。へんな表現をしますが、駄作でもなければ傑作でもない、部屋の中にある空気のように、自然に歌が歌われ、ギターが奏でられるのを聴くことができます。そうです、ウィンダム・ヒルは2作目にして、すでにフォークシンガーのアルバムを作っていたのです(ペダル・スティールなど多用しているのでカントリー寄り)。

 後にヘッジスやヒグビーたちはオープン・エアーというウィンダム・ヒル参加の別レーベルからヴォーカルアルバムをリリースしていますが、初期のレーベルにはジャンルや音楽性を無視して、「いい音楽」をウィンダム・ヒルから発信していたのでした。

 リンダのソロ名義になってはいますが、その雰囲気からは気の合う仲間と制作したような感じで(かといって、アッカーマンも参加しているわけではない)、1993年のパティ・ラーキンのような楽しさあふれるアルバムに仕上がっています。
 このアルバムはアナログしか存在しませんが、彼女の作品群の中でも、もっともプライベートな内容(ウェブページでも語ってます)で「いつの日かCDにしたい」と切願していますから、早く実現してもらいたいものです。

〜Discography〜
ENTROPY SERVICE (1974)
MARY'S GARDEN (Trout 1977)
MY HEART SINGS (Trout 1979)
BANANALAND (Trout 1981)
EVERYTHING LOOKS DIFFERENT (Trout 1983 with Scott Nygaard)
BODY ENGLISH (Flying Fish 1987, Trout 2005)
A LITTLE BIT AT A TIME (Flying Fish 1991)
FLYING TIME (Trout 1994)
IN THE PRESENCE OF THE LIGHT (Trout 1998)
THAT ART THOU: SONGS FROM THE VEDAS (Trout 2002)
PLACE OF REFUGE (Trout 2006)
SONGS FROM THE DAO DE JING (Trout 2007)

 久しぶりに彼女のホームページを訪問してみましたが、私が知っているリンダはアルバムジャケットのまま。ホームページには2007年のリンダが掲載されています。「おばーちゃん」になったリンダを見て、時の移り変わる時間の早さをしみじみ実感しました。アッカーマンを見てもまだ「おじーちゃん」とは思わないのに

 最後に、アルバムにクレジットされたウィルとリンダの間柄を示すメッセージを。

I would also like to thank William Ackerman of Windham Hill Records for his friendship and enthusiasm.