ギターコレクション(Guitar Sampler)
 ウィンダム・ヒルを紹介するときに大いに役立つのが、様々なテーマをもつオムニバスです。テーマを持たない楽器別のオムニバスも、大まかに言って存在しますが、これはそのうちのギター篇。タイトルも味も素っ気もない【GUITAR SAMPLER】です。


GUITAR SAMPLER(1985)
01. On The Way / David Cullen
02. Prelude From The Bridal Suite / Eric Tingstad
03. Sun And Water / Danny Heines
04. Night Crossing / John Doan
05. No City Lights / James Gordon
06. The Emperor's Choice / Chris Proctor
07. The Handing Down / Edward Gerhard
08. Blue Ridge / Bruce BecVar
09. The Silver Plume Waltz / Bill Mize
10. Andecy / Andrew York
11. Cheyenne / Peter Maunu
Produced by William Ackerman.

【PIANO SAMPLER】に対抗すべく(笑)編まれたアコースティックギター(エレアコ、ハープギター他)の作品集で、ここで紹介されたギタリストたちは、残念ながらウィンダム・ヒルからリーダー作をリリースしていません。また、日本では、レーベルのイメージを意識してくれたのか、独自のジャケットで発売されました。

レビュー





GUITAR SAMPLER II(2001)
01. A Momentary Change Of Heart / Alex De Grassi
02. Deep At Night / Alex De Grassi
03. Sunday On The Violet Sea / David Torn
04. Lion Of Boaz / David Torn
05. Ritual Dance / Michael Hedges
06. If I Need Someone / Michael Hedges
07. Selene / Michael Manring
08. Red Right Returning / Michael Manring
09. Sweet P / Tuck Andress
10. Betcha By Golly, Wow / Tuck Andress
Produced by William Ackerman.

 1stとの違いは、すでにレーベルからアルバムをリリースしているギタリストたちの曲が2曲づつ選曲されていることでしょうか。07を除き、既存の曲ばかりなので、あまり新鮮さがありません。




SOUNDS OF WOOD & STEEL(1998)
01. A Momentary Change Of Heart / Alex De Grassi
02. Deep At Night / Alex De Grassi
03. Sunday On The Violet Sea / David Torn
04. Lion Of Boaz / David Torn
05. Ritual Dance / Michael Hedges
06. If I Need Someone / Michael Hedges
07. Selene / Michael Manring
08. Red Right Returning / Michael Manring
09. Sweet P / Tuck Andress
10. Betcha By Golly, Wow / Tuck Andress
Produced by William Ackerman.

Taylorのアコースティックギターを愛奏するアーティストたちが名を連ねていますが、ここに参加しているアーティストは、必ずしもウィンダム・ヒルと関係のあるギタリストというわけではなく、レーベルが旗振り役となって編まれたアルバムです。注目はマイケル・ヘッジスのラストレコーディングとなった“Java Man”とアッカーマンの(もう何度目の再録?となる)“Processional”でしょうか。




SOUNDS OF WOOD & STEEL VOL.2(1999)
01. Year Down In New Orleans / Nanci Griffith
02. Wicker Baskets / Jars Of Clay
03. Something That We Do / Clint Black
04. The Wings Of The Morning / Doyle Dykes
05. Caroline, No / Elliot Easton
06. Ava's Eyes / Richie Sambora
07. The Island / Led Kaapana
08. Naima / Steve Lukather
09. Opportunity / T.J. Baden
10. Liz & Opie / Victor Wooten
11. Rusticity / Dan Crary
12. After The Goldrush / Bob Taylor
13. Taylor Willobee / Rodney Crowell

 前作に引き続きTaylorのアコースティックギターを愛奏するアーティストたちが呼び集められてレコーディングされました。個人的に興味をそそるのはBon JoviのRichie SamboraやTOTOのSteve Lukather、そして製作者であるBob Taylorが奏でるニール・ヤングの“After The Goldrush”らしい人、そのままの人。新しい発見ができるのが何とも嬉しい企画です。




TOUCH(2001)
01. Aerial Boundaries / Michael Hedges
02. Western / Alex De Grassi
03. The Impending Death Of The Virgin Spirit
03. / Will Ackerman
04. Larry's World / Russ Freeman
05. Who Lives Up There / Snuffy Walden
06. Pavane / Steve Erquiaga
07. Coming Home / Sean Harkness
08. On The Way / David Cullen
09. Shella's Pictures / Will Ackerman
10. Nothing's Too Good (For A Friend) / Doyle Dykes
11. Turning, Turning Back / Alex De Grassi
12. Rikki's Shuffle / Michael Hedges

 ウィンダム・ヒル発足25年を記念して編まれたギター作品のベスト盤。他にピアノだけを選曲した【WINDOWS】もあり、区切りごとにベストをリリースするレーベルらしいジャケットに目を奪われます。ただし、曲目に新曲など無いのが難点でしょうか。




FLAMENCO(2002)
01Three Notes To Say I Love You / Vincente Amigo
02. Jardin / Strunz & Farah
03. Night In Marrakesh / Adam Del Monte & Omar Faruk Tekbilek
04. Tiata Mia / Jose Antonio Rodriguez
05. Rastro Viejo / Nino Josele/Javier Limon
06. Imaginary Traveler / Brian Keane & Omar Faruk Tekbilek
07. A Mi Hermano / Sean Harkness
08. Soraima / Nino Josele & Javier Limon
09. Sombro Del Paraiso / Adam Del Monte & Omar Faruk Tekbilek
10. Corazones Diferentes / Sean Harkness

 ビルボードなどでラテン系のアーティストにスポットが当たるようになったからか、ウィンダム・ヒルからもスパニッシュ系のアルバムが制作されました。Sean Harknessやプロデューサーとしてレーベルに参加していたBrian Keaneの名前がなじみあるアーティストでしょうか(汗)。いかにもスパニッシュなフラメンコ!から、ウィンダム・ヒルらしいしっとりとした楽曲まで揃っているので、入門篇としては失敗しないかもしれません。良くも悪くもBGMには最適な一枚です。




SOUNDS OF WOOD & STEEL 3(2003)
01. Guitarland / Russ Freeman
02. I Will Take Care of You / Susanna Hoffs
03. Cajon Pass / Phil Keaggy
04. Ozymandias / Chris Proctor
05. Trio / C. Michael Spriggs
06. Sleep on It Tonight / T.J. Baden & Chris Pelonis
07. Butter Fingers / Bill Cooley, Kathy Mattea
08. Three Little Miracles / Doyle Dykes & Duane Eddy
09. Chinese Checkers / Doug Pettibone & Steve Poltz
10. Ain't Misbehavin' / Suzy Bogguss, Verlon Thompson
11. Night Winds / Randy Dorman & Ricky Harper
12. St. James Infirmary / Robben Ford
13. You Just Missed Me / Fred Mollin
14. Jesse's Song / Jars of Clay
15. Litho Blitho / Phil Keaggy
16. Cynthia's Place / Paul Rodgers
17. Bombay Doors / Billy Sheehan

 【SONGS WITHOUT WORDS】のギター版とでも思えるような、ロック系のアーティストたちが多数参加、というあたりが個人的に興味を引くところです。このシリーズはすでに3作目となりますが、今回もTaylorのアコースティックギターを愛奏するアーティストたちが名を連ねています。




HOLYDAY GUITAR COLLECTION(2006)
01. Angels We Have Heard On High / Steve Erquiaga
02. Winter Wonderland / Tuck Andress
03. The Holly And The Ivy / Alex De Grassi
04. Emmanuel / Will Ackerman
05. The Christmas Song / Steve Erquiaga
06. It Came Upon A Midnight Clear / Tuck Andress
07. Christmas Time Is Here / Sean Harkness
08. The First Noel / W.G. Snuffy Walden
09. God Rest You Merry, Gentlemen / Steve Erquiaga
10. Medley / Alex De Grassi
11. Carol Of The Bells / Steve Morse & Manuel Barruecco
12. Santa Claus Is Comin' To Town / Tuck Andress
13. Greensleeves / Steve Erquiaga
14. O Little Town Of Bethlehem / Tuck Andress
15. What Strangers are These / Will Ackerman & David Cullen





GUITAR OTHER STRINGED THINGS(2005)



もどるhome