12月13日(土)晴れ

 昨年に引き続き吉岡小学校での観望会です。今回は夏の観望会が中止になってしまったための延期分の観望会です。嬉しいことに、前回が非常に好評だったようで、嬉しい限りです。
志村先生からは「前回とは異なる季節の星空を見せてあげたい」ということでの夏の観望会だったのですが、今回も冬の観望会となってしまったのはやむを得ません。



 17時30分に用意していただいた視聴覚室で今宵の星空のお話をしたあとで校庭に出て、厳冬の星空のもと、実際の星々の輝きを楽しんでもらいました。残念ながら流れ星は見ることができませんでしたが、プレアデス、オリオン大星雲、アンドロメダ銀河、アルビレオ、ヴェガ、カペラなどを観望できました。

 

 
 観望会終了後、家に帰る直前、月が昇ってくる10分前に、その10分だけ近所の谷津田に車を止めて車の窓から顔だけ出して眺めていると、わずか10分の間にポロンが6個。
 


 

 

8月30日(土)曇り

  私が佐倉市民になったのは1999年のこと。それまでは四街道市での観望会は毎年行っていましたが、今回初めて佐倉市内で「サザンクロス」を開催することになりました。もっともサークルの活動としては2年前の金環日食の際に、志津公民館で「金環日食カウントダウン」、下志津小学校での金環日食観望会を行っているから、星空観望会では初めてのことになります。

  根郷中学校横の佐倉南図書館から許可をもらい、臨時駐車場に望遠鏡を設置して夜が来るのを待ちましたが、あいにくの曇天となってしまい、実質中止となりました。しかし、そのまま解散ももったいないので、時間ギリギリまで会場に待機していると、だんだん星空が現れ、西の空に沈み行く月、火星、土星が見え隠れしだしタイミングよく雲のない時に通りかかる施設利用者に声をかけて土星や月を観て楽しんでもら婿とが出来ました。  また、20時30分には一斉に駐車場の照明が落ちると満天(とはいかないものの)の星空が! ドーナツ星雲、M13、M22、M7、アルビレオ… 天の川の中にひとたびファインダーをむけると金砂銀砂の世界。 久しぶりに天体を探す楽しさを味わえた様な気がします。

 
 

 

8月23日(土)曇り「吉岡小学校天体観望会」

  今年の観望会の中止は同じ理由による連続中止が多買ったような感じです。2月の降雪。8月は台風の接近。今回は台風16号が接近しているために、残念ながら今回の予備日も中止となりました。楽しみにされていた方、またサザンクロスも楽しみにしていたので残念です。次回の観望会をお待ち下さい。

 

 

8月9日(土)曇り「吉岡小学校天体観望会」
昨年暮れに実施した吉岡小学校での観望会。残念ながら台風14号が接近しているために中止となりました。
 
 

 

5月10日(土)曇り

5/3の予備日として開催しました。先週よりは天候も安定していて、土星、火星、木星。そして南の空に高く月齢11の月が街灯に負けじと煌々と輝いていました。参加者からは「どうしてこんなに明るい場所で観望会をするのですか?」という声を聞きましたが、その理由として。「暗い夜空でなくても星空を楽しむことは出来る」「四街道でも星を楽しむことは出来る」ということを知ってもらいたかったからに他なりません。特に今日は惑星が3つ、月というアイドルが姿を見せて暮れているので、携帯のカメラでお土産として持ち帰ってもらうことも目的の一つでした。
 



5月3日(土)曇り
日中は晴れていたのに夕方から雲がもくもくと… 広報を見て、電話をくれて、たくさん集まって頂いたのに夜の帳が降りた頃には一面の雲。 それでも時々晴れ間が覗くと、4台の天体望遠鏡で月、木星、火星などを観望。見られない時は解説をしつつ時間は過ぎて行きました。時間ギリギリの20時30分頃になって土星が雲の窓から姿を現し、なんとか見ることは出来ましたが、なんかすっきりしないので来週、もう一度行う予定です。


2月15日(土)雪

サザンクロスの観望会は二回連続で降雪のため中止となりました。1996年からサザンクロスは市内で観望会を行っていますが、二回連続での「雪のため」の中止は初めて!

2月8日(土)雪
 関東地方の積雪は昭和41年からの観測史上最高の積雪を記録しました。私は昭和42年生まれの男なので、これだけの積雪は初めての体験、ということです(豪雪体験は他でいろいろ)。分厚い雪雲の上には冬の凍り付いた輝きの星々が瞬いているかと思うと残念でなりません。来週へ延期です。


 


サザンクロス過去の観望会だより(2013)