Photo by Toshiharu Minagawa.


 ウィンダム・ヒルの歴史はウィリアム・アッカーマンの歴史でもあります。特に彼がプロデュースした作品は、レーベル色が色濃く反映されているといってよいでしょう。というのも、やはり彼がウィンダム・ヒルそのものだからに他ありません。
  ここでは、ウィンダム・ヒル・レーベルを売却した後に立ち上げたImaginary Roadという新しいレーベルに併せて新設したウィルのスタジオ、イマジナリー・ロード・スタジオで製作されたウィルのプロデュース作品のうち、2012年にリリースされたアルバムを紹介します。

なお、オムニバスなどのエグゼクティブ作品は割愛しています。ウィンダム・ヒルの作品集はコチラをご覧下さい。


 イマジナリーロードスタジオにてレコーディングされたピアノアルバム。シンプルなピアノのみでレコーディングされたアルバムです。

本人のサイトより購入しましたが、なんと2枚目が遅れて届きました。「あれっ、同じのがもう一枚届きましたよ」と返信したら「友人とか、宣伝に使ってください」とのことで、いろいろなプロモーションのパンフレットも併せて送ってくれました。素直に私は喜んでおります。

(2012/01/06)

 イマジナリーロードスタジオにてレコーディングされたギターアルバム。アッカーマンを始め、チェロのユージン・フリーゼンなど、いつもの顔ぶれです。本人のサイトからは、この時のレコディングセッションの様子を動画(YouTube)で見る事ができます。なかなか良いです。(レビュー
(2012/09/26)

MASAKO / Masako -2012-
 2月リリース予定でしたが、ジャケット、タイトル変更などあって3月リリースとなりました。ウィルの手掛けた日本人ピアニストMasakoさんの登場です!レビュー
(2012/09/07)

 マルチミュージシャンだけあって、アコギの腕もかなりなのに、あまりバリバリ弾くこともなくアンサンブルを大事にするギタリストの2nd。オープニングにいきなりドブロのような響きとは驚き!(レビュー
(2012/05/29)

RECONSTRUCTED / Isadar
 ピアノソロ。
(2012/06/05)

 久々にジャケットに惹かれました。ピアノソロ。
(2012/10/12)

 ウィルのスタジオで、かなり早い時期からソロ・アルバムをリリースしていいたデニスが久々に戻ってきました。それもまたずいぶん雰囲気が変わられて(笑)。曲目もオリジナルに加えてJohn Williams、 Michael Nymann, Chopin、Beethovenといった古今の作品を収めています。
(2012/10/30)



Imaginary Road 2010Imaginary Road 2011|Imaginary Road 2012|
 
 
もどる
 
(2017/12/27)