Photo by Toshiharu Minagawa.


 ウィンダム・ヒルの歴史はウィリアム・アッカーマンの歴史でもあります。特に彼がプロデュースした作品は、レーベル色が色濃く反映されているといってよいでしょう。というのも、やはり彼がウィンダム・ヒルそのものだからに他ありません。
  ここでは、ウィンダム・ヒル・レーベルを売却した後に立ち上げたImaginary Roadという新しいレーベルに併せて新設したウィルのスタジオ、イマジナリー・ロード・スタジオで製作されたウィルのプロデュース作品のうち、2014年にリリースされたアルバムをを紹介します。

なお、オムニバスなどのエグゼクティブ作品は割愛しています。ウィンダム・ヒルの作品集はコチラをご覧下さい。


 2012年の『MASAKO』に続く第二弾。今回もピアノ・アンサンブルに仕上がっていますレビュー)。
(2014/01/03)

 カントリー・シンガー、プロもビデオの埃をかぶった枯れたシボレーの味わいと、彼の乾いたギターがマッチしています。(トラック)
(2014/01/06)

 ピアノとギターのMatt Stuartと、Rebecca Stuartのフルートが織りなす響き。彼らにEugene Friesen、Jill Haley、Paul Kochanski、Matt Heaton、Noah Wilding、Tom Eatonらがアンサンブルを重ねていきます。ブラックモアズ・ナイトとは異なるトラッド音楽。ウィルはプロデュースに関わっていません。
(2014/01/10)

 スタジオから久々のアコースティック・ギターのアルバムの登場で、Vin Downesのデビューアルバム。初期のウィンダム・ヒルの空気を思い出してしまいます。
(2014/01/21)

 ウィルのスタジオで、かなり早い時期からソロ・アルバムをリリースしていいたデニスが久々に戻ってきました。それもまたずいぶん雰囲気が変わられて(笑)。曲目もオリジナルに加えてJohn Williams、 Michael Nymann, Chopin、Beethovenといった古今の作品を収めています。
(2014/02/17)

 前作『THE COLOR OF SUNSHINE』(2009)以来の作品集。Charlie Bisharat、Lila Sklar : Violins, EugeneFriesen : Cello, Sam Bevan : Double bass, Jill Haley : English Horn, Richard "Gus" Sebring : French Horn, Jim Rothermel : Penny Whistle
(2014/03/11)

 これで4作連続でウィルとのコラボを実現してくれたアン。もっとも自然の空気を感じさせてくれるピアノアルバムです。ジャケットの風景写真も、毎回のように「写真集」のような美しい画を見せてくれますレビュー
(2014/04/08/14)

  Imaginary Road Studio作品(Jillによるセルフ・プロデュース)。今回はファミリーによるパフォーマンスが繰り広げられています。Jill Haley : Oboe, Piano, Graham Cullen : Cello, Risa Cullen : Viola, Dana Cullen : horn and David Cullen : Guitar
(2014/05/03)

BY A WIRE / Jennifer DeFrayne -2014-
 Fiona Joy Hawkinsも共同プロデューサー、彼女のレーベルからリリースされたピアノ・アンサンブル。ウィルのギターは聞けないものの、リラックスできるピアノ・アンサンブルを堪能できる一枚(レビュー
(2014/05/13)

 主役であるColaiannia は「coal-ee-AH-nah」と発音するのだそうです(本人のHPより)。ルイスはモダン・ジャズをベースとした作曲、演奏をするアーティストで、あのリズ・ストーリーとの共演を行っています。
(2014/05/20)

EXPERIENCES / Ryan Michael Richards-2014-
 主役であるColaiannia は「coal-ee-AH-nah」と発音するのだそうです(本人のHPより)。ルイスはモダン・ジャズをベースとした作曲、演奏をするアーティストで、あのリズ・ストーリーとの共演を行っています。(レビュー
(2014/07/29)

 『Acoustic Guitar magazine』誌で、30歳以下のギタリストランクに入ってしまうほどの腕を持っているトレヴァー。今までにMichael Manringをはじめ、Pat Martino, Phil Keaggy, Don Ross, Andy McKee, The California Guitar Trio, Billy Cobhamらとレコーディング、ライヴをこなしているようです。
(2014/09/15)

COMING HOME / Peter Jennison-2014-
 現役アメリカ兵というピアニストの2ndアルバム。
(2014/10/01)

 Jill Haley : English Horn, Charlie Bisharat : Violin, Eugene Friesen : Cello, Jeff Haynes: Percussion, Noah Wilding : vocals, Tom Eaton:bass, Michael Manring : Fretless Bass
(2014/12/20)

Imaginary Road 2013|Imaginary Road 2014|Imaginary Road 2015
 
 
もどる
 
(2017/12/27)