ジョン・ケージの音楽にたどり着いた時、とうとうここまで来たか(笑)… と感慨深く、そして「結構いけるじゃん」と意外な音響に心躍りました。これに関しては自分でも意外に思いました。

  そして、調べていくと「夜想曲」を書き、「偶然」という発想をきっかけに、南天星図、北天星図、全天星図と、まさに天球の音楽を完成していたのです。
 これまでの作曲家は、星空から受けたインスピレーションを音楽という道具を使って「天球の音楽」を表現していましたが、ケージの場合はまったく異なり、地上から見上げた星空(星図)の姿を譜面に書き写し「天球の音楽」を表現してくれたわけです。
夜想曲(Nocturne)
Gilbert Kalish & Paul Zukofsky

(1947作曲)
ヴァイオリンとピアノのための夜想曲。静かな音、静かな響き。ピアノはキラキラと瞬く星と言ってもおかしくないような音響。ヴァイオリンは無機質な宇宙、もしくはウルトラマン系の世界(笑)。

 

(1961/62作曲)
 86楽器のための作品集。星座の数に合わせて88の楽器だったら良かったのに…  ということで、黄道星座が記された星図に、任意の場所を決めて、そこに点々と印刷された星々に五線譜をあてて作曲(?)した作品。発想が素晴らしいと思いました。「これこそが天球の音楽か」って具合に。
  このアルバムは、全部で3枚なのですが、Disk1と2はケージも参加した演奏で「86の楽器」という名前をよそに、10名のアンサンブルで演奏されたもの。そして3枚目が最新の録音(といっても2001年)で、ようやく86の楽器で演奏された、いわば完全版となるでしょうか?

 とはいっても、ケージ自身の解説では、ソロでも小編成のアンサンブルでもオーケストラでも良いと書いています。

 そして星のソムリエとして気になってくるのがジャケットに使われている領域です。この領域が、この曲と関連があるのなら、黄道付近であることは間違いなく。そこから推測して、星図に記載されている星番とギリシア文字(α、β、γ…)の位置から読み取ると、へびつかい座(Oph)が浮上してきました。

「あらら、よりによってへびつかい座か…」というのが私の感想。ジャケットの「JOHN CAGE」の右上にある水色のは、へびつかい座α星であるラス・アルハゲです。つまりこのジャケットに使われている領域は、黄道からだいぶ北に位置する北緯10°あたり、経度は17h〜18hの天の赤道付近ということになります(この時間の黄道は南緯−20°あたりを通過します。

 

 私がこの曲に出会ったのは日比谷で行った星のソムリエでの講座「天界の音楽」のネタ集めの時。ピタゴラスの天球の音楽に始まって、現代にいたるまでの天文学史と音楽史を絡めた講座を行った時です。その時にご一緒したピアニストMikaさんには、自作を演奏していただきました。
 さて、この作品は全4巻32曲からなる「エチュード」で、作曲方法は1961年の『黄道星図』と同じく、今度は南天星図を使って作曲されました。グレート・サルタンの依頼だそう。

 ともかくこの響き「ああ、現代音楽だなぁ」と思わせます(笑)。

 ずっと昔、現代音楽を良くわからずに拒絶して「聴かず嫌い」でいた頃と違って、今では現代音楽へのプロセスも理解し、20世紀の宇宙論と対比するかのような無調の調べが、妙に合うと思えるようになりました。 無機質な物理の世界に行ってしまった現代宇宙論の本とか、そうした映像を見る時、無機質な空間になってしまった星空を眺める時、その背後に流れている音楽が、現代音楽の響きと思うようになったことで、私には現代音楽への道が開かれたようです。

 

 南天のエチュードの姉妹作品のような「北天のエチュード」は、ピアノもしくはチェロのソロ。またはピアノとチェロという組みあわせで、4つのパートに分かれています。残念ながら、現在レコーディングされているのは、このアルバムに収められた2つのパートのみ。
 作曲に使われた星図はチェコの天文学者Antonín Bečvářの『ATLAS OF THE HEAVEN(1950年分点)。

 さて、このジャケットに使われている星図はどこかといえば、これは簡単でした。ジャケットに大きく張られた丸いシール(John Cageとクレジットされている)がオリオン座。
 が、実はこのアルバムジャケット。なんと手の込んだことに、何種類か用意されているようです。私の所有するのはオリオン座とおうし座が対峙する辺りですが、ネット販売しているジャケットを見ると、使っている場所が異っていて、コレクター泣かせではないでしょうか(笑)。こうなってくると、他のアルバムも同じようなことしているのではないかと勘ぐってしまいます。(←先に紹介したアルバムは一緒)

 

南天のエチュード、北天のエチュードと続いたシリーズに、全天のエチュードが加わりました。作曲はポール・ズーコフスキーによる依頼で、2回に分けられて第1巻、第2巻が1977-80、第3巻、第4巻が1989-90。超絶技巧というのか、曲芸まがいの演奏の無伴奏ヴァイオリンソロ。

 
home